メロンと森と握手(仮面ライダー鎧武感想)


今週の鎧武
あらすじ
鎧武をムッコロそうとする龍玄。だが、バロンさんに見つかり、背中から人を撃つような奴は許さん!と、返り討ちに遭う。
気がついた紘汰は、何処かの木の上に寝かされていた。
貴虎兄さんはシャワーを浴びながら、古傷の思い出を振り返っていた。かつて自分が実験台第1号になり、怪我をした思い出を。そして彼と仲良く話していた思い出を。
貴虎兄さんは当初からドライバー量産を考えていたが、博士は森の力を支配することを考えていた。
二人は最初から道を違えていたのだ。
紘汰曰く、その辺からもいだロックシードをベルトに付けると、腹が減らないそうです。割とどうでもいいです。
その時、森を彷徨っていた鳳蓮さんと出会う。彼もヘルヘイムの実を食べそうになったが、プロ根性(笑)を見せて耐える。
一方、オーバーロード達はオンドゥル語を話し、森の黒影さん達を襲っていた。その報を聞き、貴虎兄さんは出動。オーバーロードと戦う。
紘汰はオーバーロード達を説得しようとするが、戒斗と似た者同士の赤い奴は話を聞こうとしない。とはいえ、貴虎兄さんは真意を悟り、オーバーロード拘束のため共闘してくれた。
なお、プラーボは斬月を庇ってやられました。
貴虎兄さんは森の支配ができるオーバーロードとの交渉の可能性を知った。
絶望以外の可能性をもたらしてくれた紘汰に初めて名乗り、礼を言いながら握手を交わす。
そんな時、シグルドが急襲。貴虎兄さんはシグルドを留め、紘汰を行かせる。
そして、戦極博士は貴虎兄さんを冷たく見つめ・・・!
感想
紘汰が目立たないと、意外に面白い件。
昔の戦極博士は、意外に貴虎兄さんと仲良かったんですね。
しかし自分の思い通りに動かないと排除したがる辺り、博士はヤンホモの可能性があります。
あ! だからミッチと仲が良いわけですね!!
プラーボ「あなたもあの白い男(の魅力)に打ちのめされたのね!?」
ちょっと間違ってますが、何気に紘汰について核心を突いている鳳蓮さん凄いです。
魅力=強さと考えれば、意味も通る気がします。
ところで誰も試してませんが、以前に改造したロックシードでインベスを操る場面がありましたが、アレを応用してオーバーロードを操れないんでしょうか? 
ところで最初に紘汰が目立たないと面白いと書きましたが、武部作品共通の問題点として主人公に魅力が薄いことが挙げられると思います。
主人公とはメインディッシュ、サブキャラはあくまで惣菜。
メインディッシュが良くなければ、ランチが美味しくなるわけがありません。
剣⇒前半の剣崎はキャラが薄めで、明らかに橘さんと始に食われていた。もちろん中盤以降で一気に巻き返しましたが。
キバ⇒名護さんは最高です! 
オーズ⇒エージのキャラは賛否両論。アンクや伊達さん&後藤さんの方が人間らしくて好かれてる気が。
ゴーバス⇒ヒロムよりかは、リュウさんや陣さんの方がよくネタにされるし、人気も上かと。
外務⇒言うまでもなく、貴虎兄さんと戒斗さんのほうが人気。
さてさて、紘汰はこっから巻き返しができるでしょうか!?

