youtube感想覚え書き(デカレン)


つべとまりすぎです・・・。一応何とか全部見れましたが。
49話
あらすじ

突然デカーベスに侵入してきた大量のメカ人間達。
スワンさんも急襲され、変身するまもなく倒れてしまう。
アブレラと対峙するドギー兄貴。実はデカベースに侵入していたアリエナイザー達から、デカベースの構造に関する情報を得ていたのだ。
嘗て逮捕されたエイリアン達も現れ、大苦戦。・・・と思いきや、多人数相手に互角に戦う。だが、人質にされたスワンさんを庇い、苦戦を強いられる。そして、剣が吹き飛んでしまい・・・
一方、デカレンジャー6人も巨大ロボに苦戦し、駆けつけるのが遅れてしまう。その隙になんとアブレラにデカベースを乗っ取られてしまうという最悪の事態に。
幸い警視庁への連絡が速やかだったため避難が完了しており、人的被害はなかったようです。
ロボを撃破されてしまい、廃墟と化した街に放り出されるデカレンジャーたち。
何とかボスと連絡が取れたが、ボスは俺のことはもう忘れろと弱気なことをいう。
ボスがいないと私たち・・・! と弱音を吐くウメコ達だが、ドギー兄貴は彼等を叱りつけた直後、事切れてしまう。
衝撃を受けるジャスミン達。彼らのもとに長官から連絡が。
アブレラは惑星間戦争を陰で起こし、銀河を破滅させた最悪の武器商人であり、アリエナイザーらしい。
幸い、既に援軍を地球に派遣してくれた長官。到着次第、デカベースロボを爆破すると言う。その決断に怒るデカレンジャー達。
長官は無茶をして命を落とさぬようにと彼らを留めるが、デカレンジャー一同はその決断に反発。ボスの救出を決意する。
とりあえずセンちゃんのシンキングポーズでデカベース跡に行くことになる。なんとスワンさんの計らいで、地下にパトウィングが隠されていたのだ!
パトウィングロボで反撃するデカレンジャー達。テツの操縦するパトウィングロボを囮にし、デカレッド達五人がデカベースへと侵入。
だが、アブレラによって強制的に変身に解除され、救援部隊も罠がかけられていることを知ってしまう・・・!
はたして、地球の運命は・・・・!?
感想
アブレラはあんまり巨悪って感じがしないですね。どっちかというとめんどくさい敵って感じです。
ロンのような厄介さや人を弄ぶ卑劣さも足りないですし、センキやヨゴシマクリのような巨大戦力全滅という絶望感もないです。(そもそも宇宙警察の巨大戦力が宇宙にまだまだ沢山いますからね!)
何より、半分私情でデカベースを乗っ取って遊んでる辺りに小物感を感じます。
調べてみたら、戦隊シリーズの強敵議論でもそこまで強いレベルではないと結論付けられてるようです。
そして危機に陥るデカベース。
だから少人数制の組織はいかんと、私何度も言ったじゃないですかー!!
ホントに宇宙警察は飛んだブラック企業ですよ、ったく・・・
ドギー兄貴の死に強い衝撃を受けるジャスミンのキャラは一貫してていいですね。
テツの、単身の決死の戦いは良かったです。
デカ50話
あらすじ

