グリッドマン1話感想


グリッドマン1話
「新世紀ヒーロー誕生! 」

・あらすじ
桜が丘中学校中学生翔直人、馬場一平、井上ゆかの3人は秘密基地で自作のコンピュータージャンクを作っていた
ある日直人の弟の大地が盲腸にかかってしまいゆかの父が経営する病院へと運び込まれた
そんなときゆかにラブレターを渡しそびれた藤堂武史は失意の中、大地が入院している病院にハッキングをする
ハッキングをしている最中、武史の感情に目をつけた魔王カーンデジファーが武史のコンピューター内に出現する
カーンデジファーは武史の作ったハッキングプログラム「怪物ギラルス」を怪獣ギラルスへと実体化させコンピュータワールドに送り込み暴れさせ現実世界の制服を企む
暴れまわるギラルスにより異常事態が起こる現実世界、直人達はギラルスを止めようとするも太刀打ちできない
そんな中直人達の秘密基地に一筋の光が舞い降りる、光は一平の描いたCGに乗り移り電光超人グリッドマンとなる
グリッドマンと合体した直人は怪獣ギラルスに戦いを挑む!

・感想
SSSSの放送と原作再放送したので感想書きました
ポイントとしてはちゃんと3人の活躍がしっかりと描かれてるところだと思うんですよね
直接怪獣と戦う立場にいる直人、そしてそのサポートをする一平とゆか
2人の活躍があったからこその勝利、上手い作りでしょう
けれどグリッドマン説明不足ですw、まあ怪獣の対処しなきゃならないので説明してる余裕はないと思うんですけどね
そして初回の武史、3人とは対照的に孤独、そんな中来訪したカーンデジファー様
初回の武史は戸惑っていることが多かったように思えます
(電子レンジがカーンデジファー様の秘密を探る装置と嘘ついたりオカマにセクハラされたりとネタキャラとして覚醒するのはまた先の話)
出だしは好調のグリッドマン、今後も面白いエピソードが盛りだくさんです

(副管理人 年男)

広告