仮面ライダークウガを見てみた(36~40話)


36話


グロンギの血文字を解読し、ゼロ号に迫る話。
五代があんまし前回の事を気にしてなさそうで気にしてるようにも見える件。
おやっさんは、しっかり五代の変化に気付いているんですね。さすが。
みのり曰く、五代は早くまた冒険したいらしいです。
こういう五代の苦悩を、もっとしっかり書いてほしいものです。
五代の特技・折り紙が披露されます。 ここで外人があげたプレゼントが生きてくるんですね。これは上手い。
37話


強酸持ちのグロンギの被害を少なくするため、色々奔走する回。そして、薔薇のタトゥーの女が・・・!
ちょっと間延びしてきました。
さゆりくんを心配する外人が良い人です。
38話


一条さんが怪我する話。そして生物兵器になるのではないかと、彼が五代を心配する話。
クウガマニアの、変な刑事が出てきます。一条さんがいないと、結構みんなバタバタしてますね。
39話


帰ってきた一条さん。そして無駄に強いゴオマが出てくる回。
ゴオマが強かったから、龍騎や555で、同じコウモリモチーフのナイトやバットオルフェノクが主役や強キャラとして優遇されたんでしょうか?
強酸をまき散らす敵の恐ろしさがよく分かる回。エイリアンってだから怖いんですよねー。
身体自体は強い威力の銃で殺せるレベルですが、あの血が厄介八戒なんですよね。
なんか例の神埼先生が現れました。
そういえばゴオマは超音波使ってるって前にもありましたよね。
過去の経験が生かされています。
血まみれになって落ちてくる人が怖い・・・(震
40話


ナナちゃんのオーディションの話。あと、クウガがゼロ号のような怪物になる危険について触れる話。
なんかぶっ殺したい(誇張)とか物騒な事言いだしましたナナちゃん。
今回、ようやくジャラジの件に触れました。五代がようやく、自身の心の奥底を吐露しました。
クウガの問題点として、五代の苦悩が分かりづらいんですよね。
無理してるのは分からなくもないんですが、一人どこか誰も見えぬ場所で苦悩してるシーンを入れても良かったと思います。
おやっさんの心遣いが素敵です。あと、榎田さんはすっぴんの方がかわいい件。
榎田さんが城南大学だったと判明。
本郷先生って、もしかしてあの本郷猛さんっすか・・・!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中