カラテと絵画とかぼちゃケーキ(ニチアサ感想)


トッキュウジャー、日本鉄道賞受賞おめでとう!!

今週のトッキュウジャー

「第33駅 カラテ大一番」

あらすじ
ドリルレッシャーや闇に飲まれた街を救うため、戦うことを改めて誓う。そしてライトとヒカリは空手をやっていたことを思い出し、空手の練習を始める。

そういえばヒカリ、メテオこと流星と同門でしたね。

その後何時ものように乗っ取られた街へ向かう。そこは中毒駅。空手中毒者が遅いかかる街だった。と思いきや、それは彼らの力を試しただけに過ぎなかった。

なんとチュウシャクシャドーに毒を注入される腕輪を付けられていた。しかもタイムリミットは今日の日暮れまで。さらには腕に覚えのある者達も倒れ、戦える人間を探していたのだ。

ライト達は変身して戦うが、街の人を人質に取られた上、自分達も腕輪を付けられてしまう。

その頃ノア夫人とモルクさんはまた揉めていた。そんな夫人にも寛大な皇帝。彼は鏡に映るグリッタを見つめ・・・。

その後ライトとヒカリが生身で向かう。その時ヒカリは、ライトと戦って負けた時悔しくて泣いたが、その努力を認めてくれたライトの祖父の事を語る。

「クローズ倒す数勝負しようぜ」と言い、街で戦っていた空手のオッさんと共にクローズ無双してビルの中へと乗り込む。

だが一気に毒を注入すると言い出す。
しかし、これも彼らの陽動作戦だった。カーキャリアーレッシャーの小さな車で突撃する。が、それはダミーで、本体はどこかに隠れてしまう。

もう時間がない。
そしてライトが「お前のせいだ」と、ヒカリと喧嘩を始める。

だがそれも彼らの計画通りだった。ともに拳を合わせてチュウシャきをフルボッコ。

実はじいちゃんの正体こそがチュウシャきシャドーだった。

手の感触から、ヒカリは正体を見抜いていたのだ。

そしてハイパーレッシャーで撃破し、巨大戦は超超トッキュ

ウダイオーで。だがエネルギーを吸い取られて苦戦。ハイパーレッシャテイオーに乗り換えて粉砕。

その後、クローズ倒した数でケンカを始めるライトとヒカリ。悔しがるライトでおしまい。

感想

おぉ! 生身アクションだ!

すばらしいっ!
やっぱ戦隊もライダーも、たまには生身アクションがないとね!

っていうか今日坂本監督だったっけ?
と思ってスタッフリスト見たら、福沢監督の名が・・・。またおまえかwww

ライトがディーゼルというか、じいちゃん好きな理由も判明しましたね。欲を申すなら、今回はディーゼルオーで戦って欲しかったですね・・・

今週のドライブ

第三話 何が彼女の笑顔を奪ったのか

あらすじ
どんよりの時に、女友達が怪物に攫われたという事件が発生。

その頃、倦怠感でダラダラしてる進ノ介を叱る霧子。その時ドリームベガスなるシフトカーが現れて・・・。

メガネのキモオタは乾巧幽霊を食う怪物のしわざだと言い、霧子たちと調査。そこからヒントを得て捜査に向かう。

その時、顔フェチの変態っぽい画家に出会う。霧子もモデルになってくれと言われる。気持ちはわかる

その後ロイミュードが出現。今回もドライブに変身して戦う。

ドリームベガスでフォームチェンジし、金の亡者みたいな形態になり、必殺技を発動しようとするが・・・。

・・・ハズレだった。ベガスとともに戦うのはコツがいるのだ。

その頃、銀行行動を無計画におこなったロイミュードが魔神チェイサー達に裁かれていた。

珍しく焦り出す霧子。それは半年前のグローバルフリーズに関わっていた。その時彼女は、データ化される恐怖に襲われるが、プロトドライブ、いや仮面ライダーに救われたのだ・・・!(

命名:ロイミュード達による)
ちなみにこの先輩、戦死したらしい。
彼女が仮面ライダーにこだわるのも、それゆえだったのだ。

その後変態画家の弟子・藤宮さんがロイミュードと判明。彼が全ての人々を絵に閉じ込めていたのだ。霧子が襲われるが間一髪で進ノ介に救われる。

その後、84に岩石で敵を拘束するフォームで対抗。無事敵を

撃退するが、人を絵に変えるロイミュードは二体いた。
そして、魔神チェイサーなる敵が出現し・・・!

