仮面ライダー鎧武総括


仮面ライダー鎧武総括


鎧武をオススメする人
・エロゲばっかりやってる人
・虚淵玄の作風が好きな人
・深夜アニメばっかり見てる人
・中二病な人
・その場のノリに合わせられる人
・ニトロプラスの作風が好きな人
・ノリ重視な人
・井上敏樹(?)
・正義の味方が嫌いな人
・仮面ライダーが嫌いな人
・特撮ヒーロー物が嫌いな人

鎧武をオススメしない人
・上記の条件に何一つ該当しない人
・仮面ライダーを真っ当に愛している人
・まっとうな特撮番組をみたい人
・所謂「正義の味方」が好きな人
・深夜アニメが嫌いな人
・虚淵玄が嫌いな人
・ニトロプラスが嫌いな人
・井上敏樹のファン(?)
・高遠るい
・武富健治
・千葉市市長


良かった点
・トッキュウコラボ回とキカイダーコラボ回
まっとうなヒーローがまっとうに協力して悪と戦う、まっとうな企画でした。
特にキカイダー回は人情噺で泣けましたよ・・・
・ザック
最初こそクズでしたが、その後はちゃんと街や仲間を守るため戦う意思は一貫していました。
彼こそこの作品の真のヒーローだったと言えるでしょう。
・戦極博士
彼は気の狂ったマッドサイエンティストの役をしっかりこなしていたと思います。
これも青木さんの怪演があったからでしょう。
個人的にプリキュアの妖精と楽しく遊ぶ(医学的な意味で)SSはお気に入りです(笑)
・デュデュオンシュ
裏切りや策謀やキチガイや無気力の渦巻くオーバーロード達の中で、唯一の清涼剤が彼でした。
仲間の死に憤り、仇を取ろうとする男らしさ。
最期がガードベントにされたのも悲しくて素晴らしい。王蛇思い出しましたよw
・デザイン
いつもの武部作品よろしく、デザインは良逸でした。果実という難しいモチーフを上手に取り入れられたデザインだったと思います。
また、怪人のデザインも秀逸でしたね。
・役者のアクション
佃井さん、佐野さんの時折見せる華麗なアクションはカッコよかったです。
アクションだけをまとめてDVDにしたら売れそうですよねw


悪かった点(上以外全部に決まってんじゃんwww)

・不快な主人公
正直、ライダーどころか特撮史上最も最低な主人公だったと思います。
涼村暁が聖人に見えるレベルで酷かったです。

・インベスゲームが危険と分かったのに、その後も止めるどころかノリノリでゲームに参加
・知り合いを危険人物の囮にする
・しかもそのことを謝らないし、被害者(初瀬)はそれが発端となってその後死ぬ
・(街崩壊後も残ってくれた)阪東さんが作ってくれたカレーを無神経にも残す
・大罪(殺人)を犯した(※当時の認識)ミッチを簡単に許すなど、やたら身内に甘い
・阪東さんにツケを貯めまくる
・祐也はともかく初瀬の死を忘れたかのような言動
・インベスと森を移住させたのはいいが、何故か自分達まで移住し、責任から逃げ出す
・特に殺す必然性もないのに戒斗をムッコロした

・・・こんな主人公、どう好きになれと?
正直無理でした。意図的にやってるのだとしても、子供番組でそれをやる意図が理解できません。
・不快な登場人物
残念ながら、ライダーは(改心後の)ザックと戦極博士以外好きになれる人が全くおりませんでした。
戒斗はツンデレなのかくちだけ君なのか基地外なのかよくわかんなかったですし。どうもってきたいのか、方向性が分かりませんでした。(ただし春映画の戒斗さんは好き)
ミッチはクズ過ぎてもう無理です。そもそもなんで舞が好きなのかも、紘汰をしたってたのかも、全然描かれてないから共感さえできない。
貴虎兄さんは比較的マシでしたが、中二病台詞とか諦観で動く辺りが気に入りません。
シドは大人という言葉を盾にして逃げるクズで死に様も悪役として情けなさすぎる。
湊さんは美人ですけど、実質タダのコウモリ女。生身アクションは評価してますけど。
城乃内と鳳蓮さんは改心以降はそこまで嫌いじゃないですけど、その過程がちっとも描かれてないから好きにはなれません。(まぁザックも然りですが)
初瀬ちゃんは中の人はブレイドが好きだから、中の人『は』好きです。ぶっちゃけ初瀬ちゃんにはかわいそう以外の感情が浮かんできません。黒影トルーパーも同上。
ライダー以外でも、おんなじです。
舞さんは脚本家曰くツンデレらしいですが、男(紘汰)を甘やかしてダメにする女というのが私の印象です。
阪東さんはゴローちゃん補正があったから一応見れましたが、別に好きじゃないです(嫌いでもないです)
ペコは「なにお前、急に善人ヅラしてんの?」って感じでしたし(まぁザックも然りですが)。
ただ、チャッキーリカラット晶さんジロー辺りはマトモでしたね。
・不快な脚本(家)
本編を見る限り、ただただ虚淵氏はヒーローを馬鹿にしたいのだと言う意図しか感じられませんでした。
無能で流されるだけの主人公、何故か肯定される悪役、意味不明な言動をするサブキャラなど。
そもそも、ロシュォの件とか序盤の貴虎襲撃とか、普通に話し合えば分かることにもかかわらず、なぜ自ら状況を悪化させる言動に走るのか理解できませんでした。
あと、露骨なウィザードDisはどうにかなんなかったのかと。

しかし、噂で聞く発言を聞く限り、虚淵氏は役者を何だと思ってるのでしょうか?
井上敏樹やきだつよしみたいに役者と綿密な話し合いをしてるようにも見えませんし、身勝手な脚本を前半は通させましたし。
役者も脚本も一丸となって協力し合い、支えあって作るのが特撮番組だと思ってましたが、どうやら違うようですね。彼にとっては。
・不快なセリフ回し
「希望病原菌」発言のような前作を露骨に馬鹿にしたセリフと言い、
「大人がどうの~」と言うセリフと言い、よくもまぁここまで人を不快にするセリフが頻発するものかと。
・食事シーン
終盤で姉の手料理が食べられなくなったことを嘆く紘汰。
このシーン自体は良いですし、実際食べるシーンもあったのですが、それにしてもいかんせん少なすぎでした。
終盤の展開に持っていくなら、序盤で姉との食事シーンをもっと入れるべきでした。
と言うか、この作品って食事シーンに工夫がないんですよ。
カブトみたいに毎週美味そうな朝飯を見せるわけでもない。
マベちゃんやライトみたいに、美味しそうにメシを食べるわけでもない。
555みたいに雰囲気を象徴する演出としても機能していない。
食事関連でよかったのはよりによってキカイダー回の料理する場面くらいしか思い浮かばないです。他にあったら誰か教えてください。
加えて、ヘルヘイムの実の不味そうな描写。
アレを食べるシーンもすごく品がなくて食欲をなくしますし、色自体が気持ち悪いンですよね。
逆に言えば森の不気味さを演出することは成功してたんですが、日曜の朝に朝食を食べる気をなくす物を放映し続けたのは、いかがなものかと思われます。
・マナーの悪いファンとアンチ
当ブログにも、時たま突撃してくる信者がいらっしゃいました。
それどころか批判意見を見れば即削除、批判はダメみたいな空気を作って一切許さない。
鎧武に肯定的な掲示板はだいたいこんな感じだったと思います。
もっとも、鎧武アンチもアンチで売り言葉に買い言葉と、大概でしたけどね。
これは私自身にも言えることであり、此処で改めまして戒めとして申し上げます。

