仮面ライダーウィザード総括


ウィザード51話、とりあえず一旦一息つきましたので、総括させていただきます。
仮面ライダーウィザードをオススメできる人
・とにかくライダーのカッコいいアクションが見たい人
・龍騎555キバの、暗いドロドロしたストーリーが嫌いな人
・勧善懲悪の正統派ストーリーが見たい人
・平成ライダー1期に馴染めない人
・昭和ライダーの作風が大好きな人
・平成ライダーシリーズを一本も見たことがない人(言い換えれば初心者向け)
・分かりやすい作品が見たい人
・平成ライダーのデザインで昭和ライダー風の作品が見たい人
仮面ライダーウィザードをオススメしない人
・正義(笑)とか考えている中二病ぎみの人
・正統派ヒーロー物が嫌いな人
・極めて完成度の高いストーリーが見たい人
・ウィザードラゴンとビーストキマイラの活躍が見たい人
・ドラマ面を重視した作品が見たい人
・クウガ~ディケイドの、所謂平成ライダー1期こそ至高! と思う人
・W~ウィザードの、所謂平成ライダー2期が嫌いな人
良かった点
・晴人と仁藤さんのキャラ設定
いずれも、ヒーローらしい、弱者を助け、ファントムを倒す『最後の希望』でした。
それでいて、二人の人間らしいドラマが良かったです。
晴人は「最後の希望」となるため必死で奮闘する好青年でした。コヨミのことで時々迷走することもありましたが、基本的にはまっとうなヒーローで好感が持てました。
仁藤さんは、自分のためと言いながら、終始他人のため戦い動き回る、マジ天使な2号ライダーでした。
個人的には橘さんに並ぶレベルの好感度です!!
・ファントム幹部のキャラ設定
幹部にせよ雑魚ファントムにせよ、いずれも同情の余地のない、救いようのない悪役だったことが良かったです。お陰で、ファントムを倒すライダーの大義がより強くなったのもヒーロー物としてはシッカリしていたかと。
ゲートの少年の両親を容赦なく殺害しようとしたフェニックス、卑劣な手段で真由ちゃんを絶望させたメデューサ
、人の心を持ちながら邪悪そのもののグレムリン。
そして、娘のためと言いながら多くの人々の命を奪ってきた、白い魔法使い。
過去のライダーの適役のように、無意味なネタキャラを付加しなかったのも好感度高いです。
彼等がこのような悪役だったからこそ、ウィザードのヒロイックな面も魅力的になった一面があると思います。兎角、悪役達はすこぶる魅力的でした。
・戦闘アクション
とりわけ剣を使ったアクションが格好良く、ウィザードは「剣アクション」を見るための作品といっても過言ではない。
とにかく、ライダーの動きがとても良かった。
・仮面ライダーメイジをそれなりに活躍させた点
ある意味メイジって不思議な仮面ライダーですよね。
敵のボスキャラに率いられるライダーとしてはショッカーライダーっぽく、復讐者として戦う仮面ライダーとしてはV3っぽかったですね。
・真由ちゃんの大活躍
MAYU4.png
まさかまさかの大活躍でしたね。思ってみれば、最初は只のゲストキャラ程度で終わると思っていたのに、まさか魔法使いになる資格を得て、そして仮面ライダーになるとは・・・!!
驚きでしたよ。できれば、もっと活躍してほしかったのが正直な感想ですが。
とは言え、ただの復讐者だった真由ちゃんが、凛子ちゃんや晴人とのかかわりを通し、真の意味での「仮面ライダー」になったのは、素敵な作風でした。
・あくまで「人の希望を守る」というテーマを貫いた
これが一番の褒めどころかもしれませんね。
ウィザードは、兎に角全ての回で「人の希望や心」を守ることを大切にしてきました。
だからコヨミの願いを汲んで彼女を眠らせたままにしたし、晴人の先生を囮にしようとした晴人たちに瞬平は怒った。
女優志望の子を悲しませないよう、彼女に真実を告げないままファントム(さとっち)を倒した。
人の想いを大事にする。これを貫いたことは、ウィザードの誇るべき長所でしょう。
悪かった点
・瞬平は、あんまりいらなかった
啓太郎のように重要な役割があるわけでもなし、虎太郎のように主人公を支えるわけでもなしと、正直存在意義が分からなかったです。
