ようつべ感想覚書き(デカレン)


デカレン13話
あらすじ

スワンさんがドギーの兄貴に恨みを持つベン・Gに浚われた。
卑劣なベン・Gに怒りを燃やすドギーの兄貴。
彼女を助くべく、ドギーの兄貴はデカマスターに変身した!
雑魚には無双するデカマスター。だが、流石にベン・Gには苦戦。
しかし、絶体絶命の危機に陥った瞬間、Gの銃弾を跳ね飛ばし、スワンさんに仕掛けられていた爆弾の導火線を打ち払い、ベン・Gをフルボッコ。必殺剣・ベガスラッシュで、Gを撃破するのだった!!
そして、見事にスワンさんを助け出し、事件は解決。
感想
ボス、カッコよすぎる・・・!
無双シーンカッコよすぎです。流石はレジェンド大戦でゴーミン共を一掃したお方だけあります。
もうアイツ一人でいいんじゃないかな・・・
とはいえ、実はベン・Gもなかなか強いんですよね。ボスをかなり苦戦させてますし。
逆転してOPが流れる中、Gを倒すシーンで見惚れてしまいましたが・・・
デカレン14話
あらすじ

ドギーの兄貴の勇姿と強さに感心するデカレンジャー一行。ドギー兄貴に依存心が沸くが、兄貴は冷たくあしらう。
そんな兄貴に反発するデカレンジャー達が真意を知り、反省するお話でした。
感想
ドグゥィーズァァァン!! ンナズェミテルンディス!!
荒川さんらしい、説教臭い回でした。
えーと、バンが物凄くウザい回です。貴方ねぇ、もう良い大人なんですから、ボスに対して依存心を持つとかどうなんですか貴方?
この話でもう一つ突っ込みたいのは、バンはおろか、ホージーさん達までボスに依存しかけていたんですよね。
貴方達それでも警察なの!? と言いたくなります。

youtube感想覚え書き(ゴーオン)


ゴーオンジャー19話
あらすじ

人気最下位だったことを無茶苦茶気にする軍平。
共闘をウィングスに持ちかけるが、矢車さん大翔さん達は相変わらずの態度だった。
焦る軍平を心配する範人・・・。だが、ゴーオンブラックは空回りしまくりだった。
挙句の果てに範人が一位になってしまう。
軍平はウィングスにプロ失格と言われて落ち込んでしまう。
心配する範人は、ピエロになってノコギリ蛮機を誘おうとし、軍平に手柄を与えようとする。案の定ノコギリ蛮機が出てくるが、作戦失敗。
見かねた走輔が説教するが、軍平は聞き入れずギクシャクしてしまう。
ボロボロになり、軍平は気付く。プロでもアマでもなく、飛び込むことが大事だと。
ゴーオンジャーとウィングスは協力してノコギリ蛮機を倒すのだった。
そして、軍平は携帯のサイトで一位を取ったことに、人目を憚らず大喜びしてしまうのだった。
感想
矢車さん大翔さんはいつまで嫌な人続けるんですか・・・(^^;)
この協調性のなさは酷すぎます。
なんか、やさぐれてた時代より酷くなってるような・・・
完全調和(パーフェクトハーモニー)時代も、やさぐれ時代も、もうちょっと人当たりが良かったような・・・。
やさぐるまさんですら、なんだかんだ言いながらワームから人を護るべく戦ってましたからね。
・・・はい、矢車さんと混同しすぎですねw ごめんなさいww
共闘を持ちかける辺り、カッコよすぎる軍平のほうがマトモに見えます。
あと、地味にゴーオンジャーの仲を心配する美羽ちゃんいい子。
とまぁ、↑で矢車さん大翔さんに愚痴ッていたのですが・・・
ゴーオンジャー20話
あらすじ

