ゴーストと赤い車と白バイ(ドライブ感想)


ドライブ、乙カーレ!(まだ続くけどw)
今週のドライブ
第47話「友よ、君はだれに未来を託すのか」
あらすじ
共に力を合わせ、シグマサーキュラーに立ち向かうドライブとハート様。そして、タイプトライドロンはすべてのタイヤの力を結集させ、シグマサーキュラーを撃破! グローバルフリーズも人類のデータ化も無事阻止されたのだった・・・
そして、満足げに気を失い、ビルから落下する進ノ介。ハート様は彼を救いに走り・・・

進ノ介はとある森の中で目覚め、謎の黒い空間を目撃。だが、そっちに行っちゃダメだと警告する声が。それは仮面ライダーゴーストだった。ゴーストは幽霊怪人を切り捨て、彼を救う。

進ノ介は雨の中目覚めた。ハート様が彼を救ったのだった。もうとっくに人間を超えたと敬意を示し手を差し伸べる進ノ介。
だが、ハート様は残るロイミュードは一人だと、その手を拒む。
雨の中、ハート様と進ノ介の戦いが始まった。

854x480xcdc679bebbe282e170ab6fe0

戦いを止めるよう叫ぶ進ノ介。

「本当の悪魔は、人間の中にしかない・・・! 最悪の天才は蛮野博士だ。ロイミュードは人間の悪意をなぞっただけだ・・・! 犠牲者みたいなもんだ。ベルトさんだってそれはわかってる・・・!」
「だからなんだと言うんだ!」
「俺たち人間が・・・それを理解した今なら、きっとお前たちともやっていけるはずだ・・・。チェイスに続いて、お前まで失いたくないんだよ!」

真の悪は蛮野を始めとした人の邪心であり、ロイミュードはそれをなぞっただけにすぎないと言う。
だが、それを甘いと断ずるハート様。

「甘い・・・。そこが嫌いではなかったが・・・、お前は甘い!」
「決着の時だ人間・・・、泊進ノ介!」

止めの一撃を放とうとするハート様。だが、霧子にベルトを渡されても進ノ介は変身しなかった。
「最後の一撃まで、もたなかったか・・・」
ハート様のコアは既に致命傷を受けており、最早まともに戦える状態ではなかったのだ。
そして崩れ落ちるハート様。

「泊進ノ介・・・。せめて・・・お前だけでも覚えていてくれないか? ロイミュードという、この星の、新たな生物になろうとしていた奴らが・・・いたことを・・・」
「当たり前だ・・・。忘れるもんか・・・!」
頷く進ノ介。

CPTVF-yUEAA5QA4

CPTVWzDUAAAmuxG

「ありがとう・・・。最後の最後に、友達が一人増えた・・・。初めての・・・人間の・・・」

最後に微笑み、ハート様は逝った。
同時に、001のナンバーが消滅。
午後3時32分。ここに、108体のロイミュードは、全て撲滅完了したのだった・・・

全ては終わった。その後、ベルトさんはピットにその身を携えていた。
お別れを告げる進ノ介。全ては人類の手に余る存在であるドライブの力を封じるためだった。
最後にクリム・スタインベルトの姿を見せ、ベルトさんは地の底で眠りに就くのだった・・・
数日後、特状課が解散された。ゲンさんは捜査一課に戻ることに。
剛はチェイスの形見を手に旅に出ていた。

「悪いなクリム・・・。これだけはどうしても渡せない。いつかアイツのコアを蘇らせてやることができる、その日まで・・・」

66efe9d1gw1ew8k9fkm8aj20zk0k0juh-560x315

CPTXGLnUwAAOOz0 CPTXGaGUcAAxJHC
彼はハーレー博士に再会し、共に旅に出ることに・・・

wpid-1442704854329
進ノ介は特状課が離れがたく、久々に怠けグセを見せ、霧子に確保されつつも、仲良く赤い車でデートドライブしていた。
その時、彼を止める白バイが。そのバイクに乗っていたのは、チェイスそっくりのクソ真面目な友達のいない警察官だった。

wpid-1442705038164
進ノ介は微笑み、今度会いに行くと言い出す。
そして、やっとギアを入れることを決意し、特状課の片付けに向かうことに。

赤い車は未来へと進む―――

感想
綺麗に終わりましたね。
ハート様・・・(´;ω;`)
ベルトさん・・・(´;ω;`)
なるほど、ゴーストの出番は進ノ介を死から救うという登場ですか・・・。一度死んだヒーロー(らしい)が最初にやったことが人を死から救うというのは、なかなか良いスタートなのではないでしょうか。
なにげに超進化したフリーズさんをボコってるというw
剛にもハート様にも、最後にそれなりの救いがあって良かったです。