精神的支柱の役割が凛子ちゃんや輪島さんに割り振られていたのも瞬平不要論を加速させていた一環かと思われます。
・戦闘BGMの使い方が下手
コレは、恐らく最大の問題点だったと思います。
今回のライダーガールズの歌は、「Just the beginnig」や「BEAST BITE」などの盛り上がる良曲が多かったのですが、そういった曲はあまり戦闘で使われていませんでした。
「BEAST BITE」も、ビーストらしい曲なのに、最後の戦闘シーンで流れませんでしたし。
せっかく良い戦闘シーンばっかりなのに、盛り上げに欠けてしまうのがネックでしたね。
フレイムドラゴン回とかは普通に燃えたんですけどね。
・不必要なギャグ描写
子供が飽きないよう怖がらないよう入れる必要性はあったのかもしれませんが、それでもテンポを崩してはいけないと思います。
・キマイラとドラゴンの出番が少ない
アンダーワールドでしか基本活躍させられないという設定上の縛りがあったので仕方ない部分はあるのですが、販促番組としても、視聴者の楽しみとしても、盛り上がる巨大戦がもっと欲しかった。
・ビーストが弱い
2話構成の都合上仕方ないのですが、ビーストがかませになる展開が多めだったと思います。
あと、強い能力の指輪、とりわけ透明化とトリッキーな舌鞭攻撃ができるカメレオマントをあまり使わなかったのも不満です。見た目的にカッコ悪かったからかもしれませんが・・・
それにしたって、ファルコとバッファが多すぎたなと思います。
当初はダブルみたいな、様々なマントチェンジによる能力活用バトルが見れるかと思ったので、ここはガッカリしました。
総括
全体的に平坦な印象。
良くも悪くも盛り上がりに欠けた面は多かったと思います。
確かにヒーロー物としては基本安定してましたが、一年ものドラマとしてはちょっとキツい所もあったかなと思います。
全体的な一年通したこの作品の軸は、「希望」と「コヨミの謎と運命」でしょう。
確かに前者は、随所至るところでそのテーマを生かしていたとは思います。しかし、後者のコヨミは、彼女が時々話の脇に追いやられることも少なくなく、それが後者のテーマを薄くしがちな原因になったかと考えられます。さらに、コヨミに対する(終盤のヒーローらしからぬ)晴人の執着と焦りがわかりにくいと、批判される原因にもつながったのでしょう。
ただし、よくよく見れば晴人がコヨミに支えられつつ彼女を支え、二人がお互いを大事に思い合う関係は充分理解できるものですが。それでも、確かに分かりにくい部分があったことは事実でした。
とはいえ、晴人も仁藤さんも、基本的には真っ当なヒーローだったのは個人的には大変好感でした。昨年は高校生ライダーでしたが、ヒーロー物のキャラとしては疑問を持たざるを得ない行動を取ってしまってたので、その分今年は安定して見させていただきました。ただ、逆に言えば、その分ドラマ的盛り上がりが不足しがちでもありました。
なんだかんだで、ヒーローがヒーローらしく行動してる、この「普通のヒーローらしさ」が、ウィザードの長所でもあり短所でもあったかと思います。
魔法ライダーとしての見せ方は、個人的には十分なレベルだったと考えています。腕を大きくしたり、服をドレスアップしたり、筋肉もりもりマッチョマンの変態になったり、テレポートしたり、様々な魔法を使っていました。
一部は、SFっぽい能力もありましたが、極端なことを言えばSFもある種の魔法みたいなものですからね。似通っちゃうのは仕方ないと思います。ただ、欲を言えばサンタさん登場回みたいな、心温まるファンタジックな回が、もっと多くても良かったと思います。
総評すると、決して凡作とは思えない出来と考えています。佳作とするのが妥当かと解釈しています。ネット上を観ると、現在はあまり評価が高いような状態ではないようですが、ウィザードもいずれ剣のように再評価される日が来ると期待しています。
・・・さて、次週は會川昇先生の久々のご登場だ!!
全員、全裸待機してお待ちするように!!!(え