メロンと森と握手(仮面ライダー鎧武感想)」への5件のフィードバック

  1. 仮面ライダー鎧武 第27話 「真実を知る時」

    都合の良い事実を知る時
    に変えろ今回のサブタイ。
    「真実」という言葉を使うにしてもまだ入口の段階だろう。
    しかも今作の情報の中では入口にすら至っていないものもあるじゃないか。
    そう次回でようやくだ。
    今日のスーパーヒーロータイムはどっちもサブタイトル詐欺すぎる。
    仮面ライダー鎧武 (ガイム) DX無双セイバー&メロンロックシード(2013/10/19)バンダイ商品詳細を見る

    いいね

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も今週の流れは悪く無く感じました。
    貴虎兄さんがメインだったのと一応群像劇っぽい感じで話が機能してたのが良かったのかもしれません。
    キチンとした回想シーンで戦極博士のバックボーンが描かれてたのも良かったです。一応カイトの過去も描かれてましたが、あれは触れる程度でしたし、こういうちゃんとした回想シーンって初めてですよね?
    あれがあったおかげで戦極博士が貴虎に意地悪に接する理由やドライバーの量産化に真面目に取り組まない理由が分かった気がします。
    出来ればミッチが舞に惚れてる理由や紘太がチームを辞めるきっかけになった話などもやって欲しいのですが、それは多分期待出来そうにないですね。
    まあ過去が描かれないでキャラの考えが伝わるのならそれで良いのですが、現状鎧武のキャラはイマイチ何を考えてどういう信念を持って行動してるのか分からないキャラばかりなので
    今回は台詞回しもいつもより普通で今週の脚本誰かなーと思い公式を観たらメインライターご本人で驚きました。
    今まで「この変な回誰が書いたんだ」と思い脚本家を調べたらメインライター本人で驚いた事はありましたが、逆は今回が初めてです(笑)
    テコ入れが入ったのかどうかは分かりませんが、こういうのが書けるのなら最初から書いて欲しかったです。
    カチドキ回あたりで正直見放してましたが、貴虎兄さんメインで今回みたいに話を進めてくれるのなら少しは期待出来るかもしれませんね。
    欲を言えばメインライターも交代して欲しいですが

    いいね

  3. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    >私も今週の流れは悪く無く感じました
    今回は結構そういう意見が多いようですね。
    >キチンとした回想シーンで戦極博士のバックボーンが描かれてたのも良かったです
    聞いた話ですが、博士の中の人が脚本に過去話を書いてくれと直談判なされたそうです。
    >こういうちゃんとした回想シーンって初めてですよね?
    初めてですね。個人的にはミッチと紘汰の出会いとかを描いてほしいものですが。
    >現状鎧武のキャラはどういう信念を持って行動してるのか
    >分からないキャラばかりなので
    >いつもより普通で今週の脚本誰かなーと思い公式を観たらメインライターご本人で驚きました
    私も驚きました(笑)
    >こういうのが書けるのなら最初から書いて欲しかったです。
    仰る通りです(笑)
    これでようやく本腰出してくだされば良いのですけど・・・
    >貴虎兄さんメインで今回みたいに話を進めてくれるのなら少しは期待出来るかもしれません
    もう貴虎兄さんが最後の希望です・・・w
    >欲を言えばメインライターも交代して欲しいですが
    僕もそう思います(笑) ついでにプロデューサーも交代していただきたいです(笑)

    いいね

  4. SECRET: 0
    PASS: acddcd1be50e65459940b991c4480e9a
     今回はメイン脚本家が手がけた作品にしては面白かったと思ったtamai-keiであります。
     今回は斬月さんがメインで、彼の過去や赤いボーバーロードを初見したり、鎧武と共闘したりとめまぐるしく動いていますが、話の盛り上がりはいまいちでした。何気に赤いオーバーロードより偉そうな白いオーバーロード初登場。次回、斬月さんが裏切るそうです。
    ・バロンの邪魔で鎧武をしとめ損ねる龍玄雑感
     鎧武が死なないことは予想していましたが、迷った末に殺し損ねるというオレのいやな予想が当たらなくてよかったよかった(え)
    ・お前のように強い者を背中から撃つような者が俺の敵だ!
     前回に続いてメインでも自分の考えをきちんを他人に主張できるようになったことを喜んでいる私がおりました。
     2話でもそのような言動ありましたねェ(棒読み)。
     
