マッドマックス 怒りのデスロード感想


ドライブの劇場版で登場のネクストトライドロンがV8搭載と聞き歓喜な私ですw
V8を讃えよ! V8!V8!
すいません真面目にやります(´・ω・`)

長所
・とにかく疾走感

いやほんと疾走感あふれまくりなんですよ、デスロードなだけにw
荒野を車で駆け抜けるシーンとアクション大多数なんですがそれがもう面白過ぎて飽きなんて全く来ないんですよ
その上で静かなシーンはまた違った味があって良いのですが
・魅力的な登場人物
現実主義でありながらもどこかロマンチストなマックスを始め
物語のもう一人の主人公ともいえる女戦士フュリオサや敵であるウォーボーイズの一員から紆余曲折の末マックス達の心強い味方となったニュークス
敵のボスであるイモータン・ジョー様、逞しく成長するジョー様の妻たちのワイブス、かっこ良すぎるお婆さん集団の鉄馬の女たちといった様々なキャラクター達はとても魅力にあふれており憧れや共感等様々な感情を移入したくなるような素晴らしいキャラばかりでした。
・様々な車と火炎放射器ギター
マックスの愛用車インターセプター、ジョー様の乗るギガホースそしてドーフウォリアーの持つ火炎放射器付ギターw
あまりにもとんでもないセンス(誉め言葉ですw)にはもう興奮するしかありません。
・痛快なストーリー
荒廃した世界観ということもあり汚染されたフュリオサの故郷といった重いシーンは結構あります
しかしそんな中でも希望を掴み取るために決死の覚悟で戦うキャラ達の熱い生き様のお蔭でかなり痛快且つ陰鬱な気持ちを吹き飛ばすストーリーと言っても間違いは無いでしょう。
・吹き替え版のファンサービス
マックスの吹き替えはEXのAKIRA氏がジョー様は竹内力氏が担当しておりここはまあ賛否が分かれるとは思うのですが
敵役である武器将軍の吹き替えと予告の一つでは何とあの千葉繁さんが担当しており北斗の拳ファンにとってはこの上ないファンサービスに思えましたw
去年のゴジラ吹き替えでの佐々木氏起用といいこういうファンサービスってほんと嬉しいんですよ
短所
・少し説明不足なところがあり

劇中マックスは助けることの出来なかった人々の幻影に悩まされるのですが
それは劇中だけでは説明されません
(それに関しては前日譚として描いたコミック版で詳細が明かされます)
とはいえそれでもマックスが助けることの出来なかった人々というのは観れば大体分かるとは思いますが

総括
とんでもなく熱い面白過ぎる映画でした!
薔薇社長的に言いますと上の上の傑作映画と言っても過言ではないと思います ( *• ̀ω•́ )b グッ☆
北斗の拳のモデルとなったマッドマックスシリーズの新作ということもあり世紀末要素盛りだくさんで
そんな北斗の拳好きな私はもうはまりにはまりDVD出たら絶対レンタルするぞって気持ちで一杯ですw
(ちなみに原先生と武論尊先生もお褒めしておりましたw)
本作は全体的に精一杯タフに生きることの強さと大切さそして逞しさを描いてた思いました
劇中故郷が汚染されて新天地を目指そうとするフュリオサ達に対しマックスは希望を抱くなと言うんですがそれでも手薄となったジョー様の砦を攻めようと提案します
そのシーンを見て希望はただ与えられたり抱くものではなくどんな状況でも命を懸けて掴み取るものであると、そんな風に感じました
そんなマックスやフュリオサはどこまでも強く逞しいヒーローでありました。
とにかくまあ熱くて面白い映画だったのですが最後にまたこのセリフで
V8を讃えよ! V8!V8!(しつこいw)

(副管理人pon)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中