で、ドライブについてですが。総括は後ほど執筆いたしますが、私の評は『上の下』と言ったところです。
綺麗にまとめましたし、キャラも魅力的でしたし、話もそこそこマトモでした。

盛り上がる話や泣ける話もありました。
もちろん問題点も多々ありますが(というか三条長谷川脚本の悪いところが噴出しまくりんぐ)、ここでそれを語るのは野暮でしょう。

ドライブ、乙カーレ!!

広告

ゴーストと赤い車と白バイ(ドライブ感想)」への10件のフィードバック

  1. 管理人さんも乙カーレ!
    私としては平成ライダーとして久しぶりに一年か楽しめる作品でした。ただ、上に書いてある通り、欠点もあると言うのが否定しづらい所。
    しかし、それでも個人的には悪いとこよりも良い所の方が勝っていたかなと言うのが一年の感想です。

    >>なにげに超進化したフリーズさんをボコってるというw

    再生怪人の宿命を早くも背負ったのか……(困惑)

    いいね

    • 確かに悪いところもあるんですが、十分きれいにまとまったとは考えております。

      フリーズさんはアレですかね、フリーザ様おまーじゅなんでしょうか(笑
      (ぴーすけ)

      いいね

  2. 一週間早いですが、ドライブ全話感想感想お疲れ様でした!

    去年の今頃とは違って晴れやかな気持ちで最終回を迎えられたことを私も嬉しく思っています。
    私の言いたいことはぴーすけさんを始め他の方々が言っちゃうと思うので余り多くは語らないことにしますが、欲を言うなら最後のエンドロールでの愉快な仲間たちに加えて進之介と霧子のその後がどうなったかも知りたかったなーとも思ってしまいました(笑)。映画版と終盤のアレを考えると一部だけでも分かりそうですが。

    後は、戦いが全て終わった後主人公が一般人に戻るというのも大きな評価点ですね。ドライブという「外付け」の力ももうない、生来持ち合わせていたハートだけの人間としての日常に戻ったのは戦士としての使命から言わば「卒業」したということになるので、この終わり方が正解なのかなと思いました。鷲尾時代の、プリキュアのジュブナイル成分思い出しました。

    そして今度の仮面ライダーゴーストがどうなるのか、楽しみやら恐ろしいやら…そして彼の姿がデッドプールに見えたのは私だけでしょうか(笑)。

    いいね

    • そうですね、今年は確かに綺麗に締めたと思います。
      確かに日常に変えるという意味ではプリキュアっぽいのかもしれません。
      ゴーストはとりあえず様子見ですね。

      いいね

  3. ぴーすけさんドライブ最終話更新お疲れ様です

    今回進ノ介が取ったハートを尊重しながらも戦えなかった行動はあのメディックをも始めに同情した彼の性格にもっとも繋がっていて相応しい描写だったと思います
    その時は論理的におかしくてもその後の展開で少し考えれば何故この様な行動を取ったか納得出来る様にスタッフが務めていますね
    …プリキュアやってる連中にも見習ってほしいわぁ……
    今例年と同じ様な状態になってきているのでね…

    話が逸れましたが、総括楽しみにしております

    いいね

    • 確かに、進ノ介らしい描写ではありましたね。
      プリキュアは今のところ評判が良いようでうが、何かあったのでしょうか?

      総括はやや簡潔にはなりますが、ちゃんと書かせていただきます。楽しませていただいたお礼なので。
      他の作品も書かないと・・・
      (ぴーすけ)

      いいね

  4. 勘違いから、管理人さんの悪口に近いことをAmazonレビューに書いてしまいました。もちろん当該レビューは削除しますが、その前に謝罪させていただきます。いらぬレッテルを張りかけてしまい、申し訳ありませんでした。

    いいね

    • 申し訳ございませんが、どのレビューなのか明示戴けないでしょうか。
      また、当サイトは匿名記入をご遠慮いただいておりますので次回からはHNを付けてコメントをお願いします。
      (管理人ぴーすけ)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中