キュウレンジャー8話感想


キュウレンジャーなのに10人とはこれ如何に、尚まだ8話w(苦笑)
戦士である前に料理人であることを主張するスパーダ、目の前でお腹を空かしている人たちがいるからこそ説得力のある言葉でしょう
反論しつつも一定の理解を見せるショウ司令、もっとも司令の言うことも間違ってはいないです
組織そのものを倒さない限り同じことが繰り返されるのは確か、司令官として私情を捨てるのも分からなくもないんですよ
ある意味どちらも正しいと言えるでしょう
ジャークマター2大幹部の圧倒的強さ、これほど歯が立たない強さを見せる幹部は結構少ないんじゃないでしょうか
そんな窮地の中司令官が変身するキョウリュウバイオレットリュウバイオレット
司令官が変身といえばデカレンジャーを連想させます、戦う時間に制限あるのがメガシルバーみたいです
だからこそ強さの調整にはなっています、ブライ兄さんみたく要所要所で参戦という形になりそうです
司令官とスパーダメインの回であった今回、今後それぞれのキャラを掘り下げることが不安要素、初期9人の戦隊は前代未聞ですからどうなることやら
今回はスパーダが中心かと思ったので彼の料理人としての在り方に触れていたように思いました
色々不安要素がありますが今後解消されていくかどうか、そしてどう本作を魅せていくか楽しみです。

(副管理人 年男)

広告