感想
霧子かわいいよ霧子。
なんか、ダラダラしてる旦那さんを叱ってる口うるさいカミさんみたいで萌えますw

今回を見る限り、霧子は普通の人間みたいですね。久々に普通の人間のヒロインが見れる・・・!

まぁコヨミはいいヒロインでしたけど。

ベガスの役立たずっぷりにワロタ。

そして、変な機械はデザインなんとかないんですかねぇ(笑)

「理屈を超えて戦うのが仮面ライダー」という旨のセリフがありました。

いいセリフだよなぁ・・・!

そして、先輩仮面ライダーがいたという話ですが・・・。
これは先輩と霧子と進ノ介で三角関係フラグ!?

今週のハピプリ
やぶられたビッグバーン! まさかの強敵登場!!
あらすじ
なんかハロウィンパーティやっていためぐみん達。
その頃ハピネスビックバンにやられかけてしまった三馬鹿。

ババァも焦り、奥の手を出すとか言い出し・・・!

やたらとモテモテなブルー兄さん。
なんかめぐみんとブルー兄さんがイチャついて嫉妬する誠司とそれに絡むひめがいましたが、まぁいいや。

この辺はめんどくさいので略。

その後、ヤツが現れたということで張り切るオレスキーさん。またタクマ達をサイアークに変える。何があったのかと尋ねられ、自分を凌ぐすごい強敵が現れたという。

いつものように戦うが、もうこんな戦いはやめようとイノセントフォームに変身しながら(ここ重要)説得する。そしてオレスキーを倒したと思ったら、キュアテンダーが闇落ちして現れるという・・・。

感想
ブルー兄さんが吸血鬼ってwww
どう考えても狙ってるだろスタッフwww
爆笑したwwwwww

これでめぐみが渡したお茶が、水道水だったら最高だったのにwww(753的な意味で)

仮面タクマーがでてた件。ナツコ脚本はちゃんと積み重ねを大事にするのが偉いです。いや、当たり前のことなんですけどね。

なんか、メイン回以外でひめが久々に目立ったような気がします、どっちでもいいですけど。

そしてテンダー出ましたね。
・・・洗脳されて。
いや、年増ババァにきゅぴらっぱーされたというべきでしょうか。

つーか、これまで殆どいおなと姉の話題が出てないのにも関わらず、いきなり洗脳テンダー出したところで、積み重ねがないからなんの感慨もないんですよね。

だからこのブログみたいな小物にまで、倫理観がないとか、作品のバランス感覚がないとか、言われちゃうんですよ。

そもそも(洗脳されているとはいえ)、善のプリキュア同士の戦いとか、鷲尾さんが定めたタブーを破っていいのかよ!?

洗脳キュアホワイトとキュアブラックが戦って子供が泣いた悪夢をもう忘れてしまったんですか、東映さん?

たとえば、同じ一年シリーズ物である仮面ライダー剣を例に挙げましょう。

剣だと、剣崎が両親を亡くしたことは序盤で何度も触れてるんですよね。少なくとも3回ありました。1話、2話、6話。

しかし、序盤で徹底的に背景の積み重ねをしたからこそ、「全ての人を守りたい」という剣崎の願いに説得力が出てくるんですよ。

加えて言えば、橘さんのバーニングザヨゴだって、序盤にあれだけ恐怖心でボロボロになっていた積み重ねがあったからこそ、復活と伊坂との決着が燃えたわけでして。

さらに始は、序盤から天音ちゃんを守り続け、剣崎との交流で人間の優しさや強さを知り、遂にはあの感動的な名言を放つんですよね。

「本当に強いのは・・・、強いのは・・・! 人の想いだ!」

積み重ねがないと、後半どんな展開にしたところで燃えも萌えもないんですよ。

恐らくテンダーとフォーチュンの関係は、去年のまこぴーと王女様の焼き直しなのでしょう。

しかし、正直この点だけを比較するならば、王女様の回想や交信がきちんとあり、真琴の王女に対する想いが描かれていた分、ドキの方がまだ作劇としてまともでした。

以下、いつものように愚痴注意。

なんかキモ赤子みたいな髪型した子供が一瞬だけ映っていたんですけど・・・。うぇぇ・・・

アレは公共の電波に流していい存在じゃないですよ! 人類の害悪ですよ!わからないんですか!?