    >>博士の中の人が脚本に過去話を書いてくれと直談判なされたそうです。
     役者さんの直談判つきとはいえ、それなりにいい話がかけるとは。メインさんには他人(ゲスト脚本家といい、今回は役者さんといい)が必要不可欠ってことでしょうか。
    >>あ! だからミッチと仲が良いわけですね!!
     派手に吹くぜ!
     だから暗い場所での話し合いがお似合いなわけですね!!
    >>プラーボ「あなたもあの白い男(の魅力)に打ちのめされたのね!?」
    >>ちょっと間違ってますが、何気に紘汰について核心を突いている鳳蓮さん凄いです。
     前々回での彼のグリドンに対しての人生相談に乗ってあげてる態度を思い出しました。
    ・木から落ちる鎧武人間体雑感
     8話でのバイク乗って異世界突入の際に運悪く上空から落下したことを思い出したオレはゲスト脚本に対してよほど入れ込んでいるかもしれません。
     ちゃんと木の蔓や枝で隠してくれてるバロンさんに吹きました。
    ・ロックシードをベルトに着けると腹が減らない事を実感する鎧武雑感。
     それゆえそのベルトを斬月さんは量産命令を出すんですがね。
    ・赤いオーバーロード対斬月雑感
     幾度となく鎧武を退けた斬月さんが苦戦するとは思いませんでした。よく考えると強い部類に入るマリカさんも苦戦してましたな。
     こう考えるとバロンの強さがよくわかりました。
    ・奴を戦意喪失させてからにしろ!
     そのアドバイス、バロンさんが言ったことと一緒なんですけどね。
     前々回(ゲスト脚本回)でのこと、あっさり忘れちゃだめでしょ。
    ・赤いオーバーロードを探す斬月と鎧武雑感
     鎧武は探索専用のジンバピーチになってください。
    >>ところで最初に紘汰が目立たないと面白いと書きましたが、武部作品共通の問題点として主人公に魅力が薄いことが挙げられると思います。
     言 わ れ て み れ ば !

    いいね

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >  今回はメイン脚本家が手がけた作品にしては面白かったと思ったtamai-keiであります。
    私もこれには同意いたします。
    >話の盛り上がりはいまいちでした。
    対立してた意味が薄いですからね・・・
    >次回、斬月さんが裏切るそうです。
    来週記事に、あの言葉を使うしかないですね・・・
    >迷った末に殺し損ねるというオレのいやな予想が当たらなくてよかったよかった(え)
    それはそれで見たかったです(え
    >自分の考えをきちんを他人に主張できるようになったことを喜んでいる私がおりました
    >2話でもそのような言動ありましたねェ(棒読み)。
    まっとうなライバルキャラとして描写するならいいんですけどねぇ・・・
    >メインさんには他人(ゲスト脚本家といい、今回は役者さんといい)が必要不可欠ってことでしょうか
    >
    >>あ! だからミッチと仲が良いわけですね!!
    >派手に吹くぜ!
    吹いていただき、ありがとうございます!
    >前々回での彼のグリドンに対しての人生相談に乗ってあげてる態度を思い出しました。
    この人割と良い所ありますからね、ダメなところも多いですけど・・・
    >ちゃんと木の蔓や枝で隠してくれてるバロンさんに吹きました。
    そのシーンを妄想すると、ちょっと萌えますv
    > ・ロックシードをベルトに着けると腹が減らない事を実感する鎧武雑感。
    >それゆえそのベルトを斬月さんは量産命令を出すんですがね。
    世界の食糧問題も解決ですね。
    > ・奴を戦意喪失させてからにしろ!
    >  そのアドバイス、バロンさんが言ったことと一緒なんですけどね。
    >  前々回(ゲスト脚本回)でのこと、あっさり忘れちゃだめでしょ。
    ・・・ノーコメントでw
    >鎧武は探索専用のジンバピーチになってください。
    考えてみるとピーチの存在意義って微妙な気が・・・
    > 言 わ れ て み れ ば !
    全部名護さんが最高すぎるのがいけないんです! 名護さんみたいな最高な人がいるせいです!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中