破壊神と飛行機の玩具とキューティマダム (アイちゃんについての問題点考察つき)


大ピンチ⇒晴人の苦悩⇒カオス
カオス理論でもこんな展開思いつかんぞ!!
・今週のキョウリュウジャー
あらすじ
これまでの人間の感情が足りないが、デーボス様を無理やり蘇らせるカオス様。
プレズオーと仲良く話すキングに対して、ガブティラがヤキモチ焼くぞとからかうノッさん。(伏線?)
一方、イアンは弥生ちゃんをナンパするがキングさんの圧倒的な資料に黙らざるを得なかった。
そんな弥生を見て、どこかアミィはご機嫌斜めである。
プレズオンにデーボスが嘗て滅ぼした星のデータをインストールすれば、最強のデーボスハンターになるという。ドクター・ウルシェードはあの調子なので弥生が頑張るしかない。お前を信じるぜ! というキングさんに弥生ちゃん大喜び。一方、不機嫌そうなアミィを見て、ウッチーはキングをお慕いしているのではないかと尋ねる。
一方、ドゴルドは復活したウィルスンを利用し、復活水をダムで培養しようと企む。そこに現れるキョウリュウジャー。ドゴルド達と交戦するが、その最中にアミィが何か考えている。が、とりあえず何も考えないことにしたそうな。イアンは「あぁ言うのをバカップルと言うんだな」と少し呆れつつも、優しく見守るのだった・・・。
インストールが完了したのに、プレズオンが目覚めない。全ては(イアンの靴に)くっついていたウィルスンの分身の仕業だった。弥生を襲い、プレズオン基地を破壊する。そして、現れる氷結城。全てはデーボス様復活のためだった。とりあえず、ウィルスンをディノスクランダーによって撃破したが、復元水だらけのダムに突っ込んだウィルスンが巨大化。早速キョウリュウジンウェスタンで立ち向かい氷結城を破壊しようとするが、破壊神デーボスが復活してしまう。
その姿は、巨大雑魚兵士に似た姿だった。暴れまわるデーボスはウィルスンさえ倒してしまう。そのおかげでウィルスンの分身が死んだが。
破壊神デーボスに怯えて動かなくなる獣電竜。ダイゴ曰く、あまりの邪気に彼等が怯えるのも無理はないという。そのためかカミツキ合体すら維持できず、ウェスタンが撃破される。その次はライデンキョウリュウジンで立ち向かうが、デーボスのあまりの強さに押されてしまう。
プレズオンを呼ぼうとするが、獣電池が跳ね返されてしまう。
弥生はブッ倒れたままである。果たして一体・・・?
次回、バクレツキョウリュウジン登場!
あ、アンキドンとブンパッキーは助けに来てくれます(予定)
感想
ちょ、歌って踊れる気分じゃねぇぇぇぇ!!!
キョウリュウジャーにしては、珍しくシリアスな展開ですね。EDでぶち壊しですが(いい意味で)
それにしても視聴者参加型EDは素晴らしい。企画側も見る側も応募側もみんなが楽しく見れますからね!
さてさて来週はラミレスと鉄斎も登場しての総力戦。獣電竜達も勢ぞろいして大騒ぎの神回か!!
期待の次回です!
今週のウィザード
・あらすじ
いつのものようにファントムを探す晴人。しかし、コヨミが笛木の娘であることが気にかかってしまう。そこに現れる赤い服のお客さん。晴人を見て誰だか思い出したようだが・・・。一方、ファントムをいつものように送り出したソラ達。思い悩む晴人を見て、飛び込みと勘違いして止める赤い服の人。
晴人は久々にいい笑顔を見せた。
彼は熊谷先生。なんと、晴人の嘗ての恩師だったのだ!!!