そういやプリキュア新聞で、柴田は「来年のプリキュアはプリキュアじゃなくなる」とかおっしゃったらしいですね。

・・・よくもまぁ過去作に対してリスペクトのない態度がで

きたもんです。
もうね、私の好きだったプリキュアは死んだって解釈でいいのかなぁ?

ちゅーか、ドキの時点でもはやプリキュアじゃねぇつーの!!

そもそもプリキュアらしくなくてもいいから、せめて最低限キャラクターの倫理観くらいは、まともなものにしてくれないですかねぇ?

だから視聴意欲なくなるし、子供も離れつつあるんですよ・・・! 事実視聴者も売上もドキ以降減少傾向ですし。

カラテと絵画とかぼちゃケーキ(ニチアサ感想)」への11件のフィードバック

  1. ハピプリは見れなかったのでトッキュウドライブの感想をば。

    ・トッキュウ
    日本鉄道賞受賞おめでとうございます!これからも是非とも突っ走っていって欲しいものです。
    ああ、そういえばヒカリは次郎でしたね。流星はぬ~べ~の世界に行ってしまいましたし(違)
    ぴーすけさんの仰る通り、いいアクション回でした。東映のブログによりますと、格闘術が得意な志尊君達はノリノリで撮影に挑んだらしいです。
    次回は遂にトカッチがハイパーレッシャーを使用するようですが…気になるのは明さんですよ、明さん!ライト達が子供だと分かった今、実質的に年長なのは明さんですからね。何か色々と苦労しそうな予感…。

    ・ドライブ
    サブタイにもあるように霧子さんが笑顔を失ったのは、過去の事件によるものかもしれませんね。
    それにしてもゲストの画家がルー大柴さんだったとは…。

    いいね

    • >流星はぬ~べ~の世界に行ってしまいましたし
      もやしとか海堂に連れ戻しに行かせないと((笑)

      >格闘術が得意な志尊君達はノリノリで撮影に挑んだらしいです。
      こういう姿勢は今後も生かして欲しいものですね。

      >実質的に年長なのは明さんですからね。
      >何か色々と苦労しそうな予感…。
      といっても、ザラムが生まれたのがライトたちより遅い可能性もあるんですよね。

      >霧子さんが笑顔を失ったのは、過去の事件によるものかもしれませんね
      おそらく元彼(違)の死が原因でしょう。

      いいね

  2. 初めまして。
    今日放送分のハピプリを見てなんか無性に過去作品との違和感が拭えずネット上を
    彷徨っていた者です。偶然貴殿のブログを拝読させてもらい、貴殿の主張に共鳴したのでキーボードを
    タイプしている次第です。