ブロンドの美人とデートしている矢車さん大翔さんを目撃した早輝。
一方、ノコギリ蛮機が復活してチェーンソー蛮機になる。ゴーオンジャーが苦戦するが、ゴーオンウィングスが撃退する。
またゴーオンジャーに嫌味を言うウィングスだが、ゴーオンジャー五人から矢車さん大翔さんが女性をとっ替えひっ替えしていると聞き、美羽がショックを受ける。
近寄ってくる女性達を縄で縛って追い払う場面を美羽が目撃してしまう。しかも女性達から、大翔さんの才能に惚れ込んでスカウトしようとしていたが、美羽のせいで大翔さんは夢を諦めたのだと言われ、ショックを受けてしまう。
美羽は馬鹿にされてると思い込み、「アニなんかいなくたって、全然平気なんだからっ!」と怒って、一人で戦うようになってしまう。
心配した大翔さんが駆けつけるが、美羽は全然聞かず、ニトログリセリンに引火させてしまう。
アニのジャマになってると落ち込んでいた美羽は、俺は自らゴーオンゴールドとなって戦うことを望んでいるんだと美羽を説得し、二人仲直りする。が、美羽は「アニにそんな趣味があったんだね」と、何か誤解したようで・・・。
燃え盛る工場。だが、そこに現れる巨大な飛行物体。それは、更なる炎神・ジャンボエールだった。ウィングスはトリプター、ジェットラス、ジャンボエールを合体させ、セイクウオーを誕生させる。
テンクウインパルスで、見事にチェーンソーバンキを撃破するのだった。
ジャンボエール歓迎会を行なう大翔さん達。
美羽は、「アニ、合体大好きだったんだね! これからもどんどん炎神合体させてあげるね!」と、トンでもない事を言い放ち、大翔さんを驚かせるのだった。
次回、ジャンボエール先生のパーフェクト炎神教室(うそ)
感想
矢車さん大翔さんがようやく好きになれそうです。
近年ウィザードやゴーカイジャーで活躍された、香村さんの修行時代のエピソードです。(共著は荒川さん)
お二人の書かれたギャグ回で、この二人に親しみが持てるようになりました。
美羽ちゃん曰く、矢車さん大翔さんは、クールで正しくてカッコいい自慢の兄貴だそうです。
矢車さん大翔さんって、意外に筋肉質なんですね。
影山「兄貴の腹筋すげぇ・・・」
ジャンボエール「気をつけないと、ズキボーンっていっちゃうよ!」
大翔さん「・・・なんですかソレ(汗)」
ジャンボエール先生のおかげで、矢車さん大翔さんが好きになれました、ありがとうございます。
というか、二人の押さえ役としてもうちょっと早めに出てくれれば良かったと思います。
まぁおそらく販促の都合で、出し惜しみせざるを得なかったんでしょうけど。
あと、バンザイしてるヨゴシュタイン様かわいいです
ところで、マシンワールドでウィングスは修行していたらしいですが、食料とかどうしてたんでしょうね・・・?

仮面ライダー剣の感想(第14話)


youtubeの公式配信に合わせて、仮面ライダー剣の感想を書いていきます。
今回は第14話!!
第14話「エース封印!」
・あらすじ
カテゴリーAの反応があった場所へ到着した剣崎。しかしそこには誰もいなかった。代わりに、谷底で倒れて緑色の血を流す始を発見。
*スライムではありません  始さん・・・
剣崎は、彼を山小屋まで運び手当てをするのだった。
目覚める始。
目を覚ます始
何故自分を助けたのかと問いかける。「目の前で人が倒れてるの、見捨てるわけにはいかないだろ・・・」と答える剣崎。始はそっけない態度を取りながらも、彼の手当てを受け、剣崎の作ったおかゆ(?)を食べる。
美味そうなおかゆ
その時、剣崎を探しに虎太郎と広瀬さんが現れ、始を匿ってることがバレてしまう。
オンドゥル星人現る
激怒する虎太郎。始に対し辛く当たるが、その時カテゴリーAの反応が。橘さんを取り戻すべく、その場に急行する剣崎。
その頃、橘さんは小夜子と出会っていた。だが彼は、戦えることに喜びを感じていた。
ヤクバナさん
「前に、花火のように生きたいって言ったよな・・・。俺は、この大空に大輪の花を咲かせて・・・、それで・・・!」
花火みたいに散りたい橘さん
そのような危ないことを話す橘さん。
そんな彼に小夜子は、
「違うわ・・・ そんな生き方じゃなくていい・・・。道端の花みたいヒッソリとでいい」
道端の花=普通の生活
そんな風に、生きて生きたいの。貴方と・・・!」
と彼を説得する。
こんないい人を・・・
だが、橘さんは「生き方が違ってしまったんだ・・・」と言い残し、伊坂の命令に従いカテゴリーAを追う。
橘くん・・・
カテゴリーAを追うブレイドとギャレン。だが、ピーコックアンデッドが出現してブレイドを妨害。
その後も尚スパイダーアンデッドは襲撃を続ける。剣崎が始に相談すると、伊坂はカテゴリーAの習性を利用しているだけに過ぎないと言う。
その後、始は「君のおかげで助かった」と剣崎に礼を言い、どこかへ去って行く。
デレ始
その頃、虎太郎は天音ちゃんと遙香さんが誘拐されたことを知る。
randoseru.png  
誘拐された二人は、アンデッドを見て悲鳴をあげ・・・
一方、小夜子はまだ橘さんを追い続けていた。そんな彼女に業を煮やし、伊坂が彼女を襲う。盛大に吹っ飛ばされた小夜子は・・・
小夜子、死す
その後、ギャレンはスパイダーアンデッドを発見し、交戦。
アルマジロバレットとバーニングディバイドの連撃によりアンデッドを撃破し、封印に成功する。
蜘蛛の絵柄の背景に注目
そして現れる伊坂。カテゴリーAのカードを渡せと言う伊坂に反発する橘さん。だが、シュルトケスナー藻の効力が切れてしまい、ギャレンに変身しても倒すことはできなかった。カードを奪い、伊坂は去って行く。
敗北を味わい、悔しさを抱えたまま走り去る橘さん。その後、彼は倒れている小夜子を見つける。
「パズルのピース、見つけたよ・・・。飲み込んだなんて、ウソばっかり・・・」
「ごめんね、橘くん・・・」小夜子はそういい残し、事切れる。
「小夜子ぉぉぉっっ!!!」
<img src="http://blog-imgs-47.fc2.com/h/a/n/handlessdiary/zayokooooooooooos.png" alt="(;:M:)
橘さんの絶叫が、河原に空しく響くのだった・・・
完成したパズル。だが・・・
次回、小夜子を失った橘さんは・・・?
・名言(迷言も)