アブレラによって強制的に変身に解除されてしまい、絶体絶命の危機に陥るバンたち。
だが、マーフィーが救援に駆けつける。とりあえず分散して体制を立て直すことに。
一方テツは、ひとりパトウィングロボに騎乗し、デカベースロボと交戦していた。
いつの間にやら脱出していたスワンさんは、その様子を見ていた。彼女の言う、完成したばかりのデカベースのシステムとは・・・。
ジャスミンはボスの残したDソードベガを使い、戦う。超能力を使い、ボスの真意を悟る。デカベースロボの隠しコントロール装置が、マーフィーの小屋の中に隠されていたのだ・・・・!
ジャスミンはスイッチの点滅で隠しメッセージを伝える。そのメッセージを悟ったバン達は・・・!
ウメコはお風呂に入って、アリエナイザーの囮になる。トンデモない速度の早着替えで翻弄する離れ業を見せる。
ホージーさんは神業の射撃で基地のヘリコプターを起動させ、初めて「相棒」とバンを呼ぶ。
そんな彼に、「相棒って言うな!」と返し、去ってゆくバン。
仲間たちの顔を思い出し、アンカーを勤めるバン。メカ人間の大軍を蹴散らし、何とかコントロール装置のスイッチを起動し、デカベースを奪い返す。
変身機能も回復し、五人は一気に逆転を開始する。
6人の刑事は名乗りをあげる。
OPもかかり、デカレンジャー最後の戦いが始まった!!!
逆転されたアブレラ達に、もはや勝ち目はなかった。
デリート判決を受け、エージェント・アブレラは倒される。
だが、彼は「この世から犯罪のなくなることはない、誰の心にも私と同じ欲望がある」と捨て台詞を吐く。
それでもデカレンジャーは「俺達は正義を信じ戦う」と返し、アブレラにキャノン砲をふっとばし、撃破!!
とうとう、宇宙の巨悪は倒されたのだった!
だが、ボスは死んだ。その事実に打ちひしがれ悲しむウメコとジャスミン、そしてバン達。
しかし、ボスは生きていた。彼の生還を喜び、抱きつくバン達。特にジャスミンの喜びようは半端ないものだった。
お前たちを誇りに思うと、彼らを褒めるドギー兄貴。
「これにて一件コンプリート、メガロポリスは日本晴れ!」
その後、テツは正式に地球所に配属された。改めてよろしくお願いします、と仲間たちに言う。
ホージーさんは犯人を追っかけ(なぜか下着泥棒っぽい)、センちゃんはアンパンを食べて逆立ちし、ジャスミンは華麗に銃撃。
ウメコはマーフィーとお風呂。(←マーフィーそこ替わってください)
そしてどこかの惑星。バンは少年の頭を優しくなでていた。
トッキョウ部隊で、彼は新たな犯罪に立ち向かう・・・!
デカレンジャー 完
そしてレジェンド大戦へ・・・!
感想
マーフィーが久しぶりな感じがします。
六人での敵陣突入、そして決戦は熱かったです!
それぞれのキャラを生かした戦法と役割を果たしてるのは良かったです。
ウメコのお風呂戦法、センちゃんの逆立ち、ホージーの銃撃、ジャスミンのエスパー、バンの鉄砲玉ぶり・・・。
この点は文句なく面白かったです。
これ以降は愚痴になるので、ファンの方は閲覧をお控えください。

続きを読む

広告

youtube感想覚え書き(デカレン)


でカレン47話
あらすじ

行方不明者が相次ぐ事件。そこには稲妻が目撃されたと言う・・・。その話を聞き、いつもにも増してジャスミンとホージーは気合を入れて捜査に挑む。
なぜか冷静さに欠ける二人に困惑するバン達四人。
彼らが捜してたのはテリーX。嘗て彼等が地球署に配属された時、取り逃がした犯罪者だった。
二人はテリーXに捕まった時、デカレッド候補+先輩だったギョク・ロウに助けられたが、テリーXの爆死で彼の刑事生命が失われてしまったのだ・・・。
それゆえ二人は、責任を感じていたのだ。
焦る二人は、チームプレイも忘れてテリーXに苦戦。
一方、バンはギョクロウの居場所を教えろと別惑星の上官に詰め寄っていた。
彼は何処かからギョクさんを連れてきた。彼に二人を叱ってもらうためだったのだ。
二人はようやく萌えるハートでクールに戦う心を思い出し、テリーXを撃破するのだった・・・!
その後、ギョクロウさんはSPDファイアースクワットを作る計画を話す。
彼は、バンを俺に預けてくれと言い出し・・・!
感想
バンの気遣いがなかなか素敵な回でした。
そして、一話完結かと思ったら続きがあったわけですが・・・!
ギョクロウさんは、レオのモロボシダンオマージュらしいです。確かに、見た目だけなら結構似てますね。
デカレン48話
あらすじ