    小生が初めてプリキュアを見たのは姪っ子と一緒に「ふたりはプリキュア」を見たことがきっかけでした。(笑)
    それ以降ハピネスチャージプリキュアを見る前は鷲尾天プロデューサーによる5作品しか見ておらず
    間をすっ飛ばして「プリキュアって今もやってるんだな・・」と思いながら一話からハピプリをまた見はじめたものですから、なんというか・・・ その以前見たプリキュア作品と比してのハピプリの緊迫感の無さというか抑揚の無さというか登場人物たちの葛藤の無さに今まで見てきて今更なんですが愕然としています。
    もっと、プリキュアって登場人物が葛藤だとか相克みたいなものを情熱や誠意や思いやりをもって克服し、お互いに認め合って信頼関係を築きながら成長していく流れが根底にあったような気がするんですけど。
    (piisukeさんやファンの皆さんには申し訳ないけど見始めたころは単なる女子児童向けの玩具メーカーとのタイアップアニメぐらいにしか思っていなかった小生がその後5年間もハマッてしまった訳もそういった大人が見ても引き込まれる要素があったのだと思います(笑))
    ハピプリファンには本当に申し訳ないですけど「敵も味方もみんな仲良しになる」というのは究極的にはなれるんだったらいいと思いますけど、その誰もリスクを負わないで美味しいところだけクローズアップして
    視聴者を煙に巻くような流れがなんかものすごく無責任だと最近見ていて思うようになってきました。
    そもそも、もし話し合いで「敵も味方もみんな仲良しになれる」んだったら変身して超人的な能力を有して色んな技や武器を駆使して闘うことないじゃないですか。なんか全体的に無責任な雰囲気が漂ってるふうに感じます。

    piisukeさんの指摘するめぐみの天真爛漫さがたとえ行き過ぎた独善であっても人が持つ至高の美であるかのような誤った錯覚を子供達に与えてしまいかねず、それを際立たせるために人の不幸が存在するとも思い込ませてしまう恐れが多分にあると思います。

    なにより今回一番失望したのがオレスキーに対してのこれらの台詞です。
    めぐみ「なんで一番じゃないとダメなの?」
    ゆうゆう「一人で一番よりみんなで一緒がいいよ!」

    プリキュアって伝説の戦士じゃなかったんですか? いつから伝説の仲良しごっこクラブに
    なってしまったのかと言ったら言い過ぎでしょうか? この共産主義的なメッセージを10年間
    朝日系列で放送されることによって一種のフィルターが掛かった結果、言わせてしまったようだと
    考えるのは考え過ぎでしょうか? 自分では当たらずとも遠からじと思っています。

    「ふたりはプリキュア」の感動が大きかっただけにその反動でハピプリに失望し酷評してしまった感も
    ありますが結構割り切って全くの別作品として楽しんで見ている部分もあるのでご容赦ください。
    他のプリキュアシリーズを見たことが無いのでなんとも言えませんが今のところ小生の中では
    「ふたりはプリキュア」が一番好きです。ただ、映画マックスハートのなぎさとほのかが戦うシーンは最低な
    気分にさせられましたが・・(笑)

    取りとめもなく思いを綴ってしまい申し訳ありませんでした。
    長文乱文お許しください。
    失礼致します。

    いいね

    • プリ蔵さま、初めまして。
      >偶然貴殿のブログを拝読させてもらい、
      >貴殿の主張に共鳴したのでキーボードをタイプしている次第です。
      共鳴頂き、ありがとうございます。
      >なんというか・・・ その以前見たプリキュア作品と比しての
      >ハピプリの緊迫感の無さというか抑揚の無さというか>登場人物たちの葛藤の無さに今まで見てきて今更なんですが愕然としています。
      そうですね。かつてのプリキュアは乗り越えるべきものや壁としっかり向き合っていたと思います。

      >ハピプリファンには本当に申し訳ないですけど
      >「敵も味方もみんな仲良しになる」というのは
      >究極的にはなれるんだったらいいと思いますけど、
      >その誰もリスクを負わないで美味しいところだけクローズアップして
      >視聴者を煙に巻くような流れがなんかものすごく無責任だ
      仰る通りです。
      そういう意味では、登場人物がリスクを背負った上で和解したスイプリはよくできていたものだと感心します。改めて。

      そもそも、もし話し合いで「敵も味方もみんな仲良しになれる」んだったら変身して超人的な能力を有して色んな技や武器を駆使して闘うことないじゃないですか。なんか全体的に無責任な雰囲気が漂ってるふうに感じます。

      >piisukeさんの指摘する
      >めぐみの天真爛漫さがたとえ行き過ぎた独善であっても
      >人が持つ至高の美であるかのような誤った錯覚を子供達に与えてしまいかねず
      仰る通りです。偽善臭ハンパないですよね。

