メタルダー感想(7話)


諸事情によりHNをツイッターのほうで使ってる「年男」に変更します
何卒よろしくお願いします

あらすじ

人間のことを知ろうとし街を彷徨うメタルダーこと剣流星、そんな中サッカーチーム「ドングリーズ」と出会いコーチを頼まれてしまう
サッカーのデータをインプットしドングリーズをコーチする流星、しかしネロス帝国の秘書がその様子を監視していたのだ
ネロス帝国ではメタルダー抹殺のためにヨロイ軍団豪将のタグスキーとタグスロンのタグ兄弟を指名する
タグ兄弟はこれまでネロス帝国の裏切り者たちを倒し現在の地位にまで昇りつめたのであった
「ドングリーズ」の試合当日、流星は試合会場に向かうがそこへタグ兄弟が襲撃してきたのだった

感想

メタルダーの1~12話はファンの間で名エピソード揃いと良く言われますが(もっとも路線変更後も見所のある話は多いです)
流星が優しいお兄さんとして描かれていたりと、お気に入りのエピソードの一つです
・タグ兄弟
ゴッドネロスが手塩をかけて育てたであろうタグ兄弟、実際この回では裏切り者たち(言わば噛ませ)を倒し豪将(軍団の長である凱聖の一つ下)にまでなったことが語られたのですから
そしてその中には暴魂や雄闘等の高い地位の者までいました、ネロス帝国が実力主義であることを考えると彼らの実力が伺えます
そしてメタルダーとは3回戦い、この回と劇場版でメタルダーを苦戦させました
このように作中でもかなりの強豪のはずなのですが悲しいことに25、26話では雑魚と化してしまうのです
デザインがかなり気に入ってたのでこの扱いはメタルダーでもトップクラスの不満点ですorz
ついでに言えばこの回で義兄弟と思われる伏線が張られるのですが路線変更の煽りによって無くなりました
/(^o^)\ナンテコッタイ
・流星の成長
兄弟について気になったりとまだ未熟な一面もあるんですが、喧嘩した子供達の注意をしたりと良きお兄さんとしての一面も見せる流星
ヒーローとしての成長も感じられる良いシーンだと思います
・以下突っ込みどころ
これまでタグ兄弟は裏切り者を倒して出世したことが語られ、多くの実力者を倒してきました
タグ兄弟の実力を知る上では分かりやすい描写なのですが、悪く言えばネロス帝国がこんだけ裏切り者を出してしまったことでもあるんですよね、中には軍団内の重役もいますし
まあ卑怯をモットーとするモンスター軍団や一応人間であるヨロイ軍団は裏切り者がいそうですが、戦闘ロボットはどう考えても欠陥でしょ
まあ機甲軍団のは逃亡だからまだマシかな(たぶん)

(副管理人 年男)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中