ファイアースクワットに移転が決まったバン。何処か地球署の面々も寂しげだった。
だが、彼は浮かない顔をしていた。地球署には、自分以外の弾けた奴がいないと心配していた。
そんな彼に、俺が火の玉になりますと言うテツ。彼の言葉に喜ぶバンだが、まだ彼には任せられんと、内心思っていた。
彼はある時、謎の車両強盗犯を発見。追いかけるが「俺じゃない」と不審な言葉を言い残し、エイリアンは自殺。彼に触れたバンは、謎の触手に襲われ・・・
その後、突如バンはパトカーを使って逃げ出す。何事かと混乱する一同だが、彼は寄生型宇宙人に付着されたと判明。
その寄生虫エイリアンは地球の大陸を水没させるつもりだった。
だが寄生虫を撃てば、バンも死してしまう。意に反して動かされるデカレッド。
ホージーが寄生虫を撃とうとするが、躊躇ってしまう。そんな彼等に、躊躇ってる場合かと一喝。
テツは「火の玉になる」と言った言葉を思い出し、デカブレイクに変身。ハイパーエレクトロフィストをバンの心臓に打ち込む。
心臓が停止し、寄生虫が離れてしまう。その後、寄生虫をムッコロすテツ。
彼をウメコ達は非難するが、テツはもう一発電撃を心臓に叩き込む。彼を仮死状態にして寄生虫を離れさせた後、もう一度蘇生させるという無茶苦茶な作戦をしでかそうとしていたのだ・・・!
その無茶苦茶ぶりに、バンは自分を超える火の玉っぷりだと褒める。
そしていつものように始まる巨大戦。だが、それはアブレラの陽動作戦だった。
アブレラとその兵士達がデカベースを襲撃して・・・!
感想
寄生虫の解決策が、インビジブル・ドーパントの話とほぼ同じじゃないですかー!
塚田Pの持ちネタなんでしょうか・・・!?>仮死状態にして死なないと取り出せない敵の施術などを除くネタ
とりあえず、ウメコはテツに冷やし土下座してごめんなさいしましょうね(ゲス顔)
まぁ解決策がぶっ飛んでるので、責められても仕方ないところですが・・・。
バンごと寄生虫を冷凍して、冷やし外科手術するとかは駄目だったんでしょうか・・・?
とはいえ、テツの成長とバンとの信頼関係を描いた回としては、なかなか良かったのではないかと思われます。
さて、次回からいよいよ最終章! 今後はどのように展開していくのでしょうか?

youtube感想覚え書き(デカレン)


デカレン45話
あらすじ

年末大忙しの地球警察署。
そこに謎の人形が届く。どうやら、恨みの念がとても強いらしい。
デカレンジャーの一員は、それぞれに心当たりがあると回想を開始する。
その結果、嘗て登場したジーバの仕業ではないかと捜査を開始するが・・・
そのジーバは改心し、テレビ番組で仕事していた。
これはラブレターではないかとセンちゃんは推理。ジャスミンとウメコは自分に向けられたものかと勘違いし、人形を奪い合う。
とりあえず、犯人を誘き寄せるため、ジャスミンとウメコが囮作戦を開始。
またテツが女装する。犯人はテツの女装に惚れた両性具有のエイリアンだった。
彼に愛されるテツ♂で締め。
感想
ただの箸休め回想回でした。
あとテツの女装を楽しむ回です。
今回は妙にジャスミンとウメコが生々しいです。脚本が横手さんだったからでしょうか?
というか、普段のジャスミンが男に興味なさげなんですよね・・・。(特に武上脚本で)
ぶっちゃけ、横手脚本以外のジャスミンは、男に興味なさそうというか、ウメコを(百合的な意味で)狙ってるというか・・・。
デカレン46話
あらすじ

