小説 仮面ライダーブレイドについて。


仮面ライダー剣の小説版。ようやく読み切りました・・・。(;0w0)
感想、ようやくまとめました(ネタバレ注意)。遅れたが私は謝らない遅れてすみませんでしたorz
あらすじ
 仮面ライダーとアンデッド達の戦いから300年後(つまり、2305年くらいか・・・)。人類は衰退し、残った人々は南極で「提督」に自由を奪われて生きるか、最下層のスラムで暮らすか、新天地を求めて「方舟」であてもなくさまようしかなかった。
 ハジメ(この小説では登場人物は全て名前がカタカナ読みになってます)は、介護施設で老人を看取った後、昔出会った睦月の友人・望美によく似た少女 と出会う。その後、睦月に似たサツキと呼ばれる少年と出会い、提督とレジスタンスの戦いに巻き込まれてゆく。
 南極で反乱を起こした者が送られる囚人島。そこでは、怪物と戦い恋人を失う謎の悪夢に悩まされる男、タチハラが島からの脱出を企てる。
 一方、「方舟」には「ケンザキ」と名乗る記憶を失った青年が拾われる。
 同時に、南極で、囚人島で、方舟で、謎の怪物達が出現する。何者かに導かれ、「仮面ライダー」に変身して戦う4人の戦士。 
 やがて、人々のいる場所は地球でないことが判明する。実は、バトルファイトを統括する存在、「統制者」によって人類は地球とは違う惑星に移動されていたのだ!!(な、なんだってーー!!)
 そして復活した4人のライダーは力を合わせて戦い、統制者を倒したのだった・・・。
 人類は地球へと戻り、橘さんの体みたくボドボドになってしまった地球復興に力を注ぐのだった。
そして、とある夜の海辺。そこでは、二人の青年が微笑みながら座っていた・・・。
・・・とまぁ、あらすじはこんな感じです。
正直に言うと、「仮面ライダー剣」の続編小説としては微妙でした・・・。
執筆は宮下隼一さんですが、全編中4話くらいしか担当されていないためか(ちなみに井上敏樹大先生は10話分くらいは書かれている)、あの番組の雰囲気は再現できてないと思います。何より、橘さんと睦月が出てない時点でどうなのかと。
椿さんも「剣本編での4人が揃ってこそ剣」だというくらいだし。
あと、宮下さんが若干「たそがれ」の内容を曲解してると思しき点。
れは天音なりに最後の別れとして言ったわけで。
もう自分を守るナイトでなくていいから、始の人生を歩んでくれという願いであって。
無言で手を握り合ったところからも、始を拒絶したわけではないということくらい、見れば分かるだろうに・・・・・・
あと、最後の戦いを除くと、殆ど必殺技の名称が出ないのも寂しかったですね。同じ小説版でも、555やWは必殺技の名称をしっかり出してくれたので。
他には統制者やアンデッドの設定も、思いっきり本編の設定を無視していて、見てて違和感がありましたね。
さて、ここまで悪い点ばかり話してきましたが、長所も話そうと思います。「仮面ライダー剣」という枠を外して見れば、ひとつのSF小説としてはかなり良かったと思います。
ディストピア的世界観は555劇場版「パラダイス・ロスト」を思い出すし、「仮面ライダー」というヒーローが現れることで世界が救われるという展開はヒーロー物らしくて良かった。
タチハラとサツキの設定は、少なくともディケイドのリイマジ剣よりは良かったと思います。だから、この作品は「リイマジ・仮面ライダー剣」として見るべきでしょう。
また、「剣」本編をキチンと見てない人も、割と入りやすいストーリーなのは、未見の方には優しいですね。
剣の基本設定さえ抑えておけば大丈夫な設定となっています。
細かいところだと、剣崎が子供に懐かれるところは良かったですね。本編であんまりそういうシーンが無かったんで新鮮でしたし、読んでて和みました。
最後に、「仮面ライダー剣」最終回で悲劇的な運命を選択した剣崎が放浪の末に死を望み、放浪の末に、彼が「救い」を得た点。
これに関しては賛否両論ですね。ここに関してはいろんな意見があると思います。そもそも本編の結末自体が賛否両論だったので、仕方ないですね。
個人的には、剣崎はどんな理不尽な運命や戦いを強いられても、必ず逃げずに人々のため戦い抜く男だと解釈してるので、救いを与える必要性はないと思うんですよね。
彼にとっては、始が人間として生き続けること、天音ちゃんが笑顔でいられること、仲間達や全ての人々が幸せに暮らせることこそが『救い』だと考えてます。
逆に、あの最終回に納得がいかないと思う人にとっては、良い結末といえるのかもしれませんね。
この点を考慮すると、この小説はMISSING ACEの結末が好きという人にオススメできるかもしれません。
とまぁ、ここまで書いてきましたが。
小説としてはしっかり面白い作品なので、「仮面ライダー剣」のファンも、そうでない方もぜひご覧ください!
あと、最後に一言。
今度は會川昇先生が小説書いてください!!
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=oviraptor1988-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4063148556&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中