GOプリ感想と忍殺感想とFF7リメイク


オーズ風記事名と長らく更新せず、お許しください!(泉研チックに)
今日は大まか(というか大雑把)でw

・GOプリ(20話まで)
トワイライトの正体がカナタ王子の妹だったなんてー(棒)
まあ13話見ますとパフがあからさまにトワイライト知ってそうでしたので何かあるんだろうなぁとは思いましたが。
でもまだ本人と確定したわけではないので(高確率で本人ぽいけどw)分かりませんがやはりハマーン様ディスピア様に捕まって洗脳されたということになるんでしょうかね。
そうなると正直アレな理由で悪事に手を染めたミラージュよりは共感は持てると思います。
後は18話で描かれた絵本の内容と上手くリンクさせるような形でトワイライトがそれまでの悪事を反省して改心、味方化でしたら良い感じです。

・忍殺(9話まで)
ドーモ。ナンシー=サン、フォレスト・サワタリ=サン。
何と8話と9話が地続きという衝撃の事実ww
話が続かないのは割と日常茶飯事ですw(褒めてますw)

・FF7リメイク
まさかとは思いましたが、まだ発表とは言えPS4でリメイク来ましたねー。
FFシリーズでも革命的な作品かと思われる本作で、実際にこの後も続編や外伝が出たのを考えると人気が伺えるものです。
私もこのことを知って驚きました。当時小学生で7のポリゴンに感動を覚えました。
ゲームとしての面白さも抜群でしたが、何よりもヒロインが死ぬという展開があまりにも衝撃的で
その後主人公が精神崩壊になるからガチでへこみましたよ
(ノД`)・゜・。
実際どうなるかは楽しみではあるんですが如何せん私まだPS4はありません(オイ)
なので買うかどうかはまだ未定です。
というかFF9のリメイクはよ、7好きだけどw

(副管理人pon)

トライドロンとトップギアとバックギア(ドライブ感想)


今週のドライブ
第33話 誰が泊進ノ介の命を奪ったのか
あらすじ
進兄さんまさかの殉職である。
フリーズはすべての決着は付いたと宣言し去って行く
泊進ノ介が死んだ。彼の遺体からベルトは取れない。ゲンさんも霧子も嘆き悲しむ。

チェイスもまた死を悲しみ、せめて剛だけでも取り戻そうと立ち向かう。
本願寺課長も落ち込み、特状課を解散させようとする。替りを見つけろという仁良を怒鳴りつける。

一方、ハートは泊進ノ介を殺害した真影に激怒。そこに解毒剤を手に現れるチェイス。だが失敗し、追い詰められる。剛もマッハに変身して参戦。
だが、調子に乗ったブレンさんは剛に裏切られIパッドみたいなものを奪われてしまう。実は剛も特異体質で、操られてなどいなかったのだ。ロイミュードの全てがわかる究極の頭脳なるそのIパッド。だが、剛の表情は暗かった。
進ノ介を見捨ててしまった、姉ちゃんの笑顔を見捨ててしまったと泣き出す。だが、チェイスは彼を殴り飛ばし、「自分の信じたことを貫け」と諭す。それを霧子の役に立てるように言い残す。そのIパッドの中には蛮野博士の意思が詰まっていた・・・!

戻ってきたキューちゃんとゲンさん。特状課を忘れられず、戻って来た。そして剛は泣きながら霧子に冷やし土下座してこれまでのことを詫びる。霧子は剛を許した。
その後、進ノ介はベルトさんの力で仮死状態になっていたことが判明。剛が見つけた最後の手段で、進ノ介は復活させられることが判明。それには時速200kmでトライドロンを走らせねばならない。その難しい疾走に霧子が挑む。だが、それをフリーズが阻む。
そしてトライドロンが爆発し、霧子も進ノ介も倒れたかに思えた。だが、車内から進ノ介はみごと蘇った・・・!! ベルトさんの声が重なりながら。

ファイヤーオールエンジン! ベルトさんと進ノ介の声が重なり、ドライブはタイプトライドロンへと変身した!!
フリーズと互角の戦闘を繰り広げるドライブ。ベルトさんの心が進ノ介と融合したがためであった。『運転』を替り合い、フリーズを追い詰める。
「タイヤカキマゼール」でタイヤの能力を融合させ、追い詰める。そして、トレーラー砲で001を撃退!
だが、真影は真実の闇にもがき苦しめと言い残して爆発し・・・
感想
正直、微妙です。

なんかフォーゼのアリエス回の焼き直し感があって・・・演技もあっちのほうが気合入ってたと思います。
まぁガチ死亡だった人を生き返らせるのは倫理的にどうよ? とかいうフォーゼのツッコミを、仮死状態という言い訳で解消したので、悪くはないんですけどね。

とりあえずチェイスと剛の株は上々ですね。

久々にブレンさんが笑わせてくれましたwww

今回の描写から、チェイスは結果的に嘘をついてなかったことになりますね。ちょっと脚本ずるいです・・・

さて今回ベルトさんと合体してしまった進兄さんですが、これは人外化フラグなのでしょうか・・・・?