ヘボットとジュウオウと東映YouTube


ジュウオウジャー最終回迎えちゃいましたけど、DVDで追々感想を書きたいと思います
てかジャウオウジャーは良い感じにハマる戦隊かもしれません
・ヘボット
ヘボット17話感動した!、特にパチボットが親指立てながらプレス機に沈んでくシーンは涙なしでは見れなかった!
デデンデンデデン デデンデンデデン  パララーパーパーパー♪

17話やべえよ!、たぶん今までで一番やべえよ!!

あ、でもパチものは壊れやすいことを描いたのはトテモキョウイクテキダトオモイマス、ハイ(精神崩壊)
18話ですが何と…、公式で遂にヘボットの過剰摂取の危険性が描かれました!(迫真)
我々にこのような大切なことを伝えるとは…、なんという冷静で的確な判断力なんだ!!

・ジュウオウジャー
みっちゃんめんどくせえ(直球)
なんちゅーかめんどくせえ、でもやるときゃしっかりやるので嫌いじゃないわ!
しかし20~22話って味方化したワールド活躍回であると同時に実質みっちゃんの掘り下げ回でもあるよね
タスクやアムを通じてみっちゃんのキャラを描いてて面白いです、何だかんだで懸命で仲間想いではあると思うんですよね、色々と空回りしやすいですがそこも彼の魅力でしょう
22話は恒例の販促もといロボ合体回、敵側の能力を応用した合体に対抗しての合体が珍しいです
まあ合体するまで積み木みたくなってたのが若干シュールでしたw
23話は新幹部というか新規敵レギュラーバングレイ初登場回、やはり初登場時はかなりの強さを見せます
しかも能力で怪人の幻影らしきものを出しました、過去色んな再生怪人がいましたがこういった登場は結構珍しい気がします
第3勢力みたいな登場でしたが、刺激を求める&勧誘によってデスガリアンに入るのも本作ならではの面白さ
またゲストの少年を通じて大和のお兄さんっぽさやアムの掘り下げが描かれたのも良かったですね、しかしデスガリアンが破壊活動したのに花火大会をやるとは…、何というか逞しいw
しかしデスガリアンってコミカルっぽく見えて街を容赦なく破壊したりとやり口がエグイと思います、ここらへんしっかり悪役しておりますね(褒め言葉)
てなわけでジュウオウジャー追々ながらも楽しんでいこうと思います、ゴーカイジャーゲスト回早く見てえ

・オーレンジャー雑感(20話まで)
色々と路線変更したりと大変だったオーレンジャー、じゃあそれでつまらないかと言われたらそうでもないと思います、少なくとも20話までは
思うのは井上さんの書く話重すぎぃ!、15話なんてロボ戦ないのが徹底してます
そして19話登場の新ロボレッドパンチャー、動きがジェットマンのテトラボーイに似てます、前任のパイロットはまさかのファイブブルー
ファイブブルーではなく少尉の魂がオーレッドを励ます展開が王道してます
今回は超大雑把な感想ですが、面白いってなった回の感想とかも今後やっていこうかなと思います。
では
(副管理人 年男)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中