薔薇社長的なウィザードの評価
・アクション:文句なく上の上ですね。
・ストーリー:中の中ですね。全体的に平坦な印象が強いです。
・キャラ:(晴人と仁藤さんは)上の上ですね。他は中の下ですが。
・デザイン:上の下ですね。ライダーはともかく、ドラゴンは少々もっさり感がありました。
総合点:中の上といったところでしょうか・・・
ベスト5
1.第9話(フレイムドラゴン回)
2.第25話(仁藤さんのおばあちゃん回)
3.第49話(キマイラ封印解放回。最後の最後でキマイラが大活躍しました!!)
4.第35話(ソラがマジキチだった回)
5.第16話(サンタさん登場回)
ワースト5
1.根本さんのお話。ギャグが寒い、オチが酷い、何よりつまらないの三重苦!!!
2.20話(晴人がムキムキになった、うっさい奥さんの話。あとビーストがかませだったのが不満)
3.39話(サッカー少年晴人の回。途中まではちゃんと良かったのに、笛木がオチを台無しに・・・)
4.第13話(和菓子回。瞬平の成長描写が微妙・・・)
5.特に思いつくものはなし。
その他オススメ回
第45話(晴人の恩師登場回)
第41話(真由ちゃん初変身回。仁藤さんの優しさ、真由ちゃんメイジカッコかわいい)、
第48話(メデューサ死亡回。ミサちゃんが悲痛で見てられなかった・・・)
第31話(インフィニティ初登場回)
第23話(フェニックス撃破回、オールドラゴン大活躍!)
第16話(ビースト初変身回。能力多用が良かった)
第33話(仁藤さんの旧友登場回 仁藤さんマジ天使)
第7話(愛理さん登場回)
総括は以上です。申し訳ありません、このような長文で(^U^)

仮面ライダーウィザード総括」への10件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 78109d50d99f22d6b39300ed33b9faae
    ウィザードの視聴お疲れ様でした。
    感想の方はお互いにブログで書いていると思うで改まって書く事はありませんが、ラストは無難と言うか綺麗に纏めましたね。
    >・戦闘アクション
    >とりわけ剣を使ったアクションが格好良く、ウィザードは「剣アクション」を見るための作品といっても過言ではない。
    >とにかく、ライダーの動きがとても良かった。
    くるくる回転は毎回やる訳ではありませんでしたが、いざ出て来た時はとてもカッコよかったですね。
    アクションのレベルは高く1年を通してもとても満足のいくものでした。
    >・ビーストが弱い
    >2話構成の都合上仕方ないのですが、ビーストがかませになる展開が多めだったと思います。
    仁藤は良い奴ではありましたがビーストとしては弱すぎましたね。
    ベルゼバブ(敵版コネクト)の時点で酷いやられっぷりでしたし。
    >総括
    >全体的に平坦な印象。
    一言で言ってしまうとこれですよね。
    盛り上がる話もあるにはありましたが、年間通してだと平坦でこれまでの平成2期ライダーと同じでした。
    来週からのウィザード特別編と鎧武は楽しみにしています。

