ロボットと九官鳥と彫刻の森


ウィザードが一番つまらなかった件。
今週のキョウリュウジャー
あらすじ
ノッさんの親友、イブキさん中里さんが未来工学研究所のロボット博士となっていた。だが、彼はとにかく怒りっぽい性格になっていた。
ノッさんにも、折角商社マンになったにも関わらず、簡単に夢を捨てたと吐き捨てる始末。
そんな彼らを見つめるドゴルド。彼の前に現れ、交戦するウッチー。だが、ドゴルドはカンブリ魔の体では限界があると言い残し去っていくが・・・。
最近、優子さんがキョウリュウジャーの正体に感づいていたため、顔を知られていないウッチーがノッさんを手伝いながら研究室を警護することに。
中里さんは周囲の理解を得られない、ノッさんが商社マンの道を捨てたと怒る。その怒りにロボットが反応する。彼の怒りのエネルギーがロボットの暴走の源だった。全ては、ドゴルドの仕業だったのだ。
敵に苦戦するキョウリュウジャー一味。そこで、キングがアーケノロンの超重力を発動し、難を切り抜ける。ノッさんはノッソノッソと這い歩きながらイブキさん中里のもとへと向かう。ドゴルドはロボットと融合し、機械の身体を手に入れる。
自分の才能が証明できればいいと言う中里さんに、ノッさんの鉄拳が炸裂する。僕達は困ってる人達を助けるため、人助けのため夢を追いかけたんだろ、と説く。
「中里の夢を返せぇぇぇ!!」
熱い叫びに中里も心動かされ、ロボットの電源をシャットダウンする。
ゴーバスターズの連中「シャットダウン完了!」
ロクに動けなくなったドゴルドは、カンブリ魔の身体に寄生。
これらも、六人で難なく撃破する。巨大化したカンブリ魔も、キョウリュウジンとプテライデンオーアンキドンの連携で撃破したのだった。
敗北に焦り、怒り狂うドゴルド。空蝉丸くらい強い体が欲しいと嘆く。
戦いが終わり、ノッさんに人を助ける職業に上も下もないと、詫びる中里さん。お前に負けないような、優しく強いロボットを作ると約束するのだった・・・
感想
ノッさんカッコよすぎる・・・
なんかゴーバスで似たような話ありませんでしたっけ?(昔の友人が敵と内通していた回)
まぁ、中里さんの顛末といい、キョウリュウジャー連中の絆が感じられる部分といい、今回の話の方が完成度は高かったと感じます。
ゴーバスの方は、大して仲良くもなってないのに何故か「俺には仲間がいる」みたいなことを仰るリュウさんとか、結局エンターに設計図を渡した男がその後なんにも語られていない点とか、問題点が多すぎましたからね。
今回坂本監督回ではありませんでしたが、カメラワークが似てる気がするのは私の気のせいでしょうか。
木 下 さ ん と 共 演 で き な く て 残 念 で し た ね 、坂 本 監 督 ! !
相変わらず、EDのダンスは楽しそうで和む。
次回、ディノスクランダー(モチーフはディノスクス?)登場! そして、アイガロンへの怒りを燃やすイアン!!
今週のウィザード
あらすじ
容疑者と共に逃走する凛子ちゃんと瞬平。結果的には、絶望しやすいゲートを逃がしてくれて助かったが、彼らがどこに行ったか分からず、探し回る仁藤さん達。
おい、水晶玉と使い魔使えよ←晴人の魔力切れで使えなかったっぽい
犯人をめぐって対立する凛子ちゃんと瞬平。容疑者として指名手配されてるとテレビ&ラジオで放映され、壺が壊れ輪島さんがお茶を吹く面影堂。そんな彼を放っておけず、魔力が尽きかけてるにも関わらず立ち上がる晴人。仁藤さんは九官鳥のエサを持ってきてファントムをおびき寄せようと企むが、やって来たのはカラスだった。なぜか、この間だけギャグ漫画になってしまった。
一方、この人は悪い奴じゃないと悟る凛子ちゃん。追っ手から逃げ出し下水道の中を駆け巡る。しかし、水に流されいつもの川に。ぐしょ濡れ凛子ちゃんカワイソス(´・ω・`)。やたらメンドくさく絶望したと言いまくる根本さんに、とうとう凛子ちゃんはブチ切れ。甘えてんじゃねぇよと、説教する。何気に「ピンチをチャンスに変える」とか、仁藤さんの名台詞を引用していましたね。
凛子ちゃんは真犯人を探し出す。なんと、真犯人は九官鳥に化けたファントムだったのだ。ファルコマントとインフィニティスタイルで敵を撃破。
戦いが終わり、根本に詫びる凛子ちゃんと瞬平。しかし、根本はキュータがファントムだったことに絶望し罅割れて・・・
これで終わり。
はい、これで終わりです(大事なことなので2回言いました。)
感想
ど う し て こ う な っ た(特にラスト)
ど  う  し  て  こ  う  な  っ  た  !(特にラスト)

あまりに酷すぎる。石橋さん、アンタどうしたんだよ!! ゴーカイのダイレン回の熱い亮さんを書いた貴方は、どこ行っちまったんだ!!!