・怪人の扱いが悪い
ライダーといえば怪人。
しかし、この作品で怪人の存在意義とはなんだったのでしょうか?
オーバーロードも場を引っ掻き回しただけで、ロシュオが果実を舞に埋め込む以外は殆ど意味がなかったです。
デェムシュなんてただちょっと強いだけ(カチドキで十分倒せそうなレベル)の怪人ですし。
龍騎でも確かに怪人(ミラーモンスター)は脇役気味でしたが、EPISODE FINALのラストやテレビ版終盤などのように、一貫して人類に対する脅威として描かれてました。また、エネルギーを与えるルールのため、倒す必然性もありました。そもそも契約モンスターはライダーに力を与える重要な存在でした。
一方、インベスやオーバーロードはいかがでしょう?
インベスはロックシードさえあれば基本は言うこと聞きますし(間違ってたらごめんなさい)。
オーバーロードもレデュエデェムシュ以外は話し合えば分かり合えそうな雰囲気があります。正直脅威度は低く感ぜられました。
後述しますが、「怪人になる恐怖」はあっても、実際の「怪人の脅威」が描かれてない分説得力不足でした。

・インベス化の恐怖(森の恐怖)演出が足りない

確かにインベス化し、人としての体と心を失うのは、「恐怖」の一つとして描かれました。
しかし、作中で明確にインベス化した名有りの登場人物は、祐也と初瀬を除くと戒斗さんだけ。
しかも戒斗さんは特別な存在になって、意思も失いませんでした。
これではインベス化の「恐怖」演出が足りません。
晶さんやラットなど、実を食ってインベス化する人をもっと出した方が良かったと思います。
子供が怖がるという言い訳は受け付けません。
その子供が怖がる演出(鏡の中に引きずり込まれる、灰になる)を龍騎や555は最期までやりました。
二期平成ライダーでさえ、氷漬けにされた人がバラバラに砕け散ったり、実姉を殺す場面があったり、サイコパスの大量殺人描写があったりします。
最期人間の姿をした怪物が塵になる映像は、ウィザードでも流れました。
現実に存在しないインベス化くらい、放送倫理的にも充分可能でしょうに。
ただし、これは必ずしも脚本家だけの責任ではないかもしれません。
自重した可能性もありますし、映像スタッフの工夫の無さが原因かもしれません。
・最大の問題(サガラ)が置き去りになっている
結局、これは何も解決してないんですよね。今後、新たな危険を巻き起こす可能性があるにも関わらず。
アギトや剣も、根本的には神や統制者を倒せませんでしたが、決して元凶の被害を放置するという事はしませんでした。
アギトは、氷川さんと芦原さんと翔一が人の力を見せつけて神に抗議。
剣は、剣崎がアンデッド化し運命と戦い続けることで対処。
そもそも石ノ森章太郎先生の原作「幻魔大戦」「サイボーグ009」を見ればわかりますが、
石ノ森ヒーローというのは誰であれ、
「たとえ勝てるかどうかわからない強大なる『神』でも、人々を苦しめる理不尽な存在に敢然と立ち向かう者」

という定義があるように思われます。
アギトも龍騎もブレイドもディケイド(此方はちょっと事情が異なりますが)も、いずれも理不尽な存在に立ち向かっていたと思います。
総評下の下、以下ですね
下の下、以下ですね。

特撮史上最低最悪の作品でした。
これに匹敵するのは「ぶきみくん」か「実写版デビルマン」くらいのものでしょう。
それにしてもクウガ~555の、平成ライダー初期を勘違いした人間の多いことには呆れましたよ。
「欝展開」「ライダーバトル」「シリアスな人間ドラマ」

こればかりがこれらの作品の味だと思ってらっしゃる方の多いことやら・・・。
違うでしょ。それだけだったら、そのへんの昼ドラでもできます。
仮面ライダーでやる必要なんてない。
クウガ・アギト・龍騎・555の、この四作の本当の魅力はこれじゃない。
それは、
「理不尽な世界や状況に陥っても、
人として大事なもの、心の強さや優しさを捨てなかった者達の、美しさや哀しさ、儚さや切なさ」
でしょう。
理不尽な殺人によって涙を流す人を見たくないから戦うと決意した五代雄介、
悩みつつも人のためアギトのため戦い続けた主夫の翔一くん、
苦悩し続けるも死ぬまで人を守るため戦い続けた真司、
誰かを死なせないために、迷いを振り切り同族殺しの罪を背負い続けることを誓った巧。

誰も彼もが美しかったです。
この点を理解してない馬鹿が増えたから、鎧武みたいな駄作以下の作品ができたわけですよ。
あと、公然と公の場で鎧武を批判した
高遠るい氏(本人のブログで)、武富健治氏(仮面ライダーEX02で)、千葉市市長(Twitterで。厳密には批判したわけじゃありませんが)

この三氏にはこの場をお借りして敬意を評したいと思います。
最後に一言。
武部直美と虚淵玄は二度と特撮に戻ってくんな!!
この特撮を、仮面ライダーを穢した馬鹿どもが!!

薔薇社長的な仮面ライダー鎧武の評価


・デザイン:上の上ですね。果実を取り入れた武者デザインは見事でした。
・主人公:下の下以下ですね。こんな奴が、ドライブやウィザードのとなりにいるだけで腹たちます。
・その他のキャラクター:下の下以下ですね。ザック以外好きになれる人物が一人もいませんでした。
・アクション:中の中でしたね。泥臭いアクションがなく、辟易しました。佃井さんや佐野さんの生身アクションが良かったです。
・脚本:下の下以下ですね。不快なセリフ回し、行き当たりばったりのグダグダ脚本。
評価する価値もありません。
・総評:下の下、以下ですね!



ベスト5
1.トッキュウコラボ回)
2.30話(キカイダーコラボ回。紘汰さんの優しさが泣けます)
3.33話(デュデュオンシュがガードベントされた回)
4.最終回(遅すぎる城乃内の覚醒)
5.17話(ビートライダーズ和解の話。ナックルとバロンが良かった)
ワースト5
1.46話(元凶放置、現実から逃げる紘汰達など・・・)
2.11話(初瀬を囮にして酷い目に合わせるという最低な行為をやらかした紘汰)
3.35話(ミッチの希望病原菌発言)
4.23話(カチドキならぬ、カチコミアームズ)
5.33話(無双シーンがつまらない、唐突なグリドン達の改心が意味不明)
その他オススメ回
・45話(の戦闘シーン)
・32話

広告

仮面ライダー鎧武総括」への45件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    また虚淵さんに特撮を作ってほしいな。理解できないアンチは無視してもいいからさ。

    いいね

  2. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    >また虚淵さんに特撮を作ってほしいな。
    >理解できないアンチは無視してもいいからさ。
    仮に今度作ることがあったとしても、おそらくは深夜特撮になるでしょうね。

    いいね

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    鎧武、自分は素晴らしい作品だと思いました。正直ストーリーとしてはここ数年の中では一番面白かったです。

    いいね

  4. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    >鎧武、自分は素晴らしい作品だと思いました。
    >正直ストーリーとしてはここ数年の中では一番面白かったです。
    そうですか、それはなによりです。
    楽しむに越したことはございませんからね。

    いいね

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    僕がこの一年間感じたことがそのまま書いてあるとは・・・
    とにかく一年間お疲れ様ですぴーすけさん。
    デザインとアクションそして役者さんの演技には僕も評価しております、もしこれらが全て駄目でしたら実写デビルマンを遥かに下回ってました
    >・不快な主人公
    僕の中ではライダー界のミストさんと呼んでおりますw(元ネタが分からなかったらごめんなさい)
    >・不快な登場人物
    悪役でさえ美点が乏しく汚点ばかりなのも泣けてきます。
    チャッキーたちに関しては不快ではないんですがほぼモブのような扱いに感じました
    >・不快な脚本(家)
    今作で虚淵に関しては脚本家の中でも断トツに嫌いな人物になりました。
    てか井上さんとの対談でアニメのやり方云々言ってたけどお前がやってたの[太字]深夜の1、2クールだけじゃん[/太字]深夜以外ので1話でもやったことあんのかよと言いたくなりました、井上さんだってジャンプ原作の結構やったのに・・・
    ついでに言いますと虚淵って他の人と連携とることもできてなさそうなのも問題なんですよね、それは武部にも言えることですが
    >・不快なセリフ回し
    不快なセリフばかりで名言と呼べるのがほとんど無かったですね。
    更に言いますとセリフ回しも稚拙なものばかりでした(病院へ行こうとか)
    >・食事シーン
    飯残すのも酷かったですよね。TVを見てる子供のことも考慮してください
    >・マナーの悪いファンとアンチ
    作品外ですがトップクラスの問題点だと思います。
    信者はとにかく批判意見に噛み付くしアンチもアンチで調子に乗って不快な発言をしますし。
    というか信者とアンチの対立がやばい作品って大抵問題作だと思うんですよ。
    かの有名な種死も鎧武と似たような状況でしたし。
    >・インベス化の恐怖(森の恐怖)演出が足りない
    劇中では祐也と初瀬ぐらいしかいなかったですしね
    >・最大の問題(サガラ)が置き去りになっている
    作品内ではここが一番酷かったと思います。
    勝てないから放置ってそれ[太字]ヒーロー番組の主人公のすることじゃねえから。[/太字]
    虚淵の醜悪な思想が透けて見える感じでした・・・
    結論としましては虚武は特撮はおろか創作に二度と関わるな、やるんならチラシの裏でやれ。
    ホント腹が立つ一年でした。
    ドライブは楽しく見れると良いですね。

