youtube感想覚え書き(メガレン)


メガレン29話
あらすじ

食欲の秋。食いまくるみくに、ちょっと太ったと言ってしまう健太と瞬。
ダイエットを決意するみくに、怪しいダイエットクレープを進める変なオッサン。
上手い話に乗ってしまうみくだが、自称グルメの祐作さんは訝しがる。
クレープを食べたみくや健太の母ちゃんは、食欲のまま目に映る食べ物を食らい尽くす。
その様は、まるで餌に群がるブタのようだった。
オッサンの正体はブタネジレだった。正体を嗅ぎつけたメガシルバーは交戦するが、ブタネジレは燃費が悪く、何処かに食べ物を探しに行った。
祐作さんに縛られ暴れるみくだが、脱走してマンホールに落ちてゲップしたら、正気に返る。
その後、戦列に参加。ニンニクブレスに苦戦するが、祐作シェフの料理の匂いにつられて誘き寄せられ、撃破される。
巨大戦は、スーパーギャラクシーメガにより撃破!
20分後の断食により人々も元に戻り、メガレンジャーは祐作スペシャルを味わうのだった。
感想
ギャグ回に見せかけたホラー回・・・?
妙に説教くさい回だけど、荒川さんではありません。
55kgくらいなら、標準体重の範囲内で、そこまで肥満とは言わないんじゃないかと・・・?
健太はちょっと髪の毛が伸びたような気がします。ところで健太の母ちゃんとみくは面識があったんですね。千里とは面識ありましたが。
早川さんは学者ポジでもあり、戦闘も出来、料理も上手な、優秀な追加戦士ですね。
ただ、いきなり爽やかなシャツ+エプロン姿で祐作スペシャルを作り出したのは笑いました。
ところで料理店の請求書は、どうなったんでしょうね・・・?
I-Netが払ったのか、国が補償してくれたのか、気になるところです。
メガレン30話
あらすじ

仲のよい瞬と健太。バスケも息のあったチームプレイを見せる。
ネジレジアの幹部ギレールは、ヒネラーのためにも共に戦う事をユガンデに提案。その言葉に心動かされたユガンデは・・・
メガレンジャーと交戦する二人。だが、ギレールはユガンデをルラギリ、彼を乗っ取って合体。ユガギレール。
「俺たちは、二人で一人のネジレジアだ!」
ユガギレールの攻撃でピンクとイエローがやられ、咄嗟にレッドを庇った瞬が倒れてしまう。ブラックも二人を庇って閉じ込められてしまう。
その後瞬は攻撃のショックで記憶を失ってしまう。彼の愛したコンピュータのことさえ忘れてしまう。
健太は思い出したら必ず来てくれと彼に約束し、独りユガギレールに立ち向かう。
瞬は、担任の先生に仲間とつるんでると言われ、仲間達の事を思い出す。
とりあえずメガレンジャーに変身して敵に向かうが、まるで敵わないへっぴり腰だった。その時、敵の一閃に健太が盾となる。
その時、瞬の脳裏に仲間達の記憶が次々と蘇る。メガレッドとメガブルー。二人の力を合わせ、ユガギレールを撃退するのだった・・・!
その後、一目も憚らずいちゃつく健太と瞬だった・・・
感想
瞬が記憶喪失になる回です。何気に先生が記憶復活のきっかけを作ったのが素晴らしい。
へっぴり腰な戦闘場面の部分も、スーアクが良い仕事してます。
ユガギレールのデザインがカッコいいですね。エンドルフ@キョウリュウジャーの元ネタはコレか?
独りで二人分の力を無理矢理使うユガギレールと、二人で共に力を合わせ戦うレッドとブルーが、対比になっていますね。
メガレンジャーたちが閉じ込められるシーンは、ヒッポリト星人を彷彿とさせます。
アレ嫌いなんですよねぇ・・・。 何が嫌って、閉じ込められるウルトラマン達に変な倒錯的感情を抱いた自分がスッゴク気持ち悪いです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中