*何度もデータが吹っ飛んだため、簡略化いたします。そのうち追記するかも。
ウメコがアクアワールド大洗でデートし、結婚詐欺師に騙される話。
センちゃんが彼女を救い、ウメコがセンちゃんに惚れるオチで。
感想
アクアワールド大洗、懐かしいです・・・
サイコマッシュは後のダブルやフォーゼにも見られる、麻薬の暗喩描写を想起させますね。
今回灰にされた女性も、実は麻薬中毒者の末路を暗喩してたのではないかと思われます。・・・おお怖
二年後にウメコが草加雅人とデートするのも、乾巧って奴の仕業なんだ。

youtube感想覚え書き(デカレン)


デカレン43話
あらすじ

ホージーの妹さんの結婚式に呼ばれた、バン達デカレンジャー一行。
なんだかんだ言って彼を認めてる節を見せるホージーだが、彼とは長く居られないと妙な事を言い出し・・・。
デカレンジャー達は、意味深な伝説をエージェントアブレラに伝えられる。そして、隕石が再び地球に迫っていることを知る。
解決策は、デカウィングロボでギリギリまで近づき、隕石の重心をキャノンで破壊するしかない。
ホージーさんは俺一人でいいと志願するが、バンは納得がいかず・・・。
結局独りで出発するホージーさん。と思いきや、バンはデカウィングロボに乗っていた。力を合わせ、隕石の撃破に成功・・・! と思いきや、隕石はコアが無事だった。
ホージーさんは特攻しようとバンを逃がそうとするが、ミワちゃんを残して逝かせたくないバンは、ホージーさんを逃がして自ら特攻し・・・!
隕石は無事爆破された。だが、バンの応答はなかった。彼の死を、涙を抑えきれずに胸の内を吐露するホージーさん。一方、地上ではブラウゴールとデカベースロボが戦っていた。
ブラウゴールを倒すため、力を合わせる三大ロボ。
その時、コアを最大限接近して破壊し、無事に帰ってきたバンがしれっと登場。
四大ロボのオールスター・アルティメットバスターでブラウゴールを撃破し、地球を守るのだった・・・!!
その後、焼肉をめぐって争い合うバンとホージーだった・・・。なお、タン塩はジャスミンに食われました。
感想
話がもろアルマゲドンのパクリなのは、塚田Pだから仕方ないですね。若干アバレンジャー成分もあるような。
ところで、デカウィングロボは遠隔操作で地上から操縦できなかったんですかね・・・? まぁそれができたとしても、人が乗っていたほうが正確な射撃ができるんでしょうけど。
あと、巨大ブラウゴールの鳴き声が、もろ初代ウルトラマンのドラコな件について。
デカレン44話
あらすじ

妹にクリスマスプレゼントを買っていたホージーさん。突然、ボスに似た剣技を持つビスケスに襲われ、階級章バッジを奪われてしまう。
その後、センちゃんとウメコも襲われ、階級章を奪われる。
宇宙警察への挑戦と判断したドギー兄貴は、自ら出動を宣言。待機命令を下されたバン達だが、テツは納得できず独断行動を開始。そこそこ善戦するが、目潰しを喰らって敗北。
実は、ビスケスとドギー兄貴は兄弟子だった。更にドギー兄貴は嘗ての師にビスケスの事を頼まれていたのだ。その事を思い出してしまい隙をつかれ、階級章を奪われてしまう。
残されたバンとジャスミンは、地球署の意地を見せると二人仲良く飛び出す。二人で戦闘員相手に突撃するが、苦戦。そこに加勢するホージーさん達とドギー兄貴。彼らも怪我を押して戦いに赴いてきたのだ。
彼らも、地球署の意地を見せると出撃してきたのだ。
スワットモードで暴れまわるデカレンジャー達。ボスも、ベカインパルスでビスケスを一刀両断。階級章も取り戻し、アブレラの野望を見事打ち砕くのだった。
デカレンジャー達は、アブレラを倒す決意を新たにするのだった・・・
次回、のろいの人形登場・・・。
感想
ソードアルタイルの鳴き声がモロ初代ガイガンな件。
次々と味方が倒れてゆくこの話は、なんか帰ってきたウルトラマンのベムスターの話を思い出しますね。
ウルトラシリーズにも関わってきた武上さん故、ちょっとオマージュ入ってるのかもしれませんね。

