サンタと森とエターナルゴールデンクラウン


今週のキョウリュウジャー
ブレイブ42 ワンダホー! せいぎのクリスマス
あらすじ

前回、ダイゴの窮地を救った彼の父・ダンテツ。
彼は、なんとトリンの友であり、彼にキングと呼ばれていた。
とりあえずウッチーにその場を任せて撤退する二人。
たった一人戦うウッチーを襲撃する四人の幹部。だが、キャンデリラとラッキューロはやる気がなかった。
年末はやるきでないっすよね~♪
一方、世界に散った仲間達はクローンデーボスに大いに苦戦するが、トバスピノ、ブンパッキー、アンキドン達の援軍により、助かる。
宇宙じゃなかった、援軍キタ━(゚∀゚)━!
ブンパッキーさん乙
プレズオーは、プレズオーブンパッキーに合体し、キョウリュウジンは、キョウリュウジンマッチョに合体。
プテライデンオーは、トバスピノに強制カミツキ合体され、トバスピノウェスタンに合体。
もうv 強引なんだから・・・v
見事、クローンデーボス達を撃破するのだった!
*なお、ギガントブラキオーは単体で撃破しました。
その後、ウッチーの所に駆けつけるノッさん達。
ドゴルドはダンテツの体に目を付け、彼に取り付こうとするが、あえなく跳ね返されてしまう。
ダンテツは、ある日地球のメロディーを聞き取れる人間となり、その能力を買ったトリンと知り合い、彼にキングと呼ばれるようになったのだ!その後、地球のメロディーからデーボスの動きを探るため、旅をしてきたという。
そして、息子がキングと呼ばれるほど成長したことを喜ぶダンテツ。彼に励まされ、子供たちのクリスマスを取り戻すために、キョウリュウレッドカーニバルで戦いに出るダイゴ。
その後、ダンテツは最後の大仕事に出る。果たしてそれは・・・?
再び、10人で名乗りを行なうキョウリュウジャー。10人でビクトリーマキシマムフィニッシュを放ち、ドゴルドをフルボッコに。
10対4って卑怯じゃね?
大怪我を負うドゴルド。だが、彼の体が吹き飛び、その中から・・・
なんと、エンドルフが現れた!! 怒りの鎧は、何もかも全て内側からエンドルフに踊らされていただけだったのだ!!
とりあえず仲間割れしかけた二人をラッキューロとキャンデリラが諌め、その場は収まる。
その後、いつものように、いや復原水なしで巨大化したのだ!
ギガントキョウリュウジン、プテライデンオーアンキドン、プレズオーブンパッキーの三体で撃破。
戦いが終わった後、キョウリュウジャー達はサンタコスをして、獣電竜達と共に子供達にプレゼントを配るのだった・・・!
キョウリュウさんたレッド  坂本監督「なぜだ! なぜアミィと弥生のミニスカサンタを見せねェェェェ!?」
次回、ダイナピンクが登場!!
ダイナピンクさぁぁっぁん!!!
感想
心温まるラストがステキです。カーレンのクリスマス回といい、去年のウィザードといい、クリスマスにこういうお話をやっていただけると大変心が癒されます。
ただ、せっかくだから、去年の凛子ちゃんみたく、もっとサンタコスを見せていただきたいものでした。
特にアミィと弥生ちゃん。
あ、ノッさんも似合いますよね、かなり。
ヒゲ面ですし。
今週の鎧武
第11話「クリスマスゲームの真実」
あらすじ

定められたルール通り、キチンとロックシードを集めようとするバロン。
律儀にルールを守ろうとするバロンさん
だが、ルールを無視して、そんな彼を奇襲する黒影とプラーボ。
彼等が戦ってる隙に、森の謎を探ろうとする鎧武と龍玄。
彼らを強制送還すべく、森へ出動する貴虎兄さん。
バロンはマンゴーアームズでプラーボに対抗。バロンに負けたことに憤りを感じる黒影。グリドンに煽られて戦いに向かう・・・
グリドンさんマジ策士()
ほかの連中が戦っている隙に、漁夫の利を狙おうとするグリドン。だが、インベス達に襲われる。幸い、必殺技で追い払うことに成功するが(*追い払っただけで殺していません)、斬月には敵わず敗北。
とりあえず後を追う紘汰。
その後、バロンとプラーボも斬月に倒され、森の外に放り出される。
研究員達に、自分達がモルモットだと知らされ、怒りに震える紘汰。
その頃、龍玄もまた斬月と戦っていた。慎重に戦うが、強すぎる斬月に追い詰められる龍玄。
高級メロンと高級ブドウ、お歳暮にどうぞ!
だが、インベス襲来の報を受け、龍玄はピンチを逃れる。しかし、そこに乱入した黒影はベルトを破壊されてしまい・・・。
松毬はすぐ割れる
そして、龍玄は「斬月=貴虎」と気付いてしまう。
紘汰は龍玄を助けるべく向かおうとするが、突如インベス達が研究キャンプに襲来。鎧武に変身してその場を助け出す。
だが、インベスにはキリがない。とうとう街にまでインベスが出てしまう。
鎧武はスイカアームズに変身し、これらを撃破するのだった。
戦いの後、ロックシードを渡し、思い通りにはならないと決別の意を伝える紘汰達。
シドは店じまいかと呟く。
その後、ダンスパーティをするチーム鎧武だった。
次回、なんか新しいライダーが出るそうです
感想
貴虎兄さん大活躍回。
バナナアームズで必殺技出すときに、「セイヤー!」といったのは、映画の縁でしょうかね?
紘汰はどうも安定しないですね。
最初「大丈夫ですか!?」