      >めぐみ「なんで一番じゃないとダメなの?」
      >ゆうゆう「一人で一番よりみんなで一緒がいいよ!」

      >プリキュアって伝説の戦士じゃなかったんですか? 
      >いつから伝説の仲良しごっこクラブになってしまったのかと言ったら言い過ぎでしょうか? 
      共産主義かどうかはともかく、仰る通りただの仲良しごっこクラブとしか言い様がないですよね。

      >取りとめもなく思いを綴ってしまい申し訳ありませんでした。
      >長文乱文お許しください。
      いえいえ、大変興味深い意見をありがとうございます。
      またのコメントをお待ちしております。

      いいね

  3. 初めまして
    前の方と同じ書き出しですが自分はマナちゃんの批判からここに着きました

    トッキュウは子供にも大人にも面白く作ってますね
    今週はヒビキ隊長がゲストだったけどダイナ放送当時7歳だった俺には少々くるモノがある
    でも熱血ぶりは健在でうれしかった

    まだエンジンを掛け始めのドライブだけど進之介と霧子のやり取りは面白いし今後の付箋をちゃんとばらまいてる

    ハピプリはほぼピースケさんと同意見です
    でもナツコは他の脚本との繋がりを無視する傾向が強いからなあ
    ドキの失敗も彼女のハードレズに見える描写やマナちゃんの上から目線っぷりの暴走が一つの原因だし
    カップケーキ半分こや
    めぐみ「なんで一番じゃないとダメなの?」
    ゆうゆう「一人で一番よりみんなで一緒がいいよ!」
    は宗教的の他に女が思いつく事が多い発想だなと思いました
    「敵と分かり合う」というのはよくある綺麗事の究極致のようなテーマですが「ウルトラマンコスモス」や「ガンダムage」がかなり頑張ってました 興味があったらどうぞ(AGEはググって予備知識込みで自分のペースで観てね)
    まあでも誠司の妹を回収しているのは彼女だけですしね セバスチャンとアリスの絆も好きです
    一番悪いのは構成と連携のとれて無さだし
    プリキュア対プリキュアはラブ対せつなで似たような事をやってるし上手く書きさえすれば良いんじゃないかなと
    ただ憎めない敵キャラが処刑されまくるのは嫌だなあ
    セーラムーンシリーズのセーラーアニマメイツ勢が一番辛かった思い出が・・・

    変な文章になりましたがこれからも書き込みます
    よろしくお願いします

    いいね

    • 赤いアイツ様、初めまして。

      >自分はマナちゃんの批判からここに着きました
      結構そのキーワードから来られる方多いんですね・・・(汗

      >トッキュウは子供にも大人にも面白く作ってますね
      >今週はヒビキ隊長がゲストだったけどダイナ放送当時7歳だった俺には少々くるモノがある
      >でも熱血ぶりは健在でうれしかった
      ダイナは未視聴なので何とも言えませんが、多くの根強いファンがいることはサーガを見てよくわかりました。

      >まだエンジンを掛け始めのドライブだけど
      >進之介と霧子のやり取りは面白いし今後の付箋をちゃんとばらまいてる
      この辺は次回に期待できそうで愉しみです。

      >でもナツコは他の脚本との繋がりを無視する傾向が強いからなあ
      >ドキの失敗も彼女のハードレズに見える描写や
      >マナちゃんの上から目線っぷりの暴走が一つの原因だし
      確かに、レズ描写はもうちっとどうにかなんなかったのかと思います。

      >カップケーキ半分こや
      >ゆうゆう「一人で一番よりみんなで一緒がいいよ!」

      >宗教的の他に女が思いつく事が多い発想だなと思いました
      それは一理ありますね。出る杭を打ちたがるのは女性的ではあります。

      >まあでも誠司の妹を回収しているのは彼女だけですしね 
      >セバスチャンとアリスの絆も好きです
      同感です。

      >一番悪いのは構成と連携のとれて無さだし
      確かにドキ以降構成が妙にボロボロになってきていますよね。

      >プリキュア対プリキュアはラブ対せつなで似たような事をやってるし上手く書きさえすれば良いんじゃないかなと
      上手くかければいいんですけどねぇ・・・(溜息

