youtube感想覚え書き(メガレン)


メガレン33話
あらすじ

ギャラクシーメガは、かなりの重傷だった。
その頃健太は、謎のスタイル抜群の美女・高野恵さんと出会う。デレデレしまくる健太だが、なんと月から会いに来たと言う。彼女はI-Netの隊員だった。彼女は手作りの新アイテムを持ってきてくれた。だが、どっかに落としてしまっていた。
一方、ヒネラー様はサイコネジラーなる新たな強化ねじれ獣を生み出していた。ユガンデとライオンネジラーに苦戦するメガレッド。
更に、敵の策略でメガレッドの攻撃に反応してダムが爆発してしまう。
その後、謙作さんに連れて来て貰い、バトルライザーの新たなデータを手に入れパワーアップしたメガレッド。03モードを発動し、一瞬でライオンネジレを灰にするのだった。
実は、恵さんは省吾の彼女だった。惨い展開に、大きな衝撃を受ける健太だった。
感想
デルタメガ「健太さん、私と言うものが有りながら・・・!!」(ゴゴゴ・・・)
健太さん、良い子が真似するから駆け込み乗車はやめましょうw(私もたまに、人の事言えませんが・・・)
ところでぶっ壊れたダムは大丈夫なんでしょうか?
オチは健太らしいですね。千里さんは若干妬いてるようにも見えましたが、気のせいですかな?
(あまりにも下品なので反転させていただきます⇒)恵さんすげぇ巨乳・・・(以上、反転終了)
メガレン34話
あらすじ

耕一郎は、可愛らしい弟・真二にサッカーを教えていた。
だが、最近(メガレンジャーたちの特訓に)忙しくて特訓に付き合えなかったことを指摘され、ふたり仲良くキックの練習を始める。夕焼けの中、明日も練習に付き合うと約束する耕一郎さん。
だが、タイミング悪くネジレジアが現れてしまい、オマケにヤマアラシネジラーに真二が洗脳されてしまう。
駆けつけた耕一郎は、真二の不審な行動に気付き、後をつけるも、気付かれて捕まってしまう。
ヤマアラシはサッカー少年たちを人間兵器に仕立て上げようとしてたのだ・・・
耕一郎は時計の針を利用し、335と入力し、なんとかメガブラックに変身・脱出に成功!
だが、子供達は既に暴れ始めていた。彼等を止めようとするが、子供ゆえに手を出せないメガレンジャー。
弟を弄ぶネジレ獣に激昂するメガブラック。飛び跳ね周り、ジャイアントスイングをかましてフルボッコにする。
だが、ヤマアラシは真二を人質に取る。メガブラックは一か八かの賭け、ミラクルシュートを放つ。見事にシュートは決まり、少年たちは解放されるのだった。
巨大戦はメガボイジャーで決着付きました。
その後、熱心に真二のコーチをする耕一郎さんだった。
そんな仲睦まじき兄弟を見て、あんな弟がほしかったと呟く健太でした。
感想
愛すべきバカであり秀才でもある男・耕一郎の主役回。
メガレンジャーはみんな良いキャラしてますが、中でも彼が一番いいキャラしてます。
ネタキャラとしても、真っ当なキャラとしても。
今回のネジレジアは、なかなかエグイ作戦をやりやがります。兵力入手が容易なのもありますし、子供だから人々は手を出しにくいですし、場合によっては子供達の心理面を抉る事もできるでしょう。
強いて文句を挙げるとすれば、恐らくヤマアラシネジラーと成り代わっていた?っぽいコーチの変化に、子供達が気付く場面がほしかったですかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中