その後「元はといえばお前らのせいで・・・!」

まぁ、この後ちゃんと助けたのは素直に評価できますが。
いやまぁ、確かにケンジャキだって、橘さんに「大丈夫ですか橘さん!? ・・・いや、俺はアンタに話があったんだ!」
って言ったことはありますよ。


だけど、アレは戦いに一段落着けた上での話ですし、どう見ても(自分を含めた)人命がピンチな時に、自分を利用したことにキレてるのも、人命を軽んじてるようで嫌ですし。
ちゅーか、囮作戦のせいで黒影たちが斬月にやられてしまいました。助けろよ紘汰!
目の前に苦しめられてる人達がいんのよ・・・
その人たちを救うために戦うしかないでしょ!? 
それがライダーの仕事じゃないの!?

さて、ここまで11話過ぎました仮面ライダー鎧武。
率直な感想を申し上げますと、
つまんないです

こんなにつまんない仮面ライダーって、今までありましたか?
 ってレベルでつまんないです。
ライダーバトルの理由がダンスの場所取り(笑)と、史上最もくぅだらない理由で戦っているのがなんとも・・・
蓮や北岡、美穂が聞いたら、鼻で笑うレベルのくだらなさですよ。
彼等、文字通り命を賭けて戦っていましたし。
(まぁ芝浦淳や佐野満なら、ある程度共感してくれそうな気もしますがw)
話の展開も、少なくとも1クールは盛り上がりに欠けますし。
キャラ紹介と販促だから仕方ないと言う意見も伺いますが、キャラに魅力も感じませんし、そもそも紘汰と戒斗がどう言う目的を持って行動してるのかサッパリですし、販促としても特に魅力的ではありませんし。
そもそも、スタッフの方々はこれが子供番組だということをご理解なされているのでしょうか?
確かに、クウガ以降の平成ライダーは、ストーリー自体は大人向けでした。ですが、決して子供番組としての本分を忘れてはいない作風でもあったと考えています。
正直、1クールだけ見ると、ちょっとどうかと思われます。
今週のドキ
第45話「宿命の対決!エースVSレジーナ!」
あらすじ

