ビーファイターカブト23話感想


大まかな感想とか後程書きます、今は許してちょ(うざい)

ビーファイターカブト23話「誇りの荒野を走れ!!」

・あらすじ
買い物をした甲平とゆいは、悪ガキグループの悪戯で自転車が針金で絞められていることに気付く
悪ガキの一人俊は嫌々ながらもやってしまったことを言う、ゆいはそんな俊の気持ちをどこか理解しているようだ
一方、メルザード怪人オコゼゼゼは街の人々を襲うのであった
・感想
エクシードラフト35話をどこか彷彿とさせる風刺回
ゲストキャラである俊は仲間外れにされ虐められてしまうことの怖がっていました、1人になりたくないためにやりたくもない事さえやってしまう
でも俊の気持ちって良く分かります、少数派や孤独になるのって不安で、時には自分が間違っているんじゃないかと怖くなってしまいます
だからってあからさまに悪い事をやってしまうのはいけないことです
そしてこれってネットが手軽に使われるようになった今だと余計考えさせられるんですよね
同調圧力に屈したり、思考停止しでかい声に流されるまま多数派に属してしまう人って結構いるように思います、私も何度か見かけました
逆に言えばネットがあまり使われていない当時でさえ似たようなことが多かったのかもしれませんが
確かに多数派ってパッと見正しいのかもしれません、だからこそ色んな意見をちゃんと聞き、本当にその意見が正しいのかと考えること
そして自分自身でしっかりとした意見を持つことこそが重要なのではないでしょうか
ただマジョリティな立場やマイノリティな立場になるということではなく、モラルを考慮した上で自分の意思と誇りを大切にする
扇澤先生はそのことを描きたかったのかと思います、それこそが甲平の言っていた荒野かもしれません
ネットの問題や凝り固まった考えが可視化される昨今だからこそ、この回に強いメッセージ性を感じました、真に勝手ながらではありますが。

さて凄く偉そうな感想を書いてしまいましたがイカ思ったこと

・俊をいじめていた悪ガキ共痛い目にあっても反省せず、某異次元人にさえ軽蔑されたマスゴミみたいですね(小並感)
・ライジャ様とミオーラ様登場せず
・折角ビーファイター倒せそうだったのに余裕こいちゃって負けたデズル様、まあ悪役のお決まりですw

(副管理人 年男)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中