「目の前で人が倒れてるの、見捨てるわけにはいかないだろ・・・」(剣崎一真)

剣崎の姿勢を示す良い台詞です。この数回で、視聴者の皆様の剣崎の株が上昇しまくっていることでしょう。

「あの水に漬かり、戦うと何もかも忘れられるんだ・・・。
いや・・・。もっと言えば、嬉しくなってくる・・・。
戦える。この全身を貫く喜びが力になって、俺の体に漲るんだ・・・!」
(橘朔也)

「それがなんなの・・・? 目を覚まして橘くん!!」
(深沢小夜子)
「前に、花火のように生きたいって言ったよな・・・。俺は、この大空に大輪の花を咲かせて・・・、それで・・・」(橘朔也)

「違うわ・・・ そんな生き方じゃなくていい・・・。
道端の花みたいヒッソリとでいい。。そんな風に、生きて生きたいの。
貴方と・・・!」
(深沢小夜子)
「俺と・・・?
ごめん、生き方が違ってしまったんだ。君とはもう生きられない・・・」(橘朔也)
完全に橘さんヤクチューの人そのものです
このとき、ちゃんと小夜子の話を聴いていれば・・・!

「橘くん、貴方騙されてるのよ・・・」
(深沢小夜子)
みんなに騙されてる騙されてる言われる橘さんです。

「君のおかげで助かった。ありがとう・・・」
(相川始)
ようやく始と剣崎との間に生まれた絆。
果たしてこの後、二人の行方は・・・?
・感想
とうとう小夜子さんが亡くなってしまいました。
橘さん、あなたって人はぁ・・・!!

改めて見ると、ホント橘さん酷いですね。
こんなに良い恋人さんや後輩達を振り回した挙句、前者を死なせちゃうなんてもう・・・。
河原の白い花と、小夜子がそれを掴もうとする場面がありましたが、アレは多分彼女が掴みたかったもの(=橘さんの心)を象徴しているのでしょう。
皮肉にも、最期の最期で橘さんの心は小夜子の元に戻ってきてくれたのですが。
道端の花が美しいことに、橘さんはようやく気付いたわけです。
その花は、手にしたときには既に枯れてしまいましたが。

siroihana.png
一方、剣崎はかなり良い奴に。
アンデッドといえど、倒れている始を見捨てることなく助けたおかげで、彼とも友情が生まれました。
果たしてこのとき生まれた友情がどのように彼等を動かしてゆくのか、見物です。
始も、助けてくれた剣崎に少しずつ心を開いてきていますね。
・・・虎太郎はかなり態度がキツイですが。
・覚え書き
・始が倒れた谷底から一番近い薬屋まで、20㎞もあった。
・人間の薬もアンデッドには効くらしい。
・小夜子の車の№は、「???500 ? 73-85」(? は映りが悪くて分かりませんでした)
・小夜子のネックレスは星をかたどった銀色のカギの飾りがくっついていた。
silverkagi.png
・始を匿った無人の山小屋。
始の山小屋

