柴田宏明プロデューサー問題点まとめ⑥勧善懲悪を描こうとしない


柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第六章です。
⑥勧善懲悪を描こうとしない
前章④、⑤にて執筆いたしましたことが、ここに集約されます。
確かに、多様な視点から物事を見る姿勢は大事でしょう。しかし、プリキュアの年齢層はあくまでも幼い子供達であることを忘れてはなりません。それはもう少し成長してから教えればいいだけのこと。
さらに、子供のうちからしっかりした倫理観を教え込むことは重要なことでしょう。
確かにプリキュアシリーズは大きなお友達が視聴層に含まれます。とはいえ、子供達にとっては真っ当な勧善懲悪を描いた方が教育上適切かと思われます。
良い事は良い、悪い事は悪い。
これをしっかり描かないようでは、到底子供番組を制作する資格などありません。
なお、こうした場合に引き合いに出される龍騎と555は、確かに『勧善懲悪』とは断言しづらい構造の作品でした。しかし、
「どんな理由や願いがあっても、他者に暴力をふるったり、人を殺めてはいけない」
と、『懲悪』は徹底して描いていました。(作中において、これに反した人々はほぼ例外なく報いを受けています)
真司と巧はいずれもこのテーマにしっかりと従った主人公でした。
だからこそ戦いを最後まで躊躇したり、「戦うこと(≒人を守るためオルフェノクとなった人間を倒すこと)が罪だというのなら、俺が(その罪を)背負ってやる!」の名言も残しました。
よって、これら二作は十分(orギリギリ?)子供に教訓を与えていますし、目を向けていると言えるでしょう。

広告

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ⑥勧善懲悪を描こうとしない」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ここで合っているかわからないんですけどドキでは敵の無意味な生存がありましたよね。
    リーヴァとグーラを消したはずのベールが生きてどこかへ逃げていくとかわけがわかりませんでした。
    マナに行動の原理を求めるのは無駄ですが(ドキのアンチスレでは名誉欲とかだそうです)せめてベールは倒されるべきだったのではないでしょうか?
    ベールこそがプロトジコチューの本体で王様に憑りつかせていたパワーを戻して決戦を行うとか出来たと思います。

    いいね

  2. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    >ドキでは敵の無意味な生存がありましたよね。
    ホント、無意味としか言いようがございませんでしたね。
    >リーヴァとグーラを消したはずのベールが生きて
    >どこかへ逃げていくとかわけがわかりませんでした。
    因果応報は最低限描くべきですよね。
    >せめてベールは倒されるべきだったのではないでしょうか?
    仰る通りです。
    人殺しが反省もせず逃げ延びるのは、さすがにどうかと思いますよね。

    いいね

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やっぱり最終的にはジコチューのトップになったベールとの決戦が見たかったですね。
    ぽっと出の敵に説教を垂れても重みなんてありませんよ。
    確か、仮面ライダーオーズでも同じ様な事ががありましたよね。
    メズールとガメルの復活は何だったんだろうと思います。
    ガメルはメズールと一緒にいれば欲望が満たされていたように見えます。
    なので、復活したのなら生存してほしかったですね。
    まあ、カザリみたいな姑息に立ち回っておいしい所を全て持って行くキャラが嫌いなのもありますが。

    いいね

  4. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    >やっぱり最終的にはジコチューのトップになったベールとの決戦が見たかったですね。
    >ぽっと出の敵に説教を垂れても重みなんてありませんよ
    そうですね。アレは唐突すぎて同反応していいやら・・・
    >確か、仮面ライダーオーズでも同じ様な事ががありましたよね。
    オーズは未見なので。すみません・・・。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中