シンケンジャー感想(37~38話


シンケン37話
あらすじ
流さんと千明の手がくっつく。殿が斬ろうとしても斬れない。仕方なく流さんは千明と二人三脚的な特訓を開始するが、上手くいかない。
その後、二人で力を合わせることの大切さに気付き、アヤカシを撃破する二人であった。

感想
脚本が小林さんじゃないとギスギス感が薄くて見やすいです。相変わらずホモ臭いですが。
なんか喧嘩してるんですが、ギャグ調で書いているせいか微笑ましいんですよね今回は。対立を経て絆が深まるって話を書くなら、こう言う風にしておけば視聴者も見やすいんですよね。其の辺、シンケン~ゴーバス時代の小林さんはダメだなぁと

というか、千明と流さんいつの間になかよくなったんやろ・・・。
妙に冷静な千明が笑えますwww

あと、海老折神と牛折神が動物体で活躍したのも個人的に評価したいところです。
シンケン38話
あらすじ
彦馬さんを墓参りのためおやすみさせようと殿達が奮闘する話。あとモウギュウバズーカを持ってきてくれました。
感想
( ;∀;) イイハナシダナー
彦馬さんへの殿の優しさや気遣いが染みるわぁ・・・!
隙間センサーを取っちゃって大丈夫なのかと思ったが、・・・ちゃんと敵探知はしているので問題なかったですね。今回はちゃんとフォローしてるし。まぁ雑務は黒子ちゃんにやらせても良かったとは思いますが。

こないだの榊原さんの家から野菜が届いたそうです。
つーか彦馬さん生身戦強すぎワロタw あと、鉄砲隊強すぎw
ってかダイゴヨウって、手足換装できたのかよ・・・w

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中