仮面ライダークウガを見てみた(31~35話)


*34、35話は神回認定ですので、あらすじを詳しく描写いたします。
ネタバレ注意!!
クウガ31話


クウガの力が強すぎて街に被害が及び、マスゴミに批判される話。
とか思ったら、また回想回。 なんか新しい装備が開発されたらしいです。
振り返ってみると、死にかけたり何だりと、色々ありましたね五代さん・・・。
まぁ街が吹っ飛ばされたんですから、批判されるのも無理はないです・・・。
って言うか、特撮では禁じ文句の「ヒーローが戦いの中で、街を巻き込んで破壊している」という点に突っ込んでると言う凄い事をやってます。

クウガ32話


一条さんとクウガを嫌う上層部との対立、ビートチェイサーを入手するための苦労話。
その際、五代とクウガを支持する警察関係者と素面で出会う。
バイクでひき逃げ殺害ってのが、怖い物です。
四号(クウガ)を庇う一条さんが上司と対立しています。
まぁ街に被害が出てしまいましたし、上層部が怒るのも仕方ないかと。
クウガ33話


警察上層部と一条さん達の対立編(後編)。あと、昔五代が助けた警官と仲良くなる話。
ぶっちゃけなんか微妙です・・・。上層部と一条さんの対立のドラマに五代本人が絡んでないのがその原因でしょうか?
ちゅーか! 上層部との対立が、モロ帰ってきたウルトラマンのMATまんまじゃないですかー!
そして、脚本「荒川+井上」という・・・。絶対荒川さん狙っただろw
MATは解散だ!!

なんだかんだで理解を示し、手を回してくれる刑事部長良い人。

クウガ34話「戦慄」
あらすじ


緑川学園の生徒が大量死する事件が発生する。一条さんは調査を開始する。
一方、桜子さんは、長野の惨殺事件について調査に赴く。
椿さんは遺体を解剖する。その結果、脳から針のような狂気的な凶器を発見する。彼は潜伏期間を通じ、この凶器が発動して生徒たちを殺したのではないかと推測する。
その頃、五代雄介はみのりのいるわかば保育園に遊びに行く。そこには喧嘩ばかりしている子だった。彼等から五代は話を聞き、仲直りするよう促す。どうやら積み木の組み立て方で喧嘩したとか。五代は、少年にちゃんと気持ちを伝えるよう諭し、去って行く。
一条さん達は、緑川学園の学生が自殺した報を受け、謎の青年(グロンギ)に出会ってない唯一の少年の元へと向かう。
少年は箱根の別荘へ避難していた。彼の家族は、謎の無言電話やストーカーの姿に苦しめられていた。銃を放って対抗するも、父親がグロンギに襲われる。
ジャラジは少年を殺そうとするが、幸いにもクウガが駆けつけて事なきを得る。クウガはジャラジを追いかけ、ドラゴンフォームで対抗。(※ここ以前は、ライジングドラゴンと間違えてました。ごめんなさい・・・)
感想


・・・最初の死に怯える学生からして、無茶苦茶怖い件(震)
葬式で怯える少年も怖すぎます・・・! 何もかもが怖すぎです・・・!!
クウガは、2話のこういった死に対してリアルな描写が素晴らしいと思います。グロンギの凶悪性、怯える家族の描写が強調されます。

クウガ35話

あらすじ


なんとかジャラジを、一時的に退けたクウガ。
桜子さんは、未確認生命体同士がお互いに競い合って殺人を行なっている事を知る。そして、第0号の存在を知り・・・。
その後、桜子さんは惨殺死体のいる現場へ向かう。そこは血みどろの場所で、クウガのマークがあり・・・!
その頃、前回喧嘩した園児たちを仲直りさせようと、みのり先生は、「ちゃんと嫌な事は嫌と言ってあげないと」と諭す。
喧嘩した園児たちの事に悩む彼女に、「人間同士なんだから絶対分かり合える」と伝える・・・。
前回グロンギに狙われた少年は、病院で怯え喚く。そんな彼を「殺させない」と、強く励ます五代。自分たちを苦しめて楽しむグロンギが、グロンギの愉しそうな目が怖いと言う少年に、五代は・・・。
テレビで放映されるグロンギの犠牲者達の写真。彼等を見て、五代は静かに拳を握り締め、解く・・・。一条さんに何もできなかった自分が悔しいと、心の内を吐露する。一条さんは割とクールに考えていたが、五代は・・・。
その後、グロンギが病院に出現。警察官をあざ笑うかのように神出鬼没の怪物は、少年の寝室へと向かう。寸での所でクウガが助けに入る。
クウガは怒りのまま、ジャラジを殴り付ける。ゴウラムを呼び出し、ビートゴウラムで長距離を引きずりまわす。抵抗するジャラジの剣もライジングタイタンには無意味だった。
クウガの脳裏には犠牲者達の顔が浮かぶ。ライジングタイタンは剣を怪物に振り下ろす。
だが、その時、脳裏に黒いクウガの像が浮かぶ・・・。それは、力に溺れた己が末路に見えた五代は・・・。
同じ頃、喧嘩した園児は、胸中をしっかり伝え、仲直りをするのだった・・・。
駆けつけた一条さん達に対し、静かに振り向く五代。はたしてその胸中は・・・?
感想


2話に続く神回来ました!!
少年の怯えっぷりも、指を鳴らしながら近づくジャラジも、何もかもが恐ろしい回です・・・。
今回の園児の喧嘩は、かなり意味のある描写ですよね。
これは、「人間同士分かり合えた者」「同じ言葉を話せる者でありながら分かり合えぬクウガとグロンギ」の対比になってるわけです。
五代は此処で、自分は園児に分かり合えるよう諭したにも関わらず、自身はグロンギを倒すしかなかった矛盾に苦しむことになるわけです。
実をいうと、ここで園児たちが喧嘩したままで終わると、五代にとっては救いがないんですよね。
だから、彼等は仲直りしないと、五代にとってハッピーエンドではないわけです。
もっとも、私個人の意見を申し上げますと、相手が人々を殺した上に話し合いの余地もない凶悪な怪物である以上、それを容赦なく倒すのは問題ないようにも思えますが、五代にはそこまで割り切れないんでしょうね。
しかし、だからこそ彼は「仮面ライダー」として成立できるのでしょう。

仮面ライダークウガを見てみた(31~35話)」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: dbc8748f2d9564d3fe52711456ed3e60
    34話にライジングドラゴンは出てませんよ(そもそもライドラは2回しか出てない)

    いいね

  2. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    >34話にライジングドラゴンは出てませんよ(そもそもライドラは2回しか出てない)
    調べてみたらドラゴンだったんですね。
    申し訳ありません。記事の方も修正させていただきます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中