youtube感想覚え書き(デカレン)


デカレン41話
あらすじ

ジンギなるアリエナイザーが登場。
「人殺しの技などくだらない」と言うセンちゃんの言葉に激怒したジンギは、センちゃんに技を仕掛け・・・!
目覚めたセンちゃんは、何処かに閉じ込められていた。その時、少年時代に古井戸に落ちて閉じ込められた事を思い出し、閉所恐怖症を発動してしまう。
バンからの情報を元に推理を開始するが、トラウマが再発し、怯えだしてしまう。
だが、バンの「バカヤロー!」と言う声で落ち着きを取り戻し、何時ものように逆立ちしてシンキングポーズ。
見事な推理で謎を解き、「ジンギの鞭髪が異次元へ飛ばす能力持ち」だと判明。
ホージー達は逆転。が、何時ものように怪重機が出現。
押し潰されそうだったセンちゃんも、『赤いおまわりさん』が見事救出し、事なきを得るのだった。
感想
センちゃんの弱点が明らかになったお話です。
睦月と同じ症状を発するセンちゃん。それを一喝して救ったのがバンでした。
バンが理想の警察官・・・!? 申し訳ないが、それはちょっとないなぁ・・・(笑)
バンはそんな嫌いでもないですけどね。
考えてみると、特撮における理想の警察官って誰でしょうね?
個人的には、ゴーゴーファイブのダイモンと、アギトの氷川さんを挙げてみたいと思います。
デカレン42話
あらすじ

謎のエイリアンが出現。どうやら採石場にあった骨と関連してるらしい。
ジャスミンのエスパー能力でもよく分からない。そこで、スワンさんが調査してみる事に。
ある時、バンとパトロールしていたホージーは、実妹のミアと出会う。近いうちに結納があるらしいが、参加できないと断るホージーさん。そんな彼に、出てやれと説得するバン。
その後、天文台にいたモンテーン博士は殺害され、サボテンみたいなニカレーダとすり替わっていた事が判明。すり替わった何者かが、隕石を呼び寄せていたのだ・・・!
デカブルーとデカレッドは、物凄い勢いで敵を撃破してゆく。すべては、結納に間に合うためだった。ブラウゴールも、ほぼワンパンで粉砕するのだった。
その後、職権濫用して、デカウィングロボで、夜の結納会場まですっ飛ばすバン達。
そこには、笑顔で迎えてくれた妹と、結婚相手のお兄さんがいたのだった・・・。
そして、ブラウゴールはなんともう一匹いた・・・!
EDで、妹が嫁に行き、ワンワン泣きだすホージーさん・・・(嘘)
感想
イイハナシダナー!
細かい事を抜きにすると、バンの心遣いが暖かい回でした。
ホージーさんとバンのコンビ回は、地味に久々な気がします。中盤はテツバンとか、ジャスミンウメコのコンビ回が多かったですからね・・・。
ホージーさんはあんだけ働いているんですから、有給休暇取って結納くらい行ってやれと、バンじゃなくても思いました。
毎度思いますが、地球署は人材不足問題を、もっと改善すべきだと思います!!
猿教官は何をやっとんねん!?
しかし、そもそも街に巨大宇宙人が出た時点で結納も句祖もないと言うのは、言わないお約束でしょうか・・・!?
惑星を食らうエイリアン・ブラウゴール。まさか、ギンガマンの魔獣ダイタニクスの眷属か・・・!?