なんと、彼は退職してしまったのだ・・!一人息子を病で亡くし(話からすると晴人と出会った頃)、その形見の青い飛行機の玩具を盗まれてしまい、面影堂で見かけたと言う噂を聞いたが、既に売られてしまったとのこと。
その売主を探しに行こうとしていた矢先、コヨミとセイレーンが現れる。
早速ウィザードに変身して戦う。応援しているKARAちゃんかわいい。結構強くてフレイムドラゴンでも苦戦気味。先を急ぐので遊んでる暇はないとセイレーンは去って行く。
そこでまた倒れてしまうコヨミ。晴人が魔力注入して事なきを得るが、前にも増して魔力消費ペースが速まっているようだ。晴人は、熊谷先生と共に飛行機を探しに行く。
セイレーンは面影堂に向かい、輪島のおっちゃんを催眠術にかけて酒井保さんが飛行機を持ってったと聞き出してしまう。名前のモチーフ通りの能力餅だった。
一方、マジ天使な仁藤さんは、譲の両親に頭を下げに行こうとするが、凛子ちゃんに防がれる。ファントムを倒す以外何もできないと嘆く仁藤さんだが、そんな凛子ちゃんにその気持ちさえさればきっと譲を助けられると励ます。
父娘を見て、何を抱え込んでいるのかと問う熊谷先生。小学校の頃から変わらないなと話す先生。
先生は嘗て、「無理して一人で抱え込んでると、そのうち自分の大事なものが腐っちまうから吐き出せ!」と励ましていたのだ。
そこに現れる瞬平。酒井保さんの住所を聞き出したことを伝える。早速酒井さん宅に向かうと既にセイレーンが。飛行機を破壊しようとする。そこにグリフォンが現れ、無事飛行機を取り返す。仁藤さんも現れ、ダブル変身して立ち向かう。
そこに現れるブラックケルベロス。それを追えば笛木に会えると判断した晴人は、戦いの場から去って行く。ビーストは混乱しつつも、一応、久々のカメレオン6ダイスが発動し、何とか一人で撃退したが・・・。
一方、メデューサは、賢者の石は何か、グレムリンは何を企んでいるのかとワイズマンに問う。ワイズマン曰く、賢者の石は世界を支配する凄い力があり(意訳)、グレムリンはそれを欲しがっていると言う。勿論、ワイズマンは渡すつもりはないとのこと。私が信頼するのはメデューサだけと呟き、微笑むメデューサ。しかし、ソラは物陰からその話を聞いていて・・・
次回、コヨミのことで焦りだす晴人。
「ごめん、先生・・・」ちょ、何があったんだ・・・
映画はなんとウィザードビーストのWキックが見られるぞ!!
感想
相変わらずカメレオンマント使い勝手いいですね。必殺技が弱めなのが欠点ですけど。
フォーゼのスイッチもそうですが、指輪交換って結構隙ができてしまうから、連続スタイルチェンジがやりづらい、または難しいんですよね。
カメレオンでダメージを与えて距離を取りつつ、バッファに交換してセイバーストライクとかできないですかね・・・
その点、Wやオーズのメモリやスイッチは交換アクションがスムーズに進んで便利ですね。
さて、晴人はコヨミのことでかなり焦ってるみたいですね。ゲートやビーストさえ放置してコヨミを救う手がかりを探すのに必死です。この点、嘗ての真司君を髣髴とさせるものがあり、ちょっと辛いですね。
そしてメデューサのひたすらワイズマン大好きっ子ぶり。まぁ十中八九騙されているんでしょうが、何故か忠誠を誓い続けるメデューサ。ミサちゃんかわいいよミサちゃん。
次回、メイジと激突しますが果たしてどうなる!?
今週のドキプリ
・あらすじ
ようやく「このあとすぐ!」のアニメーションが変わったか・・・
おせぇよホセ。
いきなり現れるヒコウキジコチュー。ぶっちゃけクジラみたいだが。ホエールアンデッド?
ちょっと待て、このシーン辺りの横顔の作画ひどいぞ!! 
いつものようにロゼッタリフレクションするが、いつものように破られてしまう。そこに助けに現れるエース。
ロゼッタはリフレクションが敗れたことに頭を下げるが、エースはあんたは自分で気づく子だから特にいうことはないと一言。
ありすは、ソードやハートのように自分を高めなければと。特殊ロボットで特訓を重ねる。そんな彼女をナズェミテルンディス! 見守るセバスチャン。人工コミューンとかいつの間にか作っており、なんとキュアセバスチャンに変身してしまう。鬼にも悪魔にもなる覚悟と言うが・・・!
これはドン引きだわ・・・!「プリキュア、ラブリンク!」とか言っちゃってるし・・・ある日、マーモさんと洗馬のカバンが入れ替わってしまい、マーモさんが偶然変身してしまう。変身バンク付きで。
器の小さい試食ジコチューが現れ、プリキュアが立ち向かう。
漲る美しさ。キュ、ーティマダム!! 
