蛇と涙と2週遅れ


関西、ようやくウィザード放送。長かったな・・・
・今週のウィザード
あらすじ
コヨミが笛木に攫われ、晴人は上の空。仁藤さんは激怒するが、晴人はコヨミの父親だからとりあえず心配ないと言う。
ほっといていいのか! と噛み付く仁藤さんに、これでいいんだと(自分に言い聞かせるように)言う晴人。輪島のおっちゃんも、涙目でこの方がいいのかもしれない、と言ってしまう。
一方、笛木に連れ去られたコヨミは、特殊な空間に隔離される。ハルトを案じるコヨミに、笛木は「お前は、私の希望だ・・・」と言い残し、去って行く。
なでなでされて喜ぶミサちゃんかわいい
メデューサことミサちゃんは、ワイズマンに頭を撫でられ、改めて彼のため戦うことを決意。写真から、ゲートの妻が希望だと気付いた彼女は・・・
トドロキ山本さんに留まるよう説くが、彼は父親として家族を守ると、頑として受け付けない。しかたなく、仁藤さんは一緒に連れてくことを決意する。同時に、晴人と真由ちゃんはいなくなったトドロキさんの嫁さんを探しに出かける。だが、山本宅にはいなかった。
冷静にゲートのため行動する晴人は強い人だと言う真由。晴人は、ここで取り乱せばコヨミが悲しむからこそ、動揺していても皆の希望であり続けようと言う。
mayunaki.jpg
真由ちゃんはそんな晴人を見て、罪悪感で泣き出してしまう。実は、インフィニティリングを奪いに来たのだと告白する。晴人は気にせずに、笛木を信じる意味合いも込めてインフィニティリングを真由に託す。
一方、酸っぱいモノを食べにでかけていただけだった嫁さん。彼女をファントム達が狙う。ビーストがファントムと戦う隙にメデューサが黒い元気玉をぶん投げて嫁さんを殺害・・・。
トドロキ山本さんは絶望してしまう。
ランド久々の大活躍
が、ウィザードがランドスタイルで登場。ディフェンドの活躍で、嫁さんは無事でした!
その甲斐もあってか、トドロキは絶望から復活。
「家族は俺が守るんじゃー!! 」との叫びとともに、立ち上がるのだった!!
真由ちゃんは、入手したインフィニティリングを白い魔法使いに渡し、ホーリーリングと交換する。
その後、メデューサのもとにテレポートで現れる真由ちゃん。メイジに変身し、メデューサと戦う。その時ランドスタイルによって発動された、グラヴィティの効果でウィザード共々地下へと落ちる。
メイジVSメデューサ1対1の対決。ほぼ互角の力で、延々と戦い続ける。
一方、ファントムとビーストウィザードの対決。こちらはハイパーとランドドラゴンで余裕でした。変身中に攻撃はイカンでしょ!!>ファントム
両親や姉を思い、ホーリーリングを発動!! 
horry!.jpg
ドラゴンボールみたいなビーム対決の末、大ダメージを与えることに成功するが、それでもメデューサは倒せず。
メデューサはなんとか黒元気玉を放とうとするが、その胸に一撃が。
その一撃はワイズマンによって放たれたものだった。
なんと、ワイズマンは笛木だった!!
ワイズマンに縋り付くメデューサ。しかし、笛木は冷酷に白魔に変身し、メデューサを吹き飛ばす。
korehahidoi.jpg
メデューサは泣きながら灰となって消滅した。
次回、久々の譲くん登場!!
感想
晴人から余裕がなくなりつつあって辛い・・・
それでもなんとか冷静に行動し、真由ちゃんにも優しく接する辺り、晴人はイケメンだと思います。
真由ちゃんも真由ちゃんで、復讐鬼になろうとしながらも晴人の姿を見て、卑怯な自分を恥じて泣いてしまう・・・。
基本真由ちゃんは良い子なんですよね。復讐したい割には、かなり人の話を聞いて、常識的に行動してますし。逆に言うと、復讐キャラとしてはちょっと中途半端ともいえるんですけど。
↑だが、それがいい。
正直、照井竜くらい人の話を聞かないキャラでもよかったかなぁとは思います。
仁藤さんは、割と変わらないのが救いですね。いつもブレないのが彼の魅力ですね。
さて、ひとまずメデューサへの復讐には一段落着いた真由ちゃん。彼女の今後の動向が気になります。
復讐という糧を失った彼女は、今後どのように生きてゆくのでしょうか?
おっと、忘れちゃいけない!ランドスタイル、久々の大活躍でしたね!!ホント、久々に活躍しましたね!!
以下、メデューサ追悼の一文です。2週間遅れてしまいましたが許してください。
メデューサは、悪役としては非常によくできた人物だったと思います。
妖艶な人間体(中の人がまだ10代なのが凄い!)、真由ちゃんの両親殺害や卑劣な手段で絶望させるなど、悪役としての恐ろしさも強さも兼ね備えていました。
そして、ワイズマンへの一方的な忠誠心も魅力的でした。明らかにワイズマンにいいように利用されているのに気付かない、哀れな女の面もありましたね。ヒモ女とも一部で言われていましたが
himoonnnawodamasu.jpg
himo.jpg
フェニックスやグレムリンに苦労させられる、中間管理職としての一面もありましたね。
それでも、去年の橘さん校長のような変なネタキャラに走らず、最後まで魅力的名悪役として頑張ったのは、ウィザードスタッフ全ての努力の結果だと思います。
中山絵梨奈さんは、難しい役をよくここまで演じてくださいました。このまま最終回まで突っ切っていただければと思います。
メデューサことミサちゃん、大変お疲れ様でした。
追記(こっからはネタバレ注意!!)
aikawa.jpg
なん・・・だと・・・?
會川昇さんが脚本だと・・・!?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中