岡田がいなくなった時大変だったんやで、と怒る真琴達。
だが、岡田はアン王女経由で亜久里を知っていた。しかもあっさりエターナルゴーデンクラウンを入手していたのだった・・・。
名前長いので、クラウンでいいです
マナ達と別れたすぐ後に、アン王女が通信を伝えてきた。
彼に三種の神器を探すよう命じ、同時に赤子は亜久里に逢うべく旅立ったらしい。
早速エターナルゴールデンクラウンを使ってみようとするマナ。それを亜久里が取り上げた瞬間、いきなりブッ倒れてしまう。
その後、亜久里は目覚め、全てを知ったと言う。その事実のあまりの恐怖に、お祖母ちゃんに泣きつく。何をすべきか分かってるはずだ と、祖母に諭され決意を固める。
剣崎「でも、運命と戦うこともできるんじゃないかな?」
その後、真琴とジョーを呼び出す亜久里。二人だけに事実を打ち明けるつもりだった。
なんと、例の氷漬け王女は偽物であった。
だ・ま・さ・れ・た(どーん)
マナに話せば、と言う真琴だが、亜久里は自分とレジーナのどちらかが倒れるだろう、辛い場面を見せたくないと拒絶。
なんか、いきなり年末になっていたらしい。
おせちの材料を買うため、亜久里達を待つマナ達。そこにえるが駆けてくる。最後の別れに来たようなことを言った後、行方不明になっていたのだ。
まぁおじょうずだこと
トランプ王国にやって来る亜久里達。キュアエースに変身し、レジーナに一騎打ちを挑む。
なお、ゴールデンクラウンのおかげで時間制限はなくなった模様。
一方、マナたちはソリティアの様子を見て、彼等が何処かへ行ったことを悟る。
互角の戦いの後、倒れてしまうキュアエースとレジーナ。その隙に二人から神器を奪おうと奇襲を仕掛けるベールさん。
そこにキュアハート達が助けに来た。いつものように必殺技撃ってジコチューを粉砕。
なんとしてでもレジーナを庇うキュアハート。
キュアエース曰く、自分とレジーナはアン王女から生まれた光と影だとのこと。
果たして一体どういうことなのか・・・?
次回、年末休止を挟んで、説明回です。
エースさん、マナ達に知る権利があるならなんで最初から言わないんですかもー!
感想
個人的にはえるちゃんが出たの(だけ)が良かったと思います。
何で以前のおばあちゃん回でキチンとした出番がなかったという批判もありますが、まぁアレは主題が祖母と孫娘のお話ですからね。まぁ仕方ないんじゃないかと思います。
とはいえ、ここで出すくらいなら、もっと出番を与えるべきです。
そ~れ~が~普通、でしょぉ~? 
なんかもう、マナが出しゃばりさえしなければなんでもいいやと思ってる自分が悲しいです・・・。
故に、個人的には8:51ぐらいまでは別にどうでも良かったです。
氷漬け王女が偽物なら、そのために命懸けだった皆さんの努力はいったい・・・
真琴が全体的に傍観者だったのも痛い。
ただ流されるばかりで、貴方の主張はどうしたのよ? と声を上げて申し上げたいです。
あと、エース見てて思いましたが、この人だけ妖精(赤子)と一緒に戦ってないんですよね。これがなんか嫌だなぁ・・・。赤子だから仕方ないと言えばそれまででしょうけど、生まれて間もないランス達も戦場に赴いていることを考えると・・・。

サンタと森とエターナルゴールデンクラウン」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: acddcd1be50e65459940b991c4480e9a
     とりあえず、次回予告からして戦場がトランプ王国展開みたいなのは誉めてあげましょう。
     今回はキュアエースが自分のことをしるのですが、オレとしてはそういうのは次回ではなく初登場してからさっさと明かしとけと思いました。
    ・あなたは私の友達ですわ
     オレはそのキュアエースの言葉が嘘だと思いたい。
     管理人様もおっしゃってたけど、ここで出すくらいなら、もっと出番を与えるべきです。
    ・あなたのことは前からコテンパンにしてあげようと思ってたの
     がんばれ、僕らのレジーナ、今度こそ悪い怪人やっつけろ!
    ・ゴールデンクラウンの力を得て真のエースとして目覚めたのです!
     真のエース?
     冗談も程々にしてほしいでランス。
    ・わたくしと彼女は決して相容れることのできない関係
     ある意味相容れないな。
     この作品では常識人に近いレジーナと吐き気が催すほど非常識なキュアエースではな。
    ・アン王女から生まれた光と影なのです
     オレはレジーナが光だと信じたい。
    >なんかもう、マナが出しゃばりさえしなければなんでもいいやと思ってる自分が悲しいです・・・。
     オレはキュアエースとその相方のキモ赤子が出しゃばりさえしなければ何でもいいと思っている自分が[太字]すっごく[/太字]悲しいです。
    >真琴が全体的に傍観者だったのも痛い。ただ流されるばかりで、貴方の主張はどうしたのよ? と声を上げて申し上げたいです。
     彼女にそんなこというのは残酷というもの(棒読みもとい投げやり)。まこぴーの場合は王女様を探すことしか考えていなかったからね。
     どちみち彼女は有能な設定でありながら、キュアエースや神器やキモ赤子のトランプ王国関連の設定での製作者の駄目な部分の影響をモロにうけたキャラクターでした。製作者はそこまでトランプ王国関係者を無能にしたいでランスか?

    いいね

  2. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    >オレとしてはそういうのは次回ではなく初登場してからさっさと明かしとけと思いました。
    仰る通り、伏線なり謎の解明なり、さっさと手続きしとくべきでしたね。
    > オレはキュアエースとその相方のキモ赤子が出しゃばりさえしなければ何でもいいと思っている自分がすっごく悲しいです。
    あ、赤子のこと忘れておりました。
    もう赤子すらどうでも良い存在になりつつあります。
    >彼女にそんなこというのは残酷というもの
    真琴にその通りです(寒

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中