六花ちゃん「どう見てもマーモでしょ」
お前悪いもの食ったんかと心配するグーラさんはマジ優しい。
その隙にフォーカードで倒すプリキュア一行。
キューティマダムは、あちこちで現れては自作自演の人助けをしているそうな。新聞にまで乗り、女性ファンまで現れる始末。ちゅーか、何やってんだ貴方・・・
セバは何とか取り返そうとするが、失敗してしまう。そんな彼を励ますありす。今度は私があなたを守る番だと言う。
そして、ヒーローショーにも現れるキューティマダム。子供たちを泣かせるが、キュアロゼッタが立ち向かう。セバスチャンへの愛に気付き、パワーアップする。
そこに現れるゴセイブラック亜久里。名前を書くのもおぞましいきゅぴらっぱーがどこからか出てきて、キュアエースに変身。エースショットで拘束するが、反撃の赤い光線を放たれてしまう。そこに立ちはだかるキュアロゼッタ。ロゼッタリフレクションがパワーアップし、聖なるバリア・ミラーフォースになりました。見事赤い光線を撥ね返し、キューティマダムを撃破するのだった。
人工コミューンなど必要なかったと言うセバスチャンに、これからも末永く宜しくお願いしますとありす。
次回は俺の嫁六花ちゃん回ですね!って、イーラが家に来る・・・、だと?
しかも雨の中の戦い。期待せずにはおれまいっっ!! 脚本米村だけど。米村だけど・・・
さて、次回はどうやって観覧すべきか・・・。
感想
カオス回過ぎる・・・
ちゅーか久々のありす回なのにどうしてこうなった・・・orz
まぁありすとセバスチャンの絆に焦点を当てた回って解釈でいいのかな?
いずれにせよ、ランスちゃんが可愛いからいいけど・・・。しかし、そのランスちゃんがさっぱり話に絡んでないのですが・・・。
最後のありすとセバスチャンはどう見ても夫婦です、ほんとうにありがとうございました。
ところで、今回殆どマナもまこピーも六花ちゃんも、揃って出番が殆どなかった件。多分合計しても、5分も出番ないです。今回ラブリーフォースアロー撃つぐらいしか出番無かったのでは・・・
ただ、逆に言うとありすがプリキュアでも浮いてることを露呈してしまった回とも言えます。話の筋は悪くないし、実際割と面白くはあったんですよ。
しかし、ありすとセバだけで今回の話が完結してしまい、ほかの連中の入る隙がまるでありませんでした。これはちょっとどうなのよとは思いますね。
ところで、OPと本編の内容が噛み合ってない件。レジーナもエースも出てないとかどういうことなの・・・


あと、どーでもいいですが、アイちゃんはキモい。

aichan.jpg
このきゅぴらっぱーの何が問題かというと、次の点に集約されます。せっかくなので図解して解説しましょう。
A.ハートが身体につきすぎ。
髪の毛の形までハート型はやりすぎですし、何より赤ん坊には似合った髪形じゃない。装飾過剰すぎてけばいおばさんみたい。
B.目が人形みたいで気持ち悪い。まぶたがない上に、妖精特有の目をしているので、人間らしさが感じられない。
C.腕が妙に筋肉質で赤ん坊らしくない。赤ん坊ならもっとか弱い感じに表現すべき。
D.きゅぴらっぱーという鳴き声のせいで赤ん坊に見えない。って言うか可愛くない。もうちょっと赤ちゃんらしい可愛い声あげてみろっての。「だぁだぁ」とか「ばぶばぶ」とか。
E.話の中で困ったことがあると、「きゅぴらっぱー」して強引に解決する件。
「そのときふしぎなことが起こった」は、RXさんの特権やっちゅーねん。
一回だけならともかく、
・プリキュアがピンチ⇒新武器製造
・皇女様関連のアイテムに触れる⇒ラビーズ製造
・ボウリングで相手が卑怯な手ばっかり使って困っちゃう!⇒ボール分身
・トランプ王国に行く手段が無い!!⇒ゲート開放
・マナを励ますのに何故か母親を洗脳(別に魔法でマナの所にワープしたとかでいいじゃん)
流石にこんなにやられてばっかだと、ちょっとどうかと思う。話のテンポを良くする為に使ってるのかもしれないが、せめて反則ボウリングの対策くらいは自分らの力で何とかしろよ・・・。(スマプリは余裕でやってた)
・・・この赤ん坊のデザインをしたのはダレだ!!(海原さん風)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中