youtube感想覚え書き(デンジマン)


デンジマン47話
あらすじ
ある日、赤城さんは海岸で奇妙な美少女を発見する。その少女、ベーダーに超能力でいたずらを仕掛けていた。
ボートラーが彼女を襲うも、ベーダーの手からデンジレッドが一人の少女を救った。
自由奔放な少女に困惑し、スーツでデートさせられる赤城さん。

そしてボート上で少女に名を尋ねる赤城さん。だが彼女は名を言えないと答える。
デンジスコープで覗くと、その手はウロコに覆われていた。
彼女は海の支配者・人魚族の人魚姫。一族のしきたりを嫌い、少女の姿となって自由な地上へ出てきたのだ。
人魚族の超能力を利用したいベーダーは、人魚姫の誘拐を計画。
赤城さんは帰るよう説得するが、少女は聞く耳を持たない。

そこに、ボートラーたちが襲い掛かり、先頭に。
その後、ひとり逃げ出した少女はヤクザものに襲われるも、赤城さんに救われ、一夜限りの美しいデートを楽しむ。
翌日、デンジマンはベーダーの野望を打ち砕くため、怪物・ボートラーと戦闘。無事、人魚姫を狙う悪魔を打ち破ったのだ。

その後、一夜限りの思い出を胸に秘め、人魚姫は海へ帰る。
貝殻で「サヨナラ」の文字を残して・・・。やがて、その文字も波に流され、どこかへ消えてしまうのだった。。。

感想

スーツも似合う赤城さんマジかっけぇ・・・!

以前もそうでしたが、デンジマンには魚人やら人魚やら、深海性の知的生命体が出てくる話が多いですね。脚本家がそういうのに興味があったんでしょうか?
デンジマン48話
あらすじ
女王はデンジマンとの決戦を決意し、ゼロ作戦を命じるが、事前に情報が漏れたため失敗-。次に霧作戦を命じるがこれも失敗する。
内部による裏切りを確信したヘドラーは怪物・サッカラーを処刑しようとするが、バンリキ魔王と手を組んだサッカラーは女王への反乱を起こす。果たして、ベーダー城内の内乱はどのように終息するのか?

とまぁ意気込んだあらすじでしたが、結局バンリキ魔王は凍結され封印されましたとさ。

感想
荒らし屋バンリキまおうがとうとう反乱を起こしました・・・!
今思うと、バンリキまおうはあまりにもヘドリアン女王様が人気が出てしまったために殺しづらくなり、替りに出した悪役なのではないでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中