仮面ライダー剣の感想(第13話)


youtubeの公式配信に合わせて、仮面ライダー剣の感想を書いていきます。
今回は第13話!!
第13話「金色の糸の罠」
・あらすじ
騙されてるギャレンを止めようとするブレイド。だが、俺は俺の道を行くだけだと聞く耳を持たない。
仕方なく、ブルースペイダーで体当たりしてギャレンを止めるブレイド。
baikuattack.png
その時見つけたスパイダーアンデッドの被害者を見て、怒りを露にする。
spidernogiseisya.png
その頃、そのスパイダーアンデッドは小蜘蛛を街に放っていた。
一方、小夜子のもとに伊坂が現れる。これ以上真相を探るな、と警告に来たのだ。
伊坂の警告
だが、彼女はシュルトケスナー藻の真相を剣崎達に伝える。その藻によって、橘さんの体はボロボロになってしまう危険性があったのだ。
ボードのデータ
その頃、再びアンデッドが出現。駆けつける剣崎だが、アンデッドは人をさらっただけで死者はいなかった。そのことに疑問を感じた剣崎は始を発見。真相を尋ねたところ、スパイダーアンデッドは自らの適合者を探していて、このままだと恐ろしいことになるのだと警告。
kumooo.png  蜘蛛さんかわいい
天音ちゃんや遙香さんも含めた人間を守ると宣言する剣崎の言葉を聴きながら、始は黙って走り去る。
その時、アンデッドが出現。少年が襲われていた。早速剣崎が駆けつけブレイドに変身。
スペード6:サンダーディアーをラウズし、ディアーサンダーを発動。
mutukiiiiiiii.png
 mutukiseisaiyouandeddo.png
ブレイラウザーに電撃を携えて攻撃するが逃げられてしまう。助けた少年に、「貴方は・・・」と聞かれる剣崎。彼は笑顔を見せ、直ぐに去って行く。
泉京水「誰このイケメン!?」
その夜、剣崎達は天音ちゃんの10歳の誕生日パーティへ向かう。車内で始のことを話し合うが、天音ちゃんがやって来たので議論は中途半端に終わる。
ハッピィバースディィィィィィィッ!!!
誕生日パーティで、天音ちゃんは、始が早く帰ってきてくれることを祈り、ロウソクの火を吹き消すのだった・・・。そんな彼女を、窓際から静かに始が見つめていた。
誕生日の風景
ナズェミテルンディス!!
翌朝、カテゴリーAの気配を感じる始。剣崎の言葉を思い出し、新たに戦う決意を固める。
街中の住宅密集地にアンデッドが現れ、そちらに向かう剣崎。
スペード5、6を同時にラウズし、コンボ技『ライトニングソニック』を発動。
マッハ全開の稲妻を帯びた蹴りで、みごとライオンアンデッドを撃破!!
出た、剣崎さんのマジックコンボだ!!
カードに封印し、スペード3:ビートライオンを入手したのだった。
カテゴリーAを探すカリス。そこにギャレンが現れ交戦に。
ピーコックアンデッドがギャレンの加勢に入り、苦戦するカリス。
モズク野朗と孔雀野朗
バーニングディバイド(弱)
ギャレンは、ダイヤ5、6、9のカードを同時にラウズし、『バーニングディバイド』を発動。必殺の蹴りが見事に決まり、始は一気に谷底に落ちる。
始は、天音のことを思い出しながら意識が薄れていった・・・。
このロr・・・いやなんでもないです
次回、栗原母娘の危機・・・!そして小夜子は・・・?
・名言(迷言も)

「アンタは騙されてるんだ!」(剣崎一真)

この後、何度も橘さんに対して言いたくなる言葉です。
大体いつも騙されてますよねw

「分かってください、橘さん! あのアンデッドは、渡すわけにはいかないんだ!」
(剣崎一真)
だからって、バイクでひき逃げしてとめるのはいかがなものかと思われます(笑)

「大丈夫だよ、虎太郎のことは世界中の牛乳が愛してくれてるよ・・・!」(肩を叩きながら)
(剣崎一真)
剣崎なりの励ましなんでしょうけど、どこか変な言葉です。その直後に牛乳をまとめて渡すのも変です。