    いいね

  6. SECRET: 0
    PASS: c5e20422d6e96077e5de926d1042bc47
    とてもボロクソな評価になるかと覚悟していましたが、意外とマイルドな表現で少し安心しました。この季節は信者とアンチのぶつかり合いが激しくなりそうなので、ぴーすけさんも気を付けてください。
    取り敢えず、この作品の真の主人公はザックですかね。誰かザック主役のスピンオフとか作ってくれないかしら(脚本は毛利さんあたりで)
    「不快な主人公」とありますが、ある意味紘汰さんは虚淵脚本の被害者ですよね。もし彼にもライトのような裏表のない仲間がいたら、こんな目には遭わなかったのかも…と思います。
    最終回の方のコメントでも書きましたが、改めてお疲れ様でした。次回からのドライブが楽しいものになることを祈る他ありません。

    いいね

  7. SECRET: 0
    PASS: 9b7f801c127998949a60fb653892b33f
    いいたくありませんが↑の無題の馬鹿どもはなんなんでしょうね・・・
    書くんならお仲間(信者)の巣窟かチラシの裏でやれと言いたくなります。
    私も人のこと言えませんがこいつらがいるから余計に腹立つんですよ

    いいね

  8. SECRET: 0
    PASS: e329b5d807977cbdd40d2dd925fcd985
    >鎧武をオススメする人
    >・エロゲばっかりやってる人
    私もエロゲーマーですが、そ れ は な い
    ……私の場合、エロゲには最初からそこまでストーリー求めてない、そして特撮にエロゲは求めないというのもありますけどね
    >・井上敏樹(?)
    どうなんでしょうね、対談見る限りだと最初から見ていないか、あるいは見た上で作品としての評価がかなり低いようにも見えましたが
    >役者も脚本も一丸となって協力し合い、支えあって作るのが特撮番組だと思ってましたが、どうやら違うようですね。彼にとっては。
    例の対談にあった、脚本を「順守させる」って辺りに傲慢さを感じますね
    自分が上であって役者は下と見ているのがハッキリと見て取れます
    素晴らしい脚本を作っている事に疑いを持っていないんでしょう、だから横槍を拒絶すると
    まあ、上にもありますけど鎧武は名作であり、理解できないのが悪いってのが信者の一貫した主張なんですよね
    では問いたい、鎧武を拒絶した子供もまた愚者でしかないのかと
    それに、難解な学問ならともかく、そうじゃない「創作」において理解できないのが悪いって代物を垂れ流すのは如何な物か
    創作でも難解と言われるものはありますが、それでも本当に面白い物ならば細かい事が分からなくとも面白さは分かる物
    しかし、鎧武は果たしてそういう作品だっただろうか? 私にはそうは思えないです

    いいね

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ぴーすけさん、荒らしはほうっておいた方がいいですよ。
    無題さん、このブログを荒らすよりは大好きなドキドキや鎧武にひたっててください。
    その前にハナさんに謝罪してください。
    本題に入ります。
    虚淵のグロ展開を使ったクウガを更にシリアスにしたようなシリアスなライダー、それが本来求められた鎧武だったのだと思います。
    しかし、実際は劣化龍騎というものでした。
    仮に虚淵を庇うとしたら東映側が「まどマギみたいなライダーを作って欲しい」といったのかもしれません。
    私的には虚淵が「クウガ路線はもうやったから(ヴェドゴニアと言う作品)、今度は龍騎にしてっみっかな。」という安直な考えに至ったのだと思いますが。
    というか、まどマギにはめられた視聴者(私もですが)は虚淵という名前を見ただけでもう身構えているんですよ。
    結果、クウガが好きで虚淵にゲゲルの再来を期待していた人達に劣化龍騎が叩きこまれる結果になったのだと思います。
    光汰に関しては脚本家の被害者だと思います。
    視聴者が期待していた光汰は五代さんやユウスケの様に「笑顔を守るために拳を振るい」剣崎さんの様に「理不尽な運命と闘う人」だったのだと思います。
    ミッチに関しては最終的にこうするのだったら自分に悩むキャラにすればよかったのだと思います。
    「ウソをついている自分」、「運命には抗えないと思っている自分」に悩んでいて「光汰や舞に出会って変わって行く」と言う展開ならあの最終回は納得できます。
    ちなみにこの最終回と似た展開になった「ノブナガ・ザ・フール」というアニメがあります。

    いいね

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    自分の中にモヤモヤしていたこの作品に対する不快感がはっきりと掴めた気がします。
    しかしこの作品突然人が変わったというか別キャラみたいになった人物はいても成長したキャラはいないんですよね。強いて言えばそれがザックなんでしょうがうーん…
    結局兄弟対決までしても呉島兄弟の関係というか力関係は変わっていませんし。
    あとせっかく仮想の都市を舞台にしてるのにその世界観、そこに住む人々のことがまったく伝わってこないのが辛い。というか主要人物すら背景が見えてこない。
    だから守りたいものもよくわからないんですかね。チーム鎧武の元リーダー?の人も誰だこいつ状態ですし、敵であるフェムシンムとかよくわからないまま在庫処分的に退場でしたし。地図がゴッサムシティだった理由は最後までわかりませんでした。
    なんかすごい乱文になりましたが自分はこの仮面ライダーをぱくった素人の落書き駄文脚本が大嫌いでした。

    いいね

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    某所にも書きましたが、この作品を簡潔に表すとこうなります。
    (オーズのOPナレ風に)
    鎧武、3つの出来事
    1つ、ヘルヘイムの森が地球に侵略してきた
    2つ、侵略したことで黄金の果実ができた
    3つ、黄金の果実の力によって地球への侵略は止められた
    以上。
    仮面ライダーそのものが物語に必要ありませんでした。
    となればこの作品に仮面ライダーがいないのはある意味当然です。

    いいね

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >公然と公の場で鎧武を批判した
    他2人は知りませんが千葉市市長は批判していません
    そのように見える発言はしていますが後に批判するものではないと明言していますよ

    いいね

  13. SECRET: 0
    PASS: 9b7f801c127998949a60fb653892b33f
    確かに明確に批判はしていませんでしたね
    ただ教育的価値を見出せないという風に良くは思ってなさそうですが

    いいね

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    他サイトや某巨大掲示板等で総括としてよく見る言葉が
    「何がしたかったのかわからない」
    というもので、私も心底これに同意します。
    たとえば同じPのキバは、駄作の呼び声も高い作品でしたが
    親と子の二つの時代を描き、渡が自分の道を見つける過程を追うという軸は一貫していましたし
    この構成だったからこそ生まれた印象的なシーンもいくつもありました。
    対して鎧武は、場面場面で聞こえの良いフレーズでテーマめいたことを語るものの、
    そのどれもが単に台詞の上で語られるだけのものであり、「ドラマ」として描けていたと言えるものは片手で数えるほどしかなく、着地もロクにさせていません。
    問題提起らしきことだけは一人前にしておきながら、その中で真摯に向き合っていたと言えるものは一つとして無かったと言い切れます。
    終いには自分の世界を放り出して別世界で幸せになって終了などという噴飯モノのオチでした。
    バトルにしてもそうで、モチーフ自体の扱いづらさやアイテム自体の仕様等困難は色々あったのでしょうが
    最後まで「鎧武らしいアクション」というものが全く見えず、漫然と撮っていたような印象を受けました。
    二度と、このような熱量の低い、関わった人が不幸にしかならない作品が生まれないことを祈るばかりです。