youtube感想覚え書き(デカレン)


デカレン39話
あらすじ

いきなり基地が壊滅したデカベース。残されたウメコは、ミームなるアリエナイザーと独り対決するはめに。
・・・と言う夢だった。
と思ったら、仲間が操られて戦う羽目に。
と思いきや、今度はいきなり街中で僧侶と交戦になる。
と思いきや、今度はまた服を着たまま風呂の中に落ちる。
と思いきや、クマさんだらけのベッドルームでクマさんと戦う。
と思いきや、今度はバスの中で白マスク男と戦い、
と思いきや、ゴミ捨て場に落下して指きりげんまんしたこと、ミーメの居場所を探る事をジャスミンと約束したと思い出す。
その直後、ミーメに接射され、血まみれになって倒れる・・・。
そして、ジャスミンに後を託して事切れる・・・。
実は、ここまで全てウメコの夢だった。ミーメの情報を探るため、
一方、ジャスミンはそこからヒントを受け取り、ミーメの居場所を突き止める。
が、彼女も夢の中に閉じ込められ、ピンチになる。だが、キュアブラックの如く鉄拳でバスを粉砕し、鬼畜っぽい言動でミーメを夢の中で撃破!
ミラージュディメンションで幻を見せていただけだったのだ。
その後、まるで恋人同士のようにいちゃいちゃするウメコとジャスミンだった・・・
EDは勿論、「いつも緊急ラブコール」でした。
感想
ジャスミンとウメコ回です。
同年度のブレイドでも、いきなり初回で組織壊滅しましたね・・・
今度、「二人(ウメコとジャスミン)でカフェに行こう」とか、『恋人同士のように』とか男性陣に言われる辺りに、百合っぽさを感じます。
本編後、センちゃんはウメコと付き合ってるという裏設定がありますが、ジャスミンには男っ気が全くなかった辺り、やっぱジャスミンってその気があるんじゃないかという・・・
いや、もしくはケモナー(=ドギーの兄貴萌え)・・・?
アエリナイザーのデザインが昆虫と女性を上手くドッキングしていてカッコいいですね。
デカレン40話
あらすじ

火の用心のボランティアをするバンとテツ。そんな時、ホントの火事を発見。
アリエナイザーが登場し、デカレンジャーが立ち向かう。その時、テツのチーフだった特キョウのデカブライトさんが登場。かみなりパンチでアリエナイザーを撃退。
テツは、いつまでもデカレンジャーなぞの下にいるなとブライトさんに殴り飛ばされる。テツはそんな上司に反論するが、ブライトさんは彼を手元に戻そうとする。
ブライトさんは、逸って死ぬような事にはなってほしくなかったのだ。
一方、テツは冷静さと気持ちのどっちが大事なのかとバンに問いかける。バンはどちらでもない、正義が大事なのだと言うが。
その後、またアリエナイザーが現れる。テツは咄嗟に少女を助けるが、ブライトはアリエナイザー撃退を優先し、去ってしまう。
少女を病院に連れて行ったテツは、アリエナイザーの本体を発見。
「バッジの色がどうあろうと、人を守りたい。だって俺、刑事だもん」
その後、ピンチになったデカブライト。そこに現れるデカブレイク。少女の言葉から本体の炎を見抜き、拳を叩き込む。
怪重機に乗り込むアリエナイザー。業火でデカウィングロボを苦しめるが、バン達は負けない。
「正義の心はこんな炎で負けない」 その不屈の心が炎の魔人を打ち砕くのだった。
EDで、ブライトさんがむっちゃ怖い教官だったとバラすテツ。おそらく、その後鉄拳制裁されました。
感想
「ブレイドは後半から面白くなる」というのが定評ですが、私はこの言葉はデカレンジャーにこそ当てはまる気がします。
とりわけ、テツ登場後からがよく当てはまりますね。
塚田P作品恒例の、『エリート=嫌な奴』描写ですね~♪
こういう悪癖は、正直言って、今でも「なんだかなぁ・・・」と思わざるを得ないですね。
ぶっちゃけ、古臭いドラマのまんまじゃないですか。
そもそも、高学歴の人が全員あんな感じとは限らないわけでして・・・。私自身、高学歴の人で人間的にマトモな方を何度も見たことがございますので、こういった塚田作品の描写には反感を抱かざるをえないのです。
この辺、どうにかなんなかったのかなぁと、今でも思います。
もっとも、ブライトさんの発言の裏にはテツを心配することを示唆させる台詞がありましたので、さりげなくフォローはなされていますが。
愚痴ばっかになっちゃいましたが、地球に来て変わったテツは良かったですし、名言もしっかり戴きました。
「バッジの色がどうあろうと、人を守りたい。だって俺、刑事だもん」
バンの言いたい部分も、要点はここなのでしょう。
また、バンの「大事なのは、冷静さでも気持ちでもない。大事なのは、正義だ!」と言うのも、彼の成長を感じさせますね。
言い換えれば、どちらも尊重されるべきと言うことですね。
彼も地球に来て、冷静さの大切さを(ホージーさんやセンちゃんから)学んだのでしょう。
ところで今回横手脚本なんですね。
なんだよ、横手さんってふっつうに良い話書けるじゃん!! 

