仮面ライダーアギトを見てみた(1~5話)


同じくニコニコで配信しておりました、仮面ライダーアギトを5話くらいまで見てみました。
平成ライダーへの道を開拓するための爆薬がクウガならば、平成ライダーの原型はアギトかと。
多人数制ライダーの導入、群像劇的作風、カッコいい戦闘BGMなどなど・・・。
後に受け継がれる物は、アギトが多く生み出してきたと思います。
龍騎以降のライダーを見ると、いずれもアギトの要素を多く受け継いでますね。
・序盤に苦戦する氷川くん⇒剣崎
・人と怪物の間で苦悩する涼⇒始や木場、剣くんなど
・機械ライダー⇒龍騎やらカブトやらイクサやら他いろいろ・・・
・料理要素⇒カブトやキバなど
・井上敏樹⇒言うまでもない
主人公としては、個人的には五代よりは翔一の方が好きですかね。
『自らの力や存在などに対し、苦悩する主人公』
これが、仮面ライダーには不可欠だと考えていますので。
真魚ちゃんに励まされて立ち上がるというのも、ヒロインが役割を果たしていて良いですし。
五代も確かに苦悩はしてますが、ストーリーの中であんまり大きく取り上げられてなかったですからね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中