「始さんが、早く戻ってきますように・・・」
(栗原天音)
ただ純粋に始の帰りを待つ天音ちゃん。非常に健気です。

「ストップ! 人間を守る。分かってるって・・!」
(剣崎一真)
ちょっとキザッったらしいですが、それでもカッコいいと思ってしまうセリフです。

「俺が・・・、最強だ・・・!」
(橘朔也)
はいはい、最強最強。

「伝説のアンデッドも、ついに息絶えたか・・・」
(伊坂)
え?アンデッドって死なないんじゃ・・・?
それとも単に、邪魔者が消えたという表現だったのでしょうか・・・?
・感想
剣崎の『こんど』についてですが、この辺りは劇場版または超全集をご参照ください。
*現在つべやDVDで後追い視聴中の方は、ネタバレになるのでご注意ください。
こんどとは何時なんでしょうか?
剣崎が、ようやく完全に落ち着いてきましたね。
睦月に見せる笑顔など、まるでカッコいいヒーローみたいです。
これまでのキレまくりぶり、迷走ぶりがウソのようになってます。
バイクでひき逃げのことは忘れてあげてください。
一方で、ベクトルは違えど迷走する橘さんと始。果たしてこの二人はこれからどうなってしまうことやら・・・?
始さん、天音ちゃんはいつでも貴方の帰りを待ってますよ! 速く戻ってあげて!!
そう言いたくなるお話です。
・覚え書き
・シュルトケスナー藻は、ドイツの古代生物学の博士が見つけたもの。
・その成分が皮膚から体内に浸透すると、体内の中枢神経に激しく作用する。しかし、成分が強すぎて細胞や神経が破壊されてしまう。
・BOARDのデータによると、アンデッド達は藻の生えている湖の中に入り、闘争心を高めたと推測される。
・ここ数日(13話開始時点)で、10代から20代の男性が何人も攫われている事件が相次いでいた。インターネットでは怪物に誘拐されたという目撃情報も。
・実験の風景
jikkenhukeiiiiiiiiiiiiii.png

youtube感想覚え書き(BFJ、メガレン編)


メガレンジャー
1・2話
あらすじ
ネジレジアなる異次元の悪の集団が攻めてきた。
彼等に対抗するため、久保田博士は、焼肉をおごるという条件で、健太なる格闘ゲームの達人高校生をスカウトする。
そんな時、ネジレジアが奇襲を仕掛けてくる。たまたまその場に居合わせた健太の同級生4人と共に、彼等はメガレンジャーに変身するのだった・・・!
感想
今見ると、メガレンジャーの装備にデジタル製品を適当に突っ込んで満足してる気がしなくもないです(笑)
ですが、当時はデジタル製品がまだ普及しておらず、画期的だったのでしょう。
携帯電話も、この頃はチョベリグ(死語)なアイテムだったことが窺えます。
BFJ15話
あらすじ
日本の飽食文化、そして給食を残す日本の子供達に怒るサタンエゴス様。
『また料理作戦でございますか・・・』と嘆くヘッダーだが、カタツムリ怪人が出てきて、エスカルゴを配布して食べた人々をエゴスの僕にする作戦をたくらむ。
バトルフランスは、エスカルゴを食った少年を見つけてエゴスの野望を知り、フランス語を活かしてエゴスの陰謀を探るが・・・
だが分析の結果、エスカルゴの中には毒が入っていなかった。
フランスは、わざと少年を突き放し、敵の動向を探る。なんと、エゴスはフォークの方に毒を盛り込んでいたのだ・・・!
見事バトルフランスは敵のトリックを暴く。実はカトリーヌなる潜入捜査員がエゴスのスパイとして潜りこんでいたのだ。
カタツムリ怪人が倒れても、少年の毒は消えなかった。フランスは食べ物を粗末にしないようにと約束させ、丸一日絶食する代わりに毒を消させるのだった。
感想
ようつべの紹介文が非常に笑えますので抜粋。
全人口の3分の1が飢えているのに日本の児童は飽食だという現状に憤りを感じたサタン­エゴスは、再び料理作戦を開始。
サタンエゴス様、アンタ本当は良い人だろ!?