      >ただ憎めない敵キャラが処刑されまくるのは嫌だなあ
      ナマケルダさんは死んで欲しくないですね。
      怠け者って、突き詰めると実は一番の働き者になるんですよね。

      いいね

  4. ①トッキュウジャー
    清々しいほどの外道な怪人でした。
    生身アクションとヒビキ隊長も良かったです。
    そして着々とフラグを立ててているモルク侯爵、ボンバーの様に洗脳されて手駒になるか、爆弾を埋め込まれて戦闘中に「何故ですか?陛下ーーー!」と爆死するかの未来しか見えません。
    歴代幹部の中でここまで死亡フラグを立てている奴はいなかったですね。
    ②ドライブ
    ベガスはビーストと同じ運任せ系ですね。
    でも、ビーストに比べるとアストロスイッチの様に早期2軍行きは確定ですけど。
    怪人の人間体も「何でこの人今まで出なかったんだ?」と思っていたルーさんだったので良かったですね。
    ③ハピ
    不満点を纏めます。
    1.ブルー様、屑弟の真似なんかしないでください(電キバを見たディケイドファンより)。
    2.オレスキーを噛ませにするな(というか、以前エコーによく似たプリキュアも出ていたことから柴田はスマイルとオールスターズの全否定をしているような気がする)。
    3.何故にテンダー悪堕ちさせた?ファントムの変装ならまだしもタブーを破るな。
    来年も柴田続行ならプリキュアは終わりますよ。
    笑顔を否定する人間に物語は作れませんから。

    いいね

    • >生身アクションとヒビキ隊長も良かったです。
      役者の特技を生かした、いい回でしたね。
      ところで名無しのドキアンチ様はオーレンジャーもお好きなんでしょうか?

      >ベガスはビーストと同じ運任せ系ですね。
      >でも、ビーストに比べると
      >アストロスイッチの様に早期2軍行きは確定ですけど。
      やろうと思えば、ビーストは気合でなんとかできますからね。

      >1.ブルー様、屑弟の真似なんかしないでください(電キバを見たディケイドファンより)。
      ・・・ノーコメントで(笑)

      >以前エコーによく似たプリキュアも出ていたことから
      >柴田はスマイルとオールスターズの全否定をしているような気がする
      確かに過去作への敬意がまったく感じられませんからね。

      >来年も柴田続行ならプリキュアは終わりますよ。
      >笑顔を否定する人間に物語は作れません
      確かに視聴率も売上も減少しつつありますからね。
      来年も彼ならもうダメでしょう。

      いいね

      • いや、戦隊画報で乗ってたからチョイスしたまでです。
        むしろ、使い捨ての必殺技とキングレンジャーとピラミッダー無双なのであまり好きではありません。

        いいね

  5.  最初に言っておく。
     ハロウィンに対するホッシーワの言葉に心底賛同した吾輩tamai-keiであります。

    ・どうぞ、ハニーキャンディーよ

     やめろ、やめるんだ、クライシス!

    ・わたくしは不幸のお菓子が欲しい!

     ふ こ う じゃなくて
     ふ つ う の間違いじゃなイカ?

    >>ナツコ脚本はちゃんと積み重ねを大事にするのが偉いです。いや、当たり前のことなんですけどね。

     例のプリキュアの技に今回やられたとはいえ、前回まではやられてなくてもやられたとオレスキートリオ がいう部分は赤いアイツ様の意見に賛成です。

    ・あの技はヤバいですぞ

     さらに言うと、ケバいですぞ。

    ・どうぞ

     やめろ、やめるんだ、クラ(略)

    ・さっきから食べ続けてない?

     ゆうゆうの胃袋が大丈夫なのか気になりました。

    ・最悪に変えろ

     これで誠司の妹のサイアーク化3度目。
     そのうち2回が高橋脚本(汗)。

    ・ゆけ、サイアーク! ハッピーハロウィンをぶち壊してしまえ!

     不覚にもオレスキーとサイアークを応援しました。

    ・「一番よりみんなで一緒にハロウィンしよ」「一人で一番よりみんなで一緒がいいよ」

     めぐみんとゆうゆう、説得する方向性が違いますぞ。

    ・オレ、一番じゃなくていいかも

     やめろ、やめるんだ(略)

    ・ビッグバーンが破られた!?