ぶっちゃけつまらんかった。ギャグ回にしても、井上敏樹大先生ほどの威力もないという・・・
最近の話は、面白い回が多かっただけに微妙でしたね・・・orz
ギャグもなんか滑りがち。絶望したー! をオチに使うなよな・・・
まぁ悪い点ばかりいうのも何なんで、とりあえずアクション面を褒めますか。
今回はガルーダとグリフォンが大活躍でしたね!
合体アクションとか、久しぶりビーストのカメレオンマントのアクションもなかなかでした。まぁ逃げられてましたが
ツッコミ所もいくつか。
水に濡れても壊れない(防水式の袋に入れてたのかな?)高性能な凛子ちゃんのUSB。
USBを突き出す瞬平が、\ジョーカー!/ っぽかった。WのBlu-Ray Boxのステマ?
次回、晴人の旧知の友が登場。晴人の過去が明らかになるか・・・?
今週のドキプリ
あらすじ
森の彫刻美術館に、王女様の手がかりを探しに行くプリキュア一行。真琴曰く、彫刻を見ながら悲しげな顔をしていたと言うが・・・。そこに「は~い♪」と現れるレジーナ(*某国の赤髪女スパイでない)今度こそ良い子になる、反省する、本当の友達になると言うが・・・。
ならば皆とも友達になろうと説くマナ。本当はマナと二人がいいが我慢すると素直に言うことを聞くレジーナ。
あまりに良い子すぎて腹も立たない(俺もそうだが)。どういうことなの・・・
そこに現れるアルビノジョーカージョー岡田。なにやら意味深なことを呟き、アイちゃんを預けて去って行くが・・・
その後、王女様にソックリな彫刻とロイヤルクリスタルを発見する。レジーナはロイヤルクリスタルを取り出すため、彫刻を破壊してしまう。
壊れた彫刻を片付けながら(四葉財閥の力を持ってすれば余裕じゃね?)、いつものようにマナといちゃつく六花ちゃんとありすと真琴。仲の良い4人を見て、私も皆と友達になりたいと言うレジーナ。彼女を、私たちは既に友達だと受け入れようとするプリキュア達。
だが、レジーナがロイヤルクリスタルを手にし、その形が変わった瞬間。彼女の目が急に赤くなる。いきなり凶悪化し、先ほどの彫刻の製作者のオッサンをジコチューに変え、ほかのロイヤルクリスタルを奪おうとする。
ジコチューは、芸術は破壊だと暴れまわり、ハート以外の3人を石像に変えてしまう。
今日のレジーナはどうしたのだと、説得するキュアハート。だが、彼女は聞く耳さえ持たない。
その最大のピンチに、例のお兄さんが現れて難を逃れる。しかも、カリスアローラブハートアローで三人を下に戻せるとアドバイスまでしてくれた。そのおかげでピンチを脱するプリキュア達。
現れた戦士は、トランプ王国の騎士で王女様の婚約者だったのだ!
その名は、ジョナサン・黒田勇樹クロダイク。
感想
あれ、どうしたんだ米村さん!! あんた悪いモノ食ったんじゃないか!! 
客観的に見れば今週のドキプリは細かい点でツッコミ所はあるものの(よつば財閥に彫刻修復を依頼しないありすとか)、割と普通でしたね。
というか、今週のウィザードがあまりに酷すぎて良く見える。
ジョー岡田は、ニーさんだったのか!! 申し訳ありません、このような格好で(^U^)
むぅ・・・。真琴達は疑問を持ちつつもマナがレジーナを受け入れようとし、結果騙されて六花達がひどい目に遭う回を予想していたのだが、別にそんなことなかったぜ!
レジーナは、純粋な良い子と邪悪な小娘の二重人格キャラに落ち着けたか。ここは上手い采配だと思う。
まぁ、(悪気はないとは言え)前者の人格が彫刻破壊した件をまったく反省してない点はどうかと思ったが。
ありすもちゃんとまこピーを心配してたのも良かったな。
次回は、トランプ王国の説明回になりそうだな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中