カトリーヌは一瞬、敵側の怪人かと思いましたが、別にそんなことありませんでした。
今回は日本の飽食文化に警鐘を鳴らす、子供の情操教育にとてもピッタリなお話でした。
ただ、今はアレルギーとかで『単純に好き嫌いは駄目とか描くのは~~ブゥブゥ』とうるさい人もいるでしょうからね~。 
BFJ16話
あらすじ

プロの女子格闘家、ハートクイーン闇の女王ブラックタイガー・マリーが、エゴスの野望に巻き込まれていた。彼女はプロボクサー・京介の、行方不明になっていた妹だったのだ。彼女を救うべく、京介が奮闘するお話。
だが、奮闘空しく、マリーは京介を庇って死んでしまう。
バトルフィーバーが駆けつけ、格闘技怪人を倒すのだった。
兄は、妹との思い出を振り返りながら、悲しみに暮れるのだった・・・
感想
なぜか、キャットファイトが始まるお話です。
しかも、ハートクイーンソックリの人が出てきますし・・・
某エロ監督が喜びそうなお話です。
な~んか、どっかで見たことある人が多いエピソードでもあります。
ただし、ストーリー自体は兄妹の悲劇が軸になっており、救われない悲しいお話です。
しかし、まさか、生身の人間が巨大化したまま(ように見える)戦うとは・・・!
(*但し、設定上は人間ソックリな怪人にソックリなロボットです。)

youtube感想覚え書き(ゴーオン編)


youtube感想覚え書きです。
ゴーオン17話
あらすじ

ゴーオンウィングスの二人、矢車想大翔と美羽。物凄く強い二人だったが、ゴーオンジャー5人を見下す、ちょっと嫌味な人達だった。
対立するゴーオンウィングスとゴーオンジャー。
ヒューマンワールドに来たジェットラスとトリプターを助けたのがこの二人で、彼等をスカウトしたのがウィングスになったのが切っ掛けだったのだ。
「いつか痛い目を見る」と忠告する矢車想大翔に反発する走輔達。だが、ハッパバンキとガイアークの総攻撃にピンチに陥る。
だが、ゴーオンウィングスの二人がガイアークをフルボッコにする。
ゴーオンウィングスに駄目な奴等と侮辱されまくり、悔しさに震えるゴーオンジャー達だった・・・
感想
矢車さんは、やっぱりやさぐれてる時が一番魅力的ですね。
正直、現在のゴーオンウィングスは、「うわぁ、何この嫌な奴等・・・」としか。
矢車さんは、光り輝いてる時もとても優しかったというのに・・・orz
これからどんどん馬鹿キャラになるそうですが、それまでちょっとの辛抱ですね・・・。
今のところ好感度は、
やさぐれ矢車さん>普通の矢車さん>>>>>現在(17話)の矢車さん大翔さん
です。
ゴーオン18話
あらすじ

てんで弱いゴーオンジャーが気になる美羽。一人、ゴーオンジャーの元に駆け込んでしまう。
「衣食足りて礼節を知る」と言い、高級レストランに誘ったり服屋に連れて行ったりするが、走輔は反発する。
一方、妹がいなくて一人淋しくトレーニングしている矢車さん大翔さん。油断も隙もない(蛮機獣談)男だけに、ガイアークの奇襲も効かない。
ガイアークは標的を変え、美羽を捕まえる。蛮機獣に脅迫されるが、謎テレパシーで会話し、美羽を犠牲にしようとするが・・・。
そこに現れる走輔。自分を身代わりにしろと言うが、当然蛮機獣には馬の耳に念仏。その隙に大翔が美羽を助け出し、走輔も蛮機獣から変身アイテムを奪還。
ゴーオンレッドとゴーオンウィングスの三人で共闘し、蛮機獣を撃破するのだった。
そんな彼等の熱さに、美羽は何かを感じるのだった・・・
感想
走輔がバカだけどイケメンですね・・・。
ここ5年のレッドの中では、結構好きなほうです。
野良犬を放っておけない美羽ちゃん・・・。
美羽ちゃんが雨の中拾った野良犬にペロペロされてる画像ください!!
矢車さん大翔さん「美羽、いっしょにロードワークしないか・・・?」

妹にだけは、無駄に優しそうな声です。弟萌えから妹萌えになるとはw
妹の買物にも黙って付き合う辺り、良い兄貴なのは世界が変わっても同じようですね。
と言うか妹に甘過ぎですこの兄貴
兄ィ曰く、「人を幸せにするなら自分も幸せに」とのこと。
確かに今のところは嫌味兄妹ですが、何気にマトモなこと言ってる兄ィです。

入れ替わりとオカマと新曲(一部追記あり)