    いいね

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    感想お疲れ様でした。特撮作品・ヒーロー作品に詳しい人ほど怒りと苦痛を感じた大変な一年だったでしょうね。僕はそこまでではないので、ただただ「出来が悪いなぁ…」「どうしてこうしちゃうのかなぁ…」とため息を付くだけで済みましたが…。それでも「平成ライダー最低の作品だ」とは断言できます。
    個人的には貴虎はマシに感じたキャラでしたね。自分を犠牲にしても他人のために戦う、という意識を一応は持っていたし、実行もしていましたから。ザックはちょっと…最後の戦いでの卑怯さがひっかかっています。力不足は承知の上でなお真正面からジョーカーに挑んだ、睦月と同列にされるのは睦月好きとしては不本意ですね。
    逆にダメだったのは戒斗と光美。思想の醜さも行動のブレも酷く、ダークヒーローというにも中途半端で不快な小者、という印象でした。
    他の連中は語る気にもならず…「キャラを魅力的に描写することができなかった」というのがこの作品の最大の敗因だと思います。
    「ヒーローは人を苦しめる理不尽に立ち向かう者」というのは本当にそのとおりですね!完全に同感です。…好意的に考えるなら、脚本家以下スタッフの面々は、普通の人とは「ヒーロー」「理不尽」「立ち向かう」といった言葉の定義が違っているんでしょう…何も考えてないだけだと思いますが。
    …他の方のコメントに時々名前が出てきますが、こちらのブログでは「ドキドキ!プリキュア」は一体どういう扱いを受けてるんでしょうね…僕はドキプリ信者なので想像するのも怖い…。
    でも、アンチ記事だと分かっていればそもそも見ないので、遠慮はご無用ですよ。鎧武信者の方たちも、アンチブログと分かってるんなら見なければいいのに…。

    いいね

  16. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    [太字]・pon様[/太字]
    >愚痴や悪口ばかりになると思いますが
    >僕がこの一年間感じたことがそのまま書いてあるとは・・・
    >とにかく一年間お疲れ様ですぴーすけさん。
    ありがとうございます。本当に疲れましたよ・・・
    >デザインとアクションそして役者さんの演技には僕も評価しております
    >全て駄目でしたら実写デビルマンを遥かに下回ってました
    こればっかりは、誰もが評価せざるを得ない要素でしょうね。
    >僕の中ではライダー界のミストさんと呼んでおりますw
    いやぁ、サガラは強敵でしたねぇwww
    >てか井上さんとの対談でアニメのやり方云々言ってたけど
    >お前がやってたの深夜の1、2クールだけじゃん
    >深夜以外ので1話でもやったことあんのかよと
    仰る通りです。
    >虚淵って他の人と連携とることもできてなさそうなのも
    >問題なんですよね、それは武部にも言えることですが
    小林さんはこの二人と仕事したんですよね。
    小林靖子先生、ホントお疲れ様でした。
    >不快なセリフばかりで名言と呼べるのがほとんど無かったですね。
    迷言ならたくさんあったんですけどね(笑)
    >TVを見てる子供のことも考慮してください
    ・・・エロゲ脚本家を使ってる時点で、倫理観はありませんよ。
    >信者はとにかく批判意見に噛み付くし
    >アンチもアンチで調子に乗って不快な発言をしますし。
    >というか信者とアンチの対立がやばい作品って大抵問題作だと思うんですよ。
    確かにキツかったですね・・・orz
    >勝てないから放置って
    >それヒーロー番組の主人公のすることじゃねえから
    仰る通りです。
    >結論としましては虚武は特撮はおろか創作に二度と関わるな、
    >やるんならチラシの裏でやれ。
    仰る通りです。
    >ドライブは楽しく見れると良いですね。
    貴方もそうであられることを願います。
    [太字]・Shine様[/太字]
    >総括もお疲れ様です。
    >この季節は信者とアンチのぶつかり合いが激しくなりそうなので、ぴーすけさんも気を付けてください。
    お気遣いありがとうございます。もう慣れてきましたけどね・・・w
    >とてもボロクソな評価になるかと覚悟していましたが
    >意外とマイルドな表現で少し安心しました。
    時間があったから、ちょっと落ち着いたというのもあります。
    >取り敢えず、この作品の真の主人公はザックですかね。
    >誰かザック主役のスピンオフとか作ってくれないかしら(脚本は毛利さんあたりで)
    それスッゲーみたいです! ついでにサブライダーつながりで真由ちゃんとも共演させましょう!
    >ある意味紘汰さんは虚淵脚本の被害者ですよね。
    >もし彼にもライトのような裏表のない仲間がいたら
    でもそんな仲間がいても、虚淵なら一話で殺しますよ。
    >改めてお疲れ様でした。次回からのドライブが楽しいものになることを祈る他ありません。
    ありがとうございます。私もドライブが面白くなることを祈ってます。
    [太字]・LXX様[/太字]
    >私もエロゲーマーですが、そ れ は な い
    (#0M0)<コンナトコロデ、コドモタチニイワナイ!!
    と、冗談は後にいたしまして。
    ・・・そうでしたか、これは私の認識不足でした。
    大変、失礼いたしました。
    _|\○_ ゴメンナサイ
    >・井上敏樹(?)
    >どうなんでしょうね、
    >対談見る限りだと最初から見ていないか
    >作品としての評価がかなり低いようにも見えましたが
    これは自分の中でも判断がつかないため、一応(?)とさせていただきました。
    >まあ、上にもありますけど鎧武は名作であり、
    >理解できないのが悪いってのが信者の一貫した主張なんですよね
    >では問いたい、鎧武を拒絶した子供もまた愚者でしかないのかと
    仰る通り、子供に目を向けてないから、こんなことになってしまうわけですよね。
    [太字]
    ・名無しのドキアンチ様[/太字]
    >ぴーすけさん、荒らしはほうっておいた方がいいですよ。
    >無題さん、このブログを荒らすよりは大好きなドキドキや鎧武にひたっててください。
    この程度の方なので、あまり問題はないです。
    >虚淵のグロ展開を使った
    >クウガを更にシリアスにしたようなシリアスなライダー、
    >それが本来求められた鎧武だったのだと思います。
    >しかし、実際は劣化龍騎というものでした。
    いやいや、きちんとした「死」を描いてない時点で、劣化ですらありません。
    ちょっと似てるだけのなにかです。
    ゴジラとガバラくらい異なりますよ。
    >光汰に関しては脚本家の被害者だと思います。
    >視聴者が期待していた光汰は
    >五代さんやユウスケの様に「笑顔を守るために拳を振るい」
    >剣崎さんの様に「理不尽な運命と闘う人」だったのだと思います。
    こういう紘汰だったら、私も好きになれましたよ。
    でも現実はというと・・・orz
    [太字]・haa様[/太字]
    >総括ありがとうございます!
    お褒めいただき恐縮です。
    >成長したキャラはいないんですよね
    >強いて言えばそれがザックなんでしょうがうーん…
    城乃内もそうですが、結局過程が描かれてないからなんとも言えないんですよね。
    >あとせっかく仮想の都市を舞台にしてるのにその世界観
    >そこに住む人々のことがまったく伝わってこないのが辛い。
    一番書かれたのがよりによってトッキュウコラボの時だったという・・・w
    >というか主要人物すら背景が見えてこない。
    なんでミッチが紘汰と舞を慕ってたのかも、よくわかんなかったですね。
    まぁ紘汰は彼にとって優しい兄ちゃんだったから、ギリギリわからなくもないですけど。
    [太字]
    ・名も無き者様[/太字]
    >某所にも書きましたが
    >この作品を簡潔に表すとこうなります。
    (オーズのOPナレ風に)
    >鎧武、3つの出来事
    >1つ、ヘルヘイムの森が地球に侵略してきた
    >2つ、侵略したことで黄金の果実ができた
    >3つ、黄金の果実の力によって地球への侵略は止められた
    >以上。
    すばらしいまとめです。
    ありがとうございます。
    >仮面ライダーそのものが物語に必要ありませんでした。
    >となればこの作品に仮面ライダーがいないのはある意味当然です。
    なるほど、興味深いご意見をありがとうございます!
    確かに、「仮面ライダー」がいる意味がありませんでしたよね。
    [太字]・匿名様[/太字]
    >他2人は知りませんが千葉市市長は批判していません
    >そのように見える発言はしていますが
    >後に批判するものではないと明言していますよ
    おっしゃる通りですね。記事も修正しときます。
    [太字]・ミヤモト様[/太字]
    >他サイトや某巨大掲示板等で総括としてよく見る言葉が
    >「何がしたかったのかわからない」
    >というもので、私も心底これに同意します。
    仰る通りです。
    >たとえば同じPのキバは、駄作の呼び声も高い作品でしたが
    >渡が自分の道を見つける過程を追うという軸は一貫していましたし
    キバは名護さんが最高でしたので、個人的にワーストではないですね。
    >対して鎧武は、
    >場面場面で聞こえの良いフレーズでテーマめいたことを語るものの、
    >「ドラマ」として描けていたと言えるものは片手で数えるほどしかなく、着地もロクにさせていません。
    仰る通りです。
    >問題提起らしきことだけは一人前にしておきながら、
    >その中で真摯に向き合っていたと言えるものは一つとして無かった
    結局「大人と子供」のテーマもどうなったんでしょうね?
    >二度と、このような熱量の低い、
    >関わった人が不幸にしかならない作品が生まれないことを祈るばかりです。
    激しく同意します!(ワゴンさん的な口調で)
    [太字]・なかじまともき様[/太字]
    >感想お疲れ様でした。
    >特撮作品・ヒーロー作品に詳しい人ほど怒りと苦痛を感じた大変な一年だったでしょうね。
    ありがとうございます。ホントにこの一年は疲れましたよ・・・
    >それでも「平成ライダー最低の作品だ」とは断言できます。
    それどころか、全特撮テレビドラマ史上最悪でしょうね。
    >個人的には貴虎はマシに感じたキャラでしたね。
    貴虎兄さんに好意的な方がいらっしゃるのは理解できますね。
    仰る通り、
    >ザックはちょっと…最後の戦いでの卑怯さがひっかかっています。
    >力不足は承知の上でなお真正面からジョーカーに挑んだ
    >睦月と同列にされるのは睦月好きとしては不本意ですね
    ザックは割とマシなやつですが、仰る通り睦月と同列にするのは筋違いですよね。
    >逆にダメだったのは戒斗と光美
    なんていうか、このふたりは「なにがしたかったの?」という疑問しか浮かばないのがもう・・・
    >「ヒーローは人を苦しめる理不尽に立ち向かう者」>というのは本当にそのとおりですね!
    ご同意いただきありがとうございます。
    これはどんなヒーローものでも共通したものだと考えております。
    >…他の方のコメントに時々名前が出てきますが
    >こちらのブログでは「ドキドキ!プリキュア」は一体どういう扱いを受けてるんでしょうね
    とりあえず、キュアエースのパートナー妖精と相田マナさんがお好きな場合は、閲覧をお勧めいたしません。
    >でも、アンチ記事だと分かっていれば
    >そもそも見ないので、遠慮はご無用ですよ。
    お気づかいありがとうございます。といってももう書く事もあまりないでしょうけどね。

