youtube感想覚え書き(デンジマン)


デンジマン35話
あらすじ

公園で編み物をしていたあきらは「古代織り」の家元・戸川六助から家元を継ぐよう勧誘されるが断ってしまう。­
青梅さんが助けに来て、その辺の婆さんを使ってあきらを助ける、
戸川さんは、なぜか家に居た岡道子という美しい女性を弟子に取る。
だが、彼女はベーダー怪物・ドクガラーが化けていた。そして街にはベーダー織なる人間の生命力を吸い取る服が暴れ回る。
あきらはベーダー織のデザインは戸川さんの織物と似てることに気付く。
青梅さん達は事情を問いただすが、信じようとしない。道子さんの悪口を言うものは許さんと石を投げて逃げ出す。
デンジスコープを使って探り出すが、家の中はバリアーが仕掛けられていて見えない。青梅が家の中に潜入するが、鉄砲で撃たれて逃げ出す。
その後道子は戸川をだまし、暫く襖を閉めたままにしてくれ、そして青梅達を遠ざけてくれるよう頼む。彼は織物を街の問屋に収めに行くとだまし、青梅とあきらに石入りの荷物を運ばせる。そして青梅達は罠にかかり吊るされてしまう。
そして戸川はふすまを開けてしまう。その中には醜い怪物がいた。ようやく騙されていたことを悟る戸川。
そして毒蛾を打ち破るデンジマン達。
あきらは、最後に戸川へ戦いが終わったら戻ってくると約束し、山里へ別れを告げるのだった・・。
感想
滅びゆく日本の伝統文化を嘆いた回。なんか悲しいですね・・・。
基本的には「鶴の恩返し」から発想を得たストーリーですね。ところどころ違ったところもありますが。
機織が折れてしまい破けて慌てるヘドリアン女王様萌え。
ちゅーか、サイズを教えていなかったんですか!?
B/W/H いずれも98㎝だそうです。
そしてドクガラーの胸を触って謝る青梅さん萌えw
デンジマン36話
あらすじ

ヘドラー将軍は、地層に埋まっていた汚染物質の塊を探すため、鼻のきくベーダー怪物・ノラネコラーを呼び出す。
その頃、野良犬を見つけた子供達。悪がきにいじめられていたその犬を保護した黄山さん。ゆみ子の家でも飼えないと言うので、黄山さんはゴローと名付け、廃工場で飼ってやることに。
一方、アイシーはゴローに朝ごはんを取られて拗ねていた。だが、そのゴローはなぜか工場にいなかった。ダストラー(雑魚兵)の足跡を見つけ、隠れていたゴローを発見。だが、隙を付かれて重傷を負い、人質にされてしまう。
そしてお料理教室にも出ない黄山さんを案じ、赤城さん達が彼を探しに出掛ける。ゆみ子は無責任に見えた黄山さんに起こる。おまけにゴローはゆみ子といるところを母親に見つかり、棄てられてしまう。
そして彼女から事情を聴いた青梅達は工場へ行く。だが、工場は罠だらけだった。黄山さんとゴローの真意を知り、泣きながら一人と一匹を探しに行く。
その後、黄山さんのもとにゴローさんが。彼は犬と共にどこかへ連れ去られてしまう。黄山さんはゴローをいったん逃がす。
傷ついた体を引きずり、ゴローはゆみ子を探しに行く。涙の再会を果たすひん死のゴロー。彼が潮の匂いがすることから黄山は海にいると判明。
濃縮ヘドロガス爆弾を仕掛けられた黄山さんは絶体絶命の危機に。そこに、デンジマンたちが救援にやって来た。
海岸の岩場で戦うデンジマン達。いつものように無双&巨大戦し、ノラネコラーを粉砕する。
その後、ゴローはたくましく復活し、元気になりましたとさ。
感想
お料理教室の黄山先生・・・。
ゴローかわぇぇ・・・!! 最後も生きてて良かったです。
ただ、その後住むとこはどうしたのか謎です・・・・。
おいおい、廃工場勝手に使うなよ黄山さん・・・(汗  くらいは特にツッコミ所はありませんでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中