数週間前の遅れ感想になりますが、何とか書き上がりましたので掲載させていただきます(;0w0)
キョウリュウジャー
あらすじ

暫くドゴルドに指揮権を預けるカオス様。ドゴルド曰く、より強力な人間の感情が必要だという。
一方、トリニティストライザーを見たソウジくんは、一生懸命剣の練習に励んでいた。自分の剣にあの技を加えられないかと頑張っていたのだ。だが、トリン曰くその技はソウジの体を痛めるのだという。その姿を見ていたウッチーは、時間が解決すると彼を諭すが・・・
ossantowakamono.jpg
デーボス達の魂を探すラッキューロたん。既にスポコーンやキビシーデス達が復活していた。夜の体育やらプラスティック教鞭やらで、頑張ってアックムーンを鍛えていたのだった。
kusattamikan.jpg
そして、スパルタ教育で鍛えられたアックムーンは特殊能力でキング達の人格を入れ替えてしまったのだ!!慣れぬ体で苦戦するキョウリュウレッド達。ソウジ君とウッチーも人格を入れ替えられてしまう。技を使えない
そもそも変身の面からしてだいぶ異なる二人。それでも同じ剣を使うためか、ちっとも技の威力は落ちず撃退に成功!!
ステテコ姿になってイアンをからかうノッさん。女の子としてアレな行動ばかりするキングを見かね、自分の体を縛るアミィ。
mudanitanosisounanossan.jpg
中身の方で名乗るキョウリュウジャー達。
「・・・に見えるけど、( 色名 )!!」 で名乗りを行なう!!
しかし、今度はグリーンがブラックの体に、ウッチーがノッさんの体に、アミィがウッチーの体に、入れ替わり・・・・
あぁ・・・、ややこしすぎる!!
なんとか武器交換で対抗するがピンチに。
そこに参上するトリン。キョウリュウシルバーに変身するが、キビシーデスと人格を入れ替えられ、ギガガブリボルバーを使われてしまう。それどころか、トリニティストライザーを発動し、大ピンチに・・・!
だが、にわか勉強はソウジ君には通じなかった。
7人で必殺技を発動し、3体をしっかり撃破する。ドゴルドに怒られたラッキューロたんは、いつものように巨大化されるが、超獣電・オールギガントエクスプロージョンで三体まとめて吹っ飛ばされるのだった・・・
nekketukyousitorisan.jpg
その後、トリンは正式にソウジにトリニティストライザーを教えると約束。よほど嬉しかったのか、柱に頭をぶつけるソウジくん。
「礼を言うのは私のほうだ。君の純粋さに私も救われた・・・」
と呟くトリンだった。
次回、鉄砕のそっくりさんが・・・!?
感想
戦隊恒例入れ替わり回でしたね。
久々のソウジ回でした。あとウッチー。
早く強くなろうと焦るソウジ君と、それを穏やかに諭す年長者のウッチーとの対比が面白かったです。
ただ、今回はソウジ君がメインで、もうひとりのメインであったであろうウッチーはあまり目立ってませんでしたね・・・
ちなみに、キング曰くアミィの体はプクプトルプクプクしてるらしいです。イアン曰く、30代の体は疲れやすいらしいです。20過ぎたら分かる話ですけど、年取るってホント嫌ですよね
なお、イアンの中の人は結構楽しそうにステテコを着てるように見えたのは私だけでしょうか?
入れ替わりは、後半でアッチコッチ入れ替わりすぎてわけがわからないよ。
実は、先週ソウジ君はトリンのトリニティストライザーに見惚れていたりするんですよね。
しかし、トリンが自分の技を教える・・・。
これが後々、トリンが死亡して(まぁ一度死んでますが)ソウジ君が技を受け継ぐという、フラグに見えるのは、私だけでしょうか!?
今週の鎧武
あらすじ

