youtube感想覚え書き(BFJ)


BFJ45話
あらすじ

パトロール中にたまたま出会った、心臓病の少年。
彼を助けるため、四郎と誠が長野まで心臓病の博士を迎えに行く。
だが、エゴスが彼を狙う。
BFJは彼を護衛し、途中エゴスに苦しめられながらも、無事少年の元まで送り届けるのだった。
感想
馬に乗るバトルジャパンがカッコいいです。
マリアのコスプレもよく似合っていて、そのまんま女子高生でも違和感ない外見でした。
ところで、序盤には事情を知らなかったケニアは良いとして、心臓病持ちの少年を体育の授業に参加させる学校の先生って一体・・・!?
BFJ46話
あらすじ

呪いのわら人形エゴスが出現。こいつは自分の胸に杭を打たせると、対象の人物にのろいを与える能力を持っていた。
ある日、バトルフィーバーの通信員が無言電話でノイローゼに。犯人はとある少年・井川君だった。四郎が彼を捕まえるが、彼も呪うと井川君は宣言。四郎は気にしないと言うが、ガチで彼に呪いが掛かり、苦痛で倒れてしまう。
それを呪いだ呪いだと囃し立てる井川君。その噂を聞きつけ、井川君に呪いを依頼する人々が急増。
彼を止めに入るバトルフィーバーだが、呪いが彼らを苦しめる。そして、三日後に死ぬと宣言。
井川君を責め立てる子供達だが、バトルフィーバーはそんな呪いには負けないと力強く言う。
彼を庇い友達になってやってくれと頼むが、流石に子供達も呆れて帰ってしまう。
だが、えーと通信員の妹の子・ユキちゃんが友達になってくれた。
バトルフィーバーは呪いにも負けず、邪を振りまく忌まわしき人形を消し去るのだった。
感想
怖いよ、実物大の怪人(けっこう人間っぽい)の胸に杭を打つなんて・・・!!!
・・・地味にトラウマになる回です。
人間の憎悪や嫉妬、他人を呪う醜さを揶揄したお話です。井上敏樹も虚淵玄も、目じゃないぜ!(え
友達が欲しいなら、如月弦太朗辺りを呼ぶと良いと思います・・・! まぁ彼は32年後まで登場しませんが。
呪いをかけられたにも関わらず子供達を励まし、呪いをかけた張本人にさえも優しく接するバトルフィーバーマジカッコいいです。メガレンジャーも同一の状況に陥りましたが、やはりこういうところで年齢の差と言うか、経験の差が出るのでしょうね。
あと、ユキちゃんマジ聖女。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中