     いおな姉、GJ!

    >>つーか、これまで殆どいおなと姉の話題が出てないのにも関わらず、いきなり洗脳テンダー出したところで、積み重ねがないからなんの感慨もないんですよね。

     まったくであります。
     だからいおなが主役回のときかそれ以外の時も姉に関する話をしろと。何故恋話してたんですか。

    ・イノセントな歌声が閉じ込められていた心を呼び覚ます!

     呼び覚ますじゃなくて洗脳するの間違いじゃなイカ?

    >>そもそも(洗脳されているとはいえ)、善のプリキュア同士の戦いとか、鷲尾さんが定めたタブーを破っていいのかよ!?

     違うんです!
     同胞(めぐみん等の他のプリキュア)からは見捨てられ、大事な妹と妖精ぐらさんは同胞によって洗脳(無茶な形で仲間入り展開)された挙句に親に見捨てられたので、ぐれたんです!
     という個人的な意地悪な冗談は兎に角、鷲尾さんが定めたタブーを差し引いてもこうなったのはプリキュア(というよりブルー)側の対応のまずさ、しかも何もしないことが原因だろ。
     名無しのドキアンチ様の発言を補足する形でしますけど、社会公認プリキュア 、世界プリキュア、連戦連敗逃亡プリキュアはまあいいでしょう。大問題と言える敗北監禁プリキュア、悪堕ち敵ボス化プリキュアだすと、善のプリキュア同士の戦いがなくても、ハピネスチャージプリキュアという作品は酷いです。柴田さんはどこまで笑顔を否定するんですか。
     善のプリキュア同士の戦いが罷り通るのはハートキャッチのアイテム入手の試練だったんですけどねェ(溜息)。言い方が物騒なだけで先代に延びる可能性と心を認められれば、いつでも戦いの中断基合格と認められるだろ。

    ・今回のイラスト雑感

     いおなのイノセントフォーム、10歳の女の子が描いただけあって上手いじゃなイカ!
     後、劇場版のゲストであるつむぎのイラストとは6歳の女の子が描くとは興味深い。

    ・今回までのオレスキートリオ出撃カウント

     ナマケルダ:15回(成田脚本5回(1,2話含めて)、田中脚本3回、小山脚本1回、大場脚本3回、高橋脚本3回)
     ホッシーワ:11回(成田脚本2回、高橋脚本2回、大場脚本2回、小山脚本2回、田中脚本3回)
     オレスキー:12回(田中脚本:1回、高橋脚本3回、小山脚本2回、大場脚本4回、成田脚本2回)

    オレスキー:「次回も出来るオレのターン!」
    ホッシーワ:「あれ、オレスキーの出撃っていうの?」
    ナマケルダ:「次回は完全に怠けられて嬉しいですぞ」

    いいね

    • >やめろ、やめるんだ、クライシス!
      最近RXネタ好きですねtamai-keiさん。

      >さらに言うと、ケバいですぞ。
      上手いwww

      >やめろ、やめるんだ、クラ(略)
      今度は信彦関連でなにかお願いいたします。

      >「一番よりみんなで一緒にハロウィンしよ」「一人で一番よりみんなで一緒がいいよ」
       めぐみんとゆうゆう、説得する方向性が違いますぞ。

      >だからいおなが主役回のときかそれ以外の時も姉に関する話をしろと。何故恋話してたんですか。
      テーマが恋愛だからでは? そのくせ無理やりすぎなんですけどね。

      >呼び覚ますじゃなくて洗脳するの間違いじゃなイカ?
      きゅぴらっぱーwww  
      ストレス解消のため、キモ赤子●待SS完結編が早くみたいですwww

      >こうなったのはプリキュア(というよりブルー)側の対応のまずさ、しかも何もしないことが原因だろ。
      確かに。

      >柴田さんはどこまで笑顔を否定するんですか。
      その結果視聴率下落、売上低下ですからねぇ・・・w 笑っちゃいますよ

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中