前回、グリドンと黒影に変身した城之内と初瀬。
guridonkurokage.jpg
いきなりバロンに攻撃を加える。
ruragiridon.jpg
どうやら、強そうなバロンを先に倒そうとする算段のようだ。
鎧武と龍玄は最初唖然とするが、見かねたのか戒斗を助けに入り、二人を撃退。
だが、助けられた戒斗は礼も言わずに、中二臭い捨て台詞を吐いてどこかへ去って行く。
窮屈な生き方してるな、と言われて
残された二人。ミッチーと紘汰は、互いにお礼を言い合い、握手をする。
シドはもう一つ残されたベルトを誰に与えるか、ラジオを聴きながら思案していた。
紘汰はチームを光実に任せ、バイト探しに出掛ける。シャルモンなるケーキ屋のバイトに伺うが、そこのオカマ店長さんに、感性が足りないから不採用と言われてしまう。
その後、舞衣がシャルモンのケーキを持ってきて、紘汰は渋い顔をする。紘汰の姉曰く、オカマは日本に数人しかいないルレ・デセールらしい・・・
結局、シドは曽野村なる男にドライバーを渡した。それを見た城之内は、自分たちにはチームワークが足りないと考え、初瀬と共に特訓を開始する。
夜、高虎が戦極ドライバーを所有していることをミッチーは気づいてしまう。その手にはカバンにあったロックシードが・・・
一方、紛い物は本物の輝きを曇らせると危惧したオカマこと鳳蓮。
変な案山子を制作し、橋の下で頑張るが、そこに現れる鳳蓮。戦極ドライバーを曽野村から奪い取り、ドリアンのロックシードでアーマードライダー・プラーボに変身した・・・!
entertainment.jpg
その実力でグリドンと黒影を圧倒し・・・。
次回、スイカアームズ登場!
感想
グリドンとかいう酷い名前はどうにかなんなかったんですかね・・・?
でもグリードじゃ2作前と被りますからねぇ・・・。
ドングリ+ナッツで、グリナッツとか、もっと良い案はあったかと思われます。
個人的に、卑怯ながらも一所懸命頑張っている初瀬と城之内が愛しく感じます。逆に言うと、主人公達に魅力がないんですけどね・・・
戒斗さんは音也に遊び心を教えてもらった方が成長できる気がします。
武田航平さ~ん、早ぅ来てぇぇぇぇぇっっ!!
紘汰さんは真面目に社会人やりたいのなら、まずハロワに行きましょう。それが大人の責任というやつです。何故真面目に就活しないのか、わけがわからないよ。
就活代が足りないって訳でもないでしょうし。
今週のドキプリ
あらすじ

何とか、レジーナの猛攻から逃れたマナ達。
亜久里とマナは、レジーナの件について議論するが・・・
mattakuda.jpg
まこピーは、自分がレジーナに対して何が出来るのか一人考える。
翌朝、真琴は同僚のハルナにもっとファンを大事にしなさい、新曲を作ってファンに答えなさいと叱られる。
haruna.jpg
その言葉にひらめいた真琴は、歌作りを始める。
その頃レジーナは、歌は人の心に栄養を与えると考え、作戦を思いつく。
真琴は、授業中(および居残り)に居眠りをしてしまう始末。
不審に思った三人は、真琴が新曲を考えていたことに気付き、彼女の相談に乗る。
真琴は、歌で思いを伝えようと考えていた。
マナは、亜久里も無理やり巻き込み、みんなで歌を作ることを提案。
その後、完成した歌がプロデューサーさんに気に入られ、来週の日曜日に新曲発表会が決定される。
そして日曜日。新曲発表会。だがマナは寝坊した。
そんな時、プロデューサーがレジーナによってジコチューにされる。真琴はキュアソードに変身し、戦闘開始する。
レジーナと一人で交戦し、苦戦する。彼女と戦いたくないと言うが、レジーナは聞く耳を持たない。そこに助けに入るキュアハート達。だが、マーモとイーラも戦いに加わる。
レジーナに対し、彼女のために作ったステージだと説得するキュアハート。勿論、レジーナは聞く耳など持たなかった。そんな時、音楽が響く。
真琴が歌を歌い始めたのだ。
ぅつくしい・・・
その歌声に胸がチリチリし、ざわつきに苛立つレジーナ。攻撃を加えるが、それさえも受け止め歌い続けるのだった。
その時、きゅぴらっぱーが新たなラビーズ出して、ラブリーパッドの真の力によりプリキュアが強化。
ロイヤルラブリーストレートフラッシュでジコチューを撃破。
レジーナは退散した。自分の歌が届かなかったと謝る真琴に、レジーナにも愛があるのかもしれないと言う亜久里。
次回、米村先生ふたたび・・・
感想
とりあえず、良い所を挙げますか。
淀川先生も、『どんな映画にも必ず良い所がある』と仰っておりました。
まず、真琴周りの人間(ダビィとハルナ)が、それぞれ彼女を気遣う描写が良かったです。
あと、居眠りまこピーかわいいです(*´∀`*)
ダビィさんが、孤立してる亜久里ちゃんを仲間に入れようと背中を押した所も良かったですね。
もうちょっとこう言う描写を早くから増やしてれば、私の好感度も上がったんですけどね・・・
歌唱シーンは若干唐突でしたが、歌自体は上手いと思います。槍をつかみながら変身するシーンもカッコよかったです。
以上、良い所を挙げてみました。真琴、ダビィとハルナの描写は良かったと思います。
レジーナに関しては、私は特にいうことはありません。
あと、絵も綺麗でしたね。
以下、悪いと思ったところ。

続きを読む