    いいね

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    飛翔様
    こちらでははじめましてです。
    コメントありがとうございます!
    >くるくる回転は毎回やる訳ではありませんでしたが、いざ出て来た時はとてもカッコよかったですね。
    クルクル回転は私もお気に入りです。長めのコート買って真似するくらい好きです(笑)
    >仁藤は良い奴ではありましたがビーストとしては弱すぎましたね。
    橘さんや後藤さん、矢車さんに名護さんも、最強レベルの敵を倒したり、敵幹部を倒したりと、ドラマでの活躍も戦闘での見せ場もそれぞれ両立できていただけに、非常にこの点だけは残念でなりません。
    仁藤さんのキャラ自体は2号ライダーの中でもベスト3に入るほど好きなので、なおさらでしたね。
    >ウィザード特別編と鎧武は楽しみにしています。
    鎧武は虚淵氏よりも武部Pのほうがちょっと心配ですね・・・。
    オーズはともかく、キバのメインP、しかも井上敏樹への大量メールのことを考えると、ちょっと不安が・・・。

    いいね

  3. 平成2期組(と言っても1期はディケイドしかまともに見ていない)の中ではとにかく優等生でしたね。
    まさしく、希望になってくれたと思います。
    キックにこだわったアクションもカッコよかったですね。
    音楽に関しても「Life is SHOW TIME」、「Just the beginnig」と平成2期でも名曲揃いだと思っています。
    ファントムサイドも倒されるべき悪役らしくて良かったですね。
    唯一、欠点として挙げられるのは38話の女マネージャーですね。
    あそこまで晴人を憎んでいるのならばMOVIE大戦でファントム化してほしかったですね。
    むしろ、オーガの正体があいつだったら唐突感はなかった気がしますね。
    晴人を倒すためだけにファントムになったオーガに1度は絶望しそうになる晴人だけど、周りにいた人達の思いでオーガを倒すという方が良かったですね。
    ちょっと、話が重くなりそうですが。

    いいね

    • 確かに地味だの盛り上がりに欠けるだの言われていますが、真っ当なヒーローものだった点は素直に評価すべき点だと思います。

      戦闘BGMもカッコよかったですよね。ただし、中澤監督がやたらと雰囲気ばっか優先して盛り上げを疎かにされていたため、肝心の盛り上げ場面でほとんど使われなかったのが非常に残念です。

      マネージャーは和解シーンが必要だと思ってたので、私もアレは残念でしたね。もっともファントム化まではする必要はないかと思われますが。

      いいね

      • 正統派だからこそW共々平成2期組の中では輝いているような気がします。
        ヒーローキラーと駄作に挟まれているのですから。
        私はMOVIE大戦でオーガが唐突過ぎたような気がしたので伏線として晴人を憎んでいる人間とグレムリンの存在を使って欲しかったですね。

        いいね

      • 確かに正統派であることがウィザードの最大の強みでしょうね。

        仰る通り、確かにオーガはちょっと唐突すぎでしたよね。

        いいね

  4. ウィザードは管理人様とほぼ同じ意見なのですが一つだけ、

    真由ちゃんライダーのデザインが量産型だったのが少し残念でした。
    初登場のときにクルって回る変身の仕方がかわいくておおって期待したら…(´△`)

    仁藤はイイ奴ですよね!あんなお兄ちゃんが欲しいです(笑)

    いいね

    • 確かに、真由ちゃんのデザインは独自のものにしてほしかったですよね。
      とは言え、個人的には「あの中に真由ちゃんがいて必死に闘ってる」と思うと萌えるので、アレはアレでアリとしていますwよくよく見ると、ミニスカ可愛くないですか?

      仁藤は、平成全体でも二番目に好きな2号ライダーですね。勿論マイベストは橘さんですが・・・

      いいね

      • たしかによく見たらミニスカですね白魔さんの趣味でしょうか…なんて
        真由ちゃんは脇役なんですけどかなりお気に入りであります
        後、ウィザードはコヨミちゃんと凛子ちゃんの絡みが好きでしたね。瞬平ももう少し活躍して欲しかった…!

        いいね

      • 白魔さん「私の趣味だ(キリッ」

        真由ちゃんは、いつかSICかなんかで活躍してくれないかなぁと願っていますw

        コヨ凛の絡みが見たければ、小説版をオススメいたします。
        晴人とコヨミの関係性がお好きならば逆におすすめはしませんが・・・

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中