    いいね

  17. SECRET: 0
    PASS: e329b5d807977cbdd40d2dd925fcd985
    >・・・そうでしたか、これは私の認識不足でした。
    >大変、失礼いたしました。
    >_|\○_ ゴメンナサイ
    いえいえ、そこまでマジになられるとこちらが申し訳ないですw
    鎧武がエロゲ的な文法を用いているなと感じる事があるのは確かですし

    いいね

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とにかくつまらない作品でしたね。特に主人公に魅力がないのが辛いです
    最終回も映画を見てない人にはわからない敵キャラを出したりして
    映画を見てない視聴者を無視した事をする部分に
    この作品の本質が表れてると思います

    いいね

  19. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    一年間本当にお疲れさまでした
    この一年間はライダーファンには辛い一年でしたね
    つまらないだけならまだしも登場人物の
    ほぼ全員が屑(管理人には悪いですが
    ザックこの作品唯一人怪人化とかしないで殺人を犯して反省なしなので擁護不可です
    まぁ相手はより酷い屑ですが)
    リアリティーをアピールしながらもご都合主義しかない物語
    自然に今までのヒーロー像を批判しながら
    過去作品のパクリの連続(終いには自分のヒット作の結末の完全コピー)
    ヒーロー側(いないですが)を露骨に下げながら悪役側を露骨に依怙贔屓(サガラは勿論ですがミッチがお咎めなしどころか
    可哀想扱い→遅れてきたヒーロー扱いには頭が痛くなりました)
    全然盛り上がらない戦闘シーン
    鬱描写を売りにしながらも本当にただ死ぬだけで軽すぎる命の扱い (ライダーバトルを売りにしたのにライダーバトルで死んだライダーが兄さん生還のため0に)
    そして何より脚本とPの狂った価値観と
    発言に狂信者の皆無age過去作品disと
    アンチに対する人格攻撃
    アンチスレやここの様なブログ閲覧などで何とかこの一年をライダー嫌いにならずに過ごす事ができ感謝しています
    おかげで最後の希望ドライブに望みを
    つなぐ事が出来ました
    管理人は以前ニチアサに失望したと行っていましたね プリキュアは未視聴なので
    わからないですがこんな酷い仮面ライダー
    (と呼ぶのもおこがましいが)は今回だけだと思うので鎧武の事は嫌いになっても
    ライダーの事は嫌いにならないで下さい!
    長文失礼しました

    いいね

  20. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    殆ど同意ですが一つだけ釈然としない部分が
    鎧武をオススメする人で井上敏樹(?)オススメしない人で井上敏樹のファン(?)と書かれていますがこれはどういった意図なのでしょうか?
    本人とファンをそれぞれ別の立場においてる辺り井上敏樹が鎧武を絶賛するって意図で書いてるわけではないと思うのですが…
    話は変わりますが戦極役の青木玄徳 貴虎役の久保田悠来 シド役の波岡一喜などの
    所謂大人組は結構インタビューなどで直接的ではないですが批判めいた意見を結構言っていたのが印象的ですね
    やっぱり若手の子よりも役者としてのキャリアを積んでいるだけあって自分で演じてても違和感を感じる場面は多かったのかなと思いました
    そんな中でも支離滅裂で死に体のキャラを首の皮一枚で繋ぎ止めた彼らの名演は素晴らしかったです