youtube感想覚え書き(デカレン)


デカレン37話
あらすじ

トッキョウ試験に挑戦中のホージー。
常勤をこなしつつパーフェクトにクリア。まさにマーベラスである。
後は最終実地試-験を残すのみとなっている。
彼には、いつの間にかできた恋人・テレサが心の支えになっていた。
その頃、街では若い女性ばかり狙った殺人事件が多発。身体から栄養素を吸う事件である。
その事件には、クロードというテレサの弟が関わっていた。
彼は医者で、若い女の身体から、彼女の身体を治すための養分を抽出する実験を繰り返していたのだ・・・!
彼を止めるべく、銃弾を放つホージー。その一部始終はテレサに見られていた。
特キョウの試験に合格したホージー。だが、彼は辞退し、テレサは行方不明に。
その後、墓参りに訪れたホージーの前に尼僧が現れる。だが、二人は何も交わさず去って行った・・・
スワンさんは4年に一度しか変身しない主義らしい。
・・・レジェンド大戦は?
感想
ホージーの悲劇シリーズ。
マイク星人にとって地球の酒はキツイらしい。多分ワインなんだろうけど、きついのか・・・。
気持ちは分かります。
どっかの長官は、ニワトリみたいなキジみたいな宇宙人なんですね。
犬猿雉、三匹揃い踏みもちょっと見たかったです・・・w
デカレン38話
あらすじ
地球署に保護を求めてきた、ファルファ星人ヤーコ。
金庫破りから足を洗おうと逃げてきた。ヤーコを護送し、アリエナイザーの隠し金庫へ向かうデカレンジャー。
ところが、道中車酔いが酷すぎて、大変な事に・・・。そこで、その辺のオッサンから自転車を借り、バンが運転することに。
オッサンの正体は、ヤーコのボス・ギャンジャバだった。自転車には超強力爆弾が仕掛けられており、しかもヤーコの両親は彼に殺されていた。
必死こいて彼女を助くべく、自転車を漕いで戦う。だが、妨害されてしまい、ヤーコが空へと
ヤーコはハートに火が着いて燃え上がると大人になるらしい。中川翔子ソックリの天使の姿に変わり、バンを空に飛ばす。
そして、ギャンジャバは無事撃破!
ヤーコの心の鍵を開いたバン。だが、バンは彼女を嫌がり、逃げ出すのだった・・・。
感想
楽しそうに運転するバンの笑顔が爽やかです。