    いいね

  21. SECRET: 0
    PASS: 7b26e0012809aeb1780bb68b98cee60f
    やっと終わりました。鎧武終了で乾杯した我が家です。
    一年間の総括もお疲れ様でした。
    私はかなりゆるく楽しめるタイプで元々映画ファンだったこともあり、アメリカ・中国のヒーロー映画やダークヒーロー映画など、どれもそれなりに楽しんで見ました。でも鎧武は無理でした。
    >「理不尽な世界や状況に陥っても、人として大事なもの、心の強さや優しさを捨てなかった者達の、美しさや哀しさ、儚さや切なさ」
    まさに仰る通りです!
    私は電王時代からの特撮好きで、ツレに「鎧武見てファントム生み出すよりクウガを早く見てよ(龍騎は視聴済み)」と言われていたのでこれから楽しみにクウガやアギトも見ます。
    個人的には、鎧武は脚本家理想の厨二病キャラにやりたい放題させた挙げ句、どんな被害が出ようと、彼らに「だけ」優しく都合の良い異次元世界を描く為に全てを犠牲にした多方向に無責任な超ご都合主義な何かだと認識しています。
    鬱でもなく、梅雨空がいつまでも続いてうっとおしかった心地です。
    鎧武はまるで「世にも奇妙な物語」に出てきそうな無法不気味世界のシュールさ。ニートライダーは珍しくないのにこんなに無職が気になったのは初めてでした。成長したのはザックと城之内だけ?
    >仮に今度作ることがあったとしても、おそらくは深夜特撮になるでしょうね。
    言葉の揚げ足を取るようで大変恐縮ですが、深夜特撮にも来てほしくありません。
    「牙狼」は深夜特撮で、主に人が襲われる場面がやや残酷ですが、作りは基本的にはまっとうな正統派のストイックなヒーローものです。ウロブチやPには恐らく到底真似は出来ません。
    偶然テレビ録画をしてあったので「闇を照らす者」だけを見ました。構成が途中までわかりにくいことやCG多用があり、初期シリーズに比べると評価低いですが、ヒーロー像はかなり正統派で、鎧武視聴中に見たせいか異様に燃えました(笑)
    鎧武にも出演していた青木氏のコメントも真摯で熱いものばかり。
    確かに戦極凌馬は彼の好演で救われましたね。感情の変化が理解出来ない青木氏の情熱によって過去のエピソードが追加されたりもしました。なぜかヤンデレになってしまいましたが…何もないよりはましです)
    鎧武は脚本レベルでまともに出来たことの方が少ない印象です。
    浪岡さんやぐっさん等の存在感のあるメジャーどころを引っ張ってきてあそこまで訳のわからない役をさせるとは逆に驚きではありました。
    悪役には共感出来なくとも、どこか憧れる描写くらいはしてほしかったです。
    夏映画はわざと見に行かなかった為、最終回はわからない場面も多かったです。伏線回収を一気にやったのは、割と好印象ではありました。
    世界規模のテロ幇助行為をしたミッチがなぜか許される空気になっていたり、里帰りした紘汰さんが阪東さんにツケを払わず帰ってしまったりとw相変わらず腑に落ちない点だらけではありました。
    また長々と失礼いたしました。
    視聴するだけで疲れたので、さぞや大変だったことでしょう。
    子供をバカにした思想が透けて見えるのが何より不快でした。
    今後はご無理せずに続けてくだされば嬉しいです。
    ドライブはいい作品になるよう願っています。

    いいね

  22. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なんというか……想像してたよりは普通、というか大人しめに終わった、という感じですね。グロとかそういう規制が平成1期よりキツくなってんだろうなあとは思いつつ。
    幻惑を打ち破る回やら『泣きながら前に進む』等、要所要所である意味仮面ライダーの本質を示していた作品だったと思いますが、なんと言うかその他の見せ方が異質だったというか。「悪いことをしちゃだめだよ」という通常の手口ではなく、「悪いことするとこうなっちゃうからねー」みたいに見せしめるやり方が少しエグかったなと思います。
    いろいろと不安もありましたが、自分はこれといった不満もなく最後まで楽しめました。最近のライダーは結構ワンパターンになりがちだったので、たまにはこういう色物ライダーが出るのも悪くないなー、と。

    いいね

  23. SECRET: 0
    PASS: 0f74ed4b8cbfafa64f5dcb69b16bcce5
    [太字]・LXX様[/太字]
    >鎧武がエロゲ的な文法を用いているなと感じる事があるのは確かですし
    確かに、なんかゲームっぽい流れもありましたね(戦極の唐突な「私の研究だけが全てなんだー!」と吐くセリフなど)
    [太字]・zaku様[/太字]
    >とにかくつまらない作品でしたね。特に主人公に魅力がないのが辛いです
    同感です。
    >最終回も映画を見てない人にはわからない敵キャラを出したりして
    申し訳ございませんが、これに関しては異論申し上げます。
    映画とリンクさせるのはダブルやフォーゼ、アバレンジャーやゴーオンジャーでもやってきましたので、それ自体は問題ないのではと思います。
    もっとも、出すなら出すで敵キャラのしっかりした説明が必要ですが。
    >一年間本当にお疲れさまでした
    ありがとうございます。
    >この一年間はライダーファンには辛い一年でしたね
    クウガとブレイドのネット配信がなければ本気でライダー切ったかもしれません。
    [太字]・ふぁふ様[/太字]
    >つまらないだけならまだしも登場人物のほぼ全員が屑
    ザックが殺ったのは、一応世界を滅ぼす側についた人間だけなので・・・
    とは言え、お気持ちは十分理解できます。  
    >本当にただ死ぬだけで軽すぎる命の扱い
    よくこんなんで劣化龍騎を名乗れたものだと関心してしまいましたよw
    >リアリティーをアピールしながらもご都合主義しかない物語
    >過去作品のパクリの連続(終いには自分のヒット作の結末の完全コピー)
    >ヒーロー側(いないですが)を露骨に下げながら
    >悪役側を露骨に依怙贔屓
    >そして何より脚本とPの狂った価値観と
    どれもこれも仰る通りです。
    >発言に狂信者の皆無age過去作品disとアンチに対する人格攻撃
    >アンチスレやここの様なブログ閲覧などで
    >何とかライダー嫌いにならずに過ごす事ができ感謝しています
    お役に立てて光栄であります。
    >こんな酷い仮面ライダーは今回だけだと思うので
    >鎧武の事は嫌いになってもライダーの事は嫌いにならないで下さい!
    承知致しました。
    でも[太字]東映のことは嫌いになりましたwww[/太字]
    [太字]
    ・匿名様[/太字]
    >鎧武をオススメする人で井上敏樹(?)
    >オススメしない人で井上敏樹のファン(?)と書かれていますが
    これは、
    「井上敏樹なら割とこういった作風好きかなぁ・・・。いやでも支離滅裂すぎだからそうでもないかなぁ・・・」と思ったゆえです。
    後者に関しては、井上さんの作品のファンの方で、鎧武を嫌っていた方が結構多く見られたが故です。
    >所謂大人組は結構インタビューなどで直接的ではないですが
    >批判めいた意見を結構言っていたのが印象的ですね
    確かにそういった話はよく伺います。
    >支離滅裂で死に体のキャラを首の皮一枚で繋ぎ止めた彼らの名演は素晴らしかったです
    私は戦極博士だけは評価してるんですけどねぇ・・・
    [太字]・かのん様[/太字]
    >たいへんお疲れ様でした
    ありがとうございます。
    >やっと終わりました。鎧武終了で乾杯した我が家です
    私もそうしたかったですが、忙しくてできませんでしたw
    >「理不尽な世界や状況に陥っても、人として大事なもの、心の強さや優しさを捨てなかった者達の、美しさや哀しさ、儚さや切なさ」
    >まさに仰る通りです!
    ご同意いただきありがとうございます。
    >ツレに「鎧武見てファントム生み出すよりクウガを早く見てよ(龍騎は視聴済み)」と言われていたので>これから楽しみにクウガやアギトも見ます。
    クウガは素晴らしかったですね。ややストーリー展開はゆっくりですが、まっとうなヒーローものですよ。
    個人的にはブレイド・W・ウィザードの三作品がお勧めですかね。
    >鬱でもなく、梅雨空がいつまでも続いてうっとおしかった心地です。
    素晴らしい表現です。まさにそんな感じでしたw
    >成長したのはザックと城之内だけ?
    >仮に今度作ることがあったとしても、おそらくは深夜特撮になるでしょうね。
    >言葉の揚げ足を取るようで大変恐縮ですが、深夜特撮にも来てほしくありません。
    確かにw アキバレンジャーや牙狼といった、素晴らしい作品がうろふち達にまねできるとは思えません。
    >鎧武にも出演していた青木氏のコメントも真摯で熱いものばかり。
    青木さんはこの作品でグンと好感度が上がりました。また彼が何らかのニチアサ作品に出てほしいものです。
    >鎧武は脚本レベルでまともに出来たことの方が少ない印象です。
    せいぜいトッキュウキカイダーコラボくらいでしょうね。
    >伏線回収を一気にやったのは、割と好印象ではありました。
    ご同意いただきありがとうございます。
    >相変わらず腑に落ちない点だらけではありました。
    仰るとおりです。
    >視聴するだけで疲れたので、さぞや大変だったことでしょう。
    >今後はご無理せずに続けてくだされば嬉しいです。
    ありがとうございます。私もドライブはいい作品になるよう願っています。
    [太字]・名無し@まとめいと様[/太字]
    >なんというか……想像してたよりは普通
    >というか大人しめに終わった、という感じですね
    まぁグリドンが初瀬について触れたのは評価してます。
    >グロとかそういう規制が平成1期よりキツくなってんだろうなあとは
    いや、グロは工夫すれば色んな作りができるんですよ。
    例えば人が卵にされて踏みつぶされるとか、映像だけならそうでもないですが、経緯を考えればすごく嫌な感じになりますよね?
    >幻惑を打ち破る回やら『泣きながら前に進む』等
    >要所要所である意味仮面ライダーの本質を示していた作品だったと思いますが
    仰る通り、一部一部を切り取って見ればそうかもしれませんね。しかし、そこに至るまでの過程が支離滅裂でした。
    >なんと言うかその他の見せ方が異質だったというか
    色んな意味でこれは同意いたします。
    >いろいろと不安もありましたが
    >自分はこれといった不満もなく最後まで楽しめました
    そうですか、それは良かったです。
    >最近のライダーは結構ワンパターンになりがちだったので
    [太字]Wとフォーゼ→ハッピーエンド
    オーズ→青年が都合のいい神様から脱却するお話
    ウィザード→失ったものの痛みを胸に抱え、前へ進む悲しい青年の物語[/太字]
    お言葉ですが、結構バリエーション自体は豊富なほうだと思われます。

    いいね

  24. 基本的に皆さんと同じ感想ですが、違った形で述べようと思います。
    ゲスト脚本家の出来がいいと感じた珍しい作品でした。

    この作品のおかげで毛利さんは話の道理を踏まえていたことがわかったことだけは言っておきます。

    いいね

    • ・tamai-kei様
      >ゲスト脚本家の出来がいいと感じた珍しい作品でした。
      >この作品のおかげで毛利さんは話の道理を踏まえていたことがわかったことだけは言っておきます。

      毛利さんは、意外と将来性があることがわかったのは収穫でした。願わくば、次回特撮に参加なされるときはもっと良い上司の下で働けることを祈っています。

      いいね

  25. コラボ回について一言言わせてください。
    恐らく、あの回は鎧武が1番生き生きしていたように見えました。
    前半は俺様主人公とその他大勢系の作品(ドキドキとキョウリュウ)に囲まれ苦しんでいた作品をトッキュウが救ったように見えます。
    というか、2013年はニチアサ不作の年だったと言ってもいいでしょう(キョウリュウ、鎧武、ドキドキ)。

    いいね

    • コラボ回は一番面白かったですね。
      私はキョウリュウジャーに関しては、個人的にはそんなに悪いと思ってません。ジュウレンとアバレを劇場で復活させてくれたことには感謝してますし。

      >2013年はニチアサ不作の年だったと言ってもいいでしょう
      個人的には2013年後半から2014年前半期でしょうか。
      キョウリュウは後半ダレましたし、鎧武ドキは言うに及ばず、ハピは最初期待してましたが2クールあたりでもうだめだと確信しましたし。
      この時期またはその前後で文句なし出来なのは、ウィザードやトッキュウくらいでしょうね。

      いいね

  26. はじめまして。
    何度かこのブログの方は拝見させていただいてます。

    正直私は鎧武はどちらかというと好きな方です。ですがぴーすけさんの仰る事もわかります。

    まず主人公のキャラクター。これははっきり言って自分でも擁護出来ないです。
    紘汰は自分の答えを出したのが40話です。ですがそれまでの過程がダメすぎます。
    1話でインベスゲームを、「俺はアレ好きになれない。」と言っておきながら、3話でノリノリでインベスを退治して雄叫びをあげたり、斬月の恐怖から初瀬達を囮にしたり、ユグドラシルが10億人救うという最善策をとっている(戦極達の思惑は置いといて)
    のに自分は何も考えず、代替案もないのにただ感情的に「許せねえ!!!」ばかり。
    阪東さんのカレーを残したり、確かに観てみればD○Nのような行動。

    まあインベスゲームの件に関してはチームが困ってるからライダーの力がある自分がなんとかしようと思ったのかもしれないし、初瀬の件も案を出したのはミッチなのでそれに流されただけ(まあこの時点でバカだとは思いますが)、ユグドラシルにしても気持ちは分かるんですが正直大人になろうとする20歳の青年としてはどうなんだ?という感想です。

    今書いたのは僕なりの紘汰に対してのフォローではありますが、結局は僕の脳内補完の域を出てないです。つまり鎧武の最大の失敗は「キャラクターの気持ちの過程を省いて視聴者の脳内補完に任せる」のが多かったです。正直受け取り方次第じゃぴーすけさんのように「最低の主人公」と言われても仕方ありません。

    ただ一つだけぴーすけさんが仰った40話の紘汰に対する「責任逃れのために戦う」という批判は個人的には同意しかねます。
    レデュエが見せた幻影は39話で戦極が言っていた「そんな冷酷な人間になれれば苦悩から解放される」という世界の幻影です。
    実際裕也は生きていて、平和な世界といった感じでしたので。
    ですが紘汰はその世界を否定して自分の犯した過ちを受け止めてるとは感じました。
    そして今の現実、滅びかけたボロボロの世界を救う。それが紘汰の望みであり、「自分のために戦う」というのも自分の望み、つまり世界を救う事に繋がります。
    まあこれまでの過程が気になる人は受け入れがたいですが、あそこからは「アーマードライダー」から「仮面ライダー」として成長したと思っています。

    それ以外のキャラも書きたかったですがさすがに長すぎるので割愛します。

    その他にも実際、自分も鎧武で面白いと感じたトッキュウジャーやキカイダーとのコラボ回、17話と32話と45話と最終回
    ですが、殆ど毛利さんと虚淵の後輩である鋼屋ジンさんが書いたものです。
    正直自分も「あれ?これ虚淵さんどちらかというと足引っ張ってね?」とも思いましたし。

    ネタバレなのであまり言いませんが、ドライブとの共演映画も鋼屋さんが書いているのですが、正直虚淵さんのより面白かったし、なにより虚淵さんよりは「面白いものを作ろう」というやる気は感じられました。最終回の城之内の活躍も、鋼屋さんの案でしたし。ライダー愛はあると思います。

    虚淵さんは第二期平成ライダーに関しては嫌いというか、「正義や綺麗なものに対して懐疑的」な考え方です。これ自体は平成1期を作って来た白倉Pと同じ考え方です。ですがアギト龍騎ファイズなどがヒーローとして成立したのは白倉さんの思想を小林さんや井上さんが上手くカバーしてくれたと思います。

    ここまで主人公に対して疑問を持っているのにじゃあ何故鎧武が好きなのかというと、設定とデザインアクション、役者の演技、演出ですね。
    確かに脚本自体は粗が多く自分でも擁護出来ない部分はあります。
    それでも植物による世界侵略はスケールが大きくて、実際世界中が大混乱になってる有様は低予算ながらも頑張ってるなあと感心しました。
    デザインもバロンや斬月やデュークなどカッコイイのが多くお気に入りのライダーは多いです。
    アクションは序盤は単調だしスピード感はありませんでしたがゲネシスやジンバーが出て来てから一変してソニックアローのアクションやカチドキの旗アクション、生身アクションも目を見張るものがありました。
    役者の演技も本当に上手い方ばかりでした。戦極役の青木さんやシド役の浪岡さんは存在感ありましたし、
    紘汰役の佐野さんも身体能力の高さや聞いててスカッとする主人公ボイスははまり役かと。(これで紘汰のキャラがもうちょっとなんとかなってれば…)

    まぁでも本当にスタッフや役者が頑張ってくれたおかげで自分は楽しめました。好きなエピソードもありましたし。
    ぴーすけさんの評価基準で言いますとヒーロー番組としては下の上、エンタメとしては中の上です。
    ただぴーすけさんの批判や気持ちは十分に理解できます。

    いいね

    • タトバ様はじめまして。
      当方ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

      >ただ一つだけぴーすけさんが仰った40話の紘汰に対する
      >「責任逃れのために戦う」という批判は個人的には同意しかねます
      これに関しては、次の描写からこう判断致しました。
      ①意図的にやった分初瀬にしたことのほうが酷いのにそっちは何故か全然気にしてない。
      ②囮作戦をやった時点で、他人に自分の嫌なことを肩代わりさせようとする志向が見受けられる。

      加えて、最終話で地球に帰って来れるのに何故か帰ってこない描写も、貴虎にミッチを任せて自分は何もしようとしなかった(結果的には助けに来ましたが)ことも、この考えを補強するかと思われます。

      >虚淵さんは第二期平成ライダーに関しては嫌いというか
      >「正義や綺麗なものに対して懐疑的」な考え方
      白倉もそうなんですけど、そもそもそういう考えを持ってるなら尚更ヒーローものはやってほしくなかったですね。自分でオリジナル作品作ってやれと。
      というか、何れもヒーローものに対しては馬鹿にして捉えているように思われます。

      >設定とデザインアクション、役者の演技、演出ですね。
      設定はともかく、それ以外に関しては私も良かったというご意見には賛成です。
      ですが、残念ながら私の評価基準は「ヒーローとしてまっとうだったか」が主なものとなるため、申し訳ないのですが下の下以下とさせていただきました。

      >ぴーすけさんの評価基準で言いますとヒーロー番組としては下の上、エンタメとしては中の上です。
      >ただぴーすけさんの批判や気持ちは十分に理解できます。
      ありがとうございます。こちらも好きな方がなぜ好きなのか、冷静に議論ができて大変ありがたく存じます。寧ろ、記事でボロクソに言ってしまい、少々申し訳なく思っています。

      いいね

  27. 鎧武は最終回後はまあ、普通に面白かったかな?って感じでしたがドライブ始まってからは「ああ!これだよ!ライダーはこうでなくちゃ!」と思いましたね。ライダーには怪物と戦ってくれるのが見てて気持ちいいです。

    鎧武は管理人様とは違ってまあ、中くらいかなーって考えてます。
    虚淵さんを擁護する気はないんですが、彼は深夜アニメでは本当に面白いんですよ、でも、そのノリをニチアサに持って来るべきではなかったんです。
    私は虚淵さん本人もそうですが、彼を起用した方にはなんで仮面ライダーに連れてくるべきでない人を連れてくるんだ!!自分がライダー版まどマギ見たいだけやろ!!と言ってやりたいです(笑)
    彼はハッピーエンドも書けるので敢えてそういう路線で鎧武は書くんかなーって見てたら結局どっちつかずな感じでガッカリしました。(´・ω・`)

    いいね

    • 鎧武に関しては、最終回に関して言えばまぁ無難だったとは思います。少なくともディケイド最終回よりはずっと良い最終回でした。

      虚淵氏の他作品に関しては、今のところ何一つ見ていないので伝聞した内容でしかコメントすることもできませんし、残念ながら当分見る気にはなれませんので、これ以上は何も申し上げられません。

      いいね

  28. なんと言うか、言いたいことを全部言ってくれたような記事です
    正直素晴らしい
    もう二度とこんな作品とは巡り会いたくないですね
    もっとも脚本に限れば作品未満の汚物でしたが

    いいね

  29. 初めまして。とあるブログからこの記事に辿り着きました。(おそらく、ご存知かと思われます)
    ま、まあ確かにぴーすけさんの言い分は分かります(震え声)
    鎧武ファンの私ですら、「嫌いな人は嫌い」だろうなと思っていますので・・・。

    ただ、差し出がましい話かもしれませんがぴーすけさんのような人にこそ『MOVIE大戦 フルスロットル』や『鎧武外伝』はぜひ見て欲しいかなと思ってます・・。
    他の『鎧武』アンチの方もおっしゃっていたのですが、これらの作品には『鎧武』の本編に欠けていたものが確実に改善されていたので・・。
    いや、「なんで本編でやらなかったんだ」といいたくはありますけどね・・。

    いいね

  30. 自分は割と好きだったが、書いてあることは共感できるな
    虚淵と周りの思惑と役者さんとがイマイチ噛み合ってない感じだったんだよなぁ
    フルスロットルはなかなかよかったけど
    虚淵だけじゃなく、周りももっと特撮初のやつをフォローしてやれと思った
    全体的に作りが粗かったわ

    いいね

    • フルスロットルは以前見ましたが、鎧武嫌いな人からも評価はそこそこ良かったと思いますし、私もそれなりに良かったとは思います。
      おっしゃる通り、アンチヒーローモノをやりたい虚淵氏と、クウガ~555の「大人向け」を取り戻したい武部と、普通のヒーローものを作りたい(推測ですが)役者陣とかが、足並みを揃えられなかったのも問題だとは思います。
      (ぴーすけ)

      いいね

  31. 言っていることは分かります。でも「反社会的思想またはそれに近いものを抱いている人」と一括りにするのはどうかと思います。

    いいね

  32. 「マナーの悪いファンとアンチ」>>これ、ある意味では最大の問題と言っても過言ではないかもしれません。某種死などもこんな感じでした。まぁ私は管理人さん風に言うなら「中の中」ぐらいなのですが、批判内容は同意します。というかこの作品自体かなり人を選ぶと思いますし・・・あ、でも俺「鎧武を勧める人」の項目の「仮面ライダーが嫌いな人」ではないですよw僕は今でも仮面ライダーが大好きです!確かに私は中二病だし、エロゲやるし、深夜アニメ大好きですがw3歳の頃から見ていたブレイドから、仮面ライダーは僕の憧れでした。因みに私は管理人さん同様ブレイドが一番好きです(デザインならカブト)!
    あと、身勝手を承知ですがカブトとキバの総括も書いて頂けないでしょうか?もし、時間がありましたら是非よろしくお願いします。

    いいね

  33. 追記です。以前書いたように鎧武は嫌いではないですが、管理人さんの仰る通りヒーロー番組としては「下の下」以下だと思います。コータさんにはちゃんと正義のヒーローをして欲しかったです。特に元凶のサガラは放置しないで欲しかったです。

    いいね

  34. 鎧武というかブログへの意見なのですが、『仮面ライダー鎧武問題点まとめwiki』が消されたみたいですが、リンクを外したほうがよいのではないでしょう か? 正直、アンチスレの人たちからも評判はあまりよくなかったみたいですが、一応、報告です

    いいね

  35. 鎧武はWやフォーゼと同じで「本編、映画、Vシネマ、小説版合わせて一つの作品」という形ですね(フォーゼはVシネないけど)。これは鎧武から後のドライブ以降の作品にもあてはまりますね。ゴーストは明らかにVシネ前提でしたし。
    鎧武の場合は最初はあくまでキャラ人気にあやかってのファンサービスのつもりでVシネ一作目を出したのが結果的にそこから小説版に繋がる新たな物語を生み出すことが出来、本編の粗もほぼ解消できて本編嫌いな人からも良い評価を貰えたのですから怪我の功名というべきか(苦笑)
    冬映画と小説版は「本編ではあまりなかったヒーローとしての鎧武ライダー達の活躍」、Vシネマは「サブライダー達の背景の掘り下げ」を行ってくれていますしね。

    鎧武外伝シリーズの成功がドライブサーガ一作目の発売に繋がりそれもまた成功したことで結果的にVシネマが既定路線になった(三条さん含むドライブスタッフの証言です)ことを考えればなんだかんだで鎧武は結果オーライだった….んでしょうw。
    本編単体の評価が変わるわけではありませんけどね!

    いいね

  36. 追記です。
    あくまで結果的な形ではありますが鎧武の場合、本編はいわば「仮面ライダーになるまでの過程を描いた物語」なんですよね。
    冬映画や小説版において、ようやく鎧武たちは「本当の意味での仮面ライダー」になれたんですよ。
    それら以降の活躍(平成ジェネレーションズやゴライダー)も見ていると、なんだかんだで本編の経験は彼らにとって無駄ではなかったんだなと個人的に思います。
    …本編でもヒーローらしさをもうちょっと出してほしかったのには全面的に同意しますけどね(苦笑)。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中