youtube感想覚え書き(BFJ)


BFJ51話
あらすじ

前回、鉄山将軍に切り倒されたヘッダーは、醜いヘッダー怪人として復活。
超魔力によって、死した巨大ロボ達を復活させる。
バトルフィーバー達は、バトルシャークとバトルフィーバーロボで巨大ロボと戦闘機軍団に立ち向かう。
だが、電光剣唐竹割が効かず苦戦。
ロボを操っているヘッダー怪人を発見したバトルフィーバー達。巨大ロボの攻撃を躱しながら、ヘッダー怪人の元へと向かう。ペンタフォースでアッサリヘッダー怪人が撃破されるが、その破片がケニアの足にくっつき・・・
マサルは、悪い予感から姉を心配するが・・・
その頃、破片となったヘッダーの目が動き出し、復活。蘇ったヘッダー怪人は、恨み深き鉄山将軍の寝室へと向かう。
だが、鉄山将軍はアリが畳を這う音が聞こえる男だった。彼に奇襲などは通じず、窮地に追い込まれるヘッダー怪人。
だが、ヘッダー怪人は自爆装置を起動させると脅迫。鉄山に土下座をさせようとするが、鉄山は拒否。
考えるふりをしていたが、それは囮だった。キュウタロウに凍結光線を吐かせ、ヘッダーを爆弾ごと凍結させる。
ヘッダーは熱戦により焼き尽くされ、とうとう滅びたのだった。
ケニアは、キュウタロウの洞察(*キュウタロウはケニアに何度も警告していた)と機転に、恐れ入りました! と土下座するのだった。
ヘッダーロボとバトルフィーバーロボが戦う。ロボは一瞬の隙を突き、ヘッダーの亡霊を切り落としたのだった!
ヘッダーの死を悲しむサロメ。だが、サタンエゴスはあきらめていなかった・・・!
感想
ここになって、九官鳥ロボ・キュウタロウが大活躍しました!
これは思い浮かばなかったなぁ・・・
ヘッダー怪人がキモい・・・orz
鉄山将軍は耳良すぎです。あなた改造人間ですか? それともオルフェノク!?
それにしても、最終回次なのに、未だに一話完結なバトルフィーバー・・・。
この初志貫徹っぷりは凄いです・・・!
BFJ52話
あらすじ

エゴスは、最後の作戦を決行する。それは、東京に地震を起こし、都市を壊滅させる作戦だった。
その頃、東京中がおかしなことに。海底が隆起し、無人の車が動き、地震が多くなり、鳥たちが勝手に落ちる始末。
調査するバトルフィーバーの元に一条寺とかいう謎の美女が現れる。彼女はエゴスの地震発生装置の写真を彼等に手渡し、一億円を要求する。
だが、バトルフィーバー達はその正体に気づいていた。サロメだ。彼女はなぜかエゴスに襲撃され、気を失っていた。
彼女はバトルフィーバーに保護される。彼女はエゴスを裏切ったのだ・・・! バトルフィーバー達は彼女から関東沈没計画を聞きだし、破壊装置の地図情報を貰う。
バトルフィーバー達は、遂にサタンエゴスと対峙。そして、やっぱりサロメは裏切ってなどいなかった。すべては、バトルフィーバー達の細胞を用いて、バトルフィーバー怪人を作るための、彼等をおびき寄せる罠だった。
自ら襲いくる怪人製造カプセルに苦戦するバトルフィーバー。ペンタフォースも効かない。とうとうバトルフィーバー達は、カプセルの中にミクロ化されて吸収されてしまう。なんとか脱出しようとするが武器も通じない。しかし、心臓部を見つけペンタフォースを食らわせ、見事脱出に成功。同時に、カプセルも破壊!
サタンエゴスは崩壊する基地内から脱出し、巨大化して暴れまわる。バトルフィーバーロボに乗り込み、クロスフィーバーを浴びせるが効かない。そして、応用技の電光剣・ロケッター・その一撃が悪の首領を貫いた!
エゴスを壊滅に追い込んだバトルフィーバー。平和の戻った海の、美しい夕陽を見つめる英雄達。
さらば、バトルフィーバー! そしてバトルフィーバーロボ!!
それから、約30年後に、彼等が再び戦うことになるとは、この時誰も予想だにしていなかった・・・!
感想
まさか最終回まで一話完結とは・・・!
ジャッカーでさえ、最終回は前後編2話構成だったのに・・・
一年間欠かさずに視聴してきましたが、とても面白かったです。最初は変なマスクの戦隊だと思ってましたが、いつの間にやら彼らに魅せられていました。
ジャッカー、BFJ、サンバルカン、ゴーグルファイブとみてきましたが、そうした初期の戦隊シリーズの中でも群を抜いて良作だったと思います。
あと、マリアまじ美人でした。萌え。
ありがとう、バトルフィーバー!

youtube感想覚え書き(BFJ)


47話
あらすじ

野球チームケニヤの選手の兄ちゃん・豊が急に時速200kmの剛速球を投げられるようになった。
他にも似たような境遇のスポーツ選手達が続々と出現。不審に思ったBFJは、マリアを中心にして捜査を開始。
実は、ゲーセンの腕相撲マシーンの中にエゴスが入っていて、人々を操っていたのだ。
だが多くの人々が既に洗脳されてしまい、エゴスの僕となってしまった。
豊の弟妹は説得しようとするが、聞く耳を持たない。そこで、マリアが打ってやると宣言。その話を聞いた鉄山将軍は、電光剣・唐竹割りをバッティングに転化させる特訓を伝授。その技を受けたマリアは、見事剛速球を打ち返す。
そしてエゴス怪人をぶっ倒し、若者達を歪んだ道から解放したのだった。
感想
マリアかわいいよマリア

子供に優しいし、芯もしっかりしてるし、美人だし、言うことなしの女性戦士じゃないですか!
なお、野球はピッチャーだけでなく、守備の強化も大事ですからね。覚えておきましょう。
48話
あらすじ

偶然泥棒少年を見つけ、捕まえるフランス。だが、少年は盗んだ品を持っていなかったため、証拠不十分で逃げられてしまう。フランスは、被害に遭った諜報員達に盗まれた金をどうすんねんと責められ、馬鹿にした少年に対し静かに怒りを燃やす。
だが実は、少年とその妹は、父が残した借金に苦しんだ末、灯油売りのオッサンの使い走りにされていたのだ。そのオッサンは、巨大な青龍刀を操るエゴスだった。
その事を知ったフランスは、エゴスと手を切るよう言う。子供達を弄ぶエゴスに怒りを燃やすBFJ。鉄山将軍は子供達を救うようフランスに命令。
一方エゴスは、騙した人々を一箇所に集めた。爆弾をつけて脅迫を仕掛けるためだ。人々は泥棒を繰り返さざるを得なくなってしまう。
フランスは事情を知り、エゴスを打ち倒し、少年を救うのだった・・・。
感想
マンビキヨー! オッペテケテンムッキー!!

妙に現実的な手段で世界征服の資金をたくらむエゴスがシュールです。

youtube感想覚え書き(BFJ)


BFJ45話
あらすじ

パトロール中にたまたま出会った、心臓病の少年。
彼を助けるため、四郎と誠が長野まで心臓病の博士を迎えに行く。
だが、エゴスが彼を狙う。
BFJは彼を護衛し、途中エゴスに苦しめられながらも、無事少年の元まで送り届けるのだった。
感想
馬に乗るバトルジャパンがカッコいいです。
マリアのコスプレもよく似合っていて、そのまんま女子高生でも違和感ない外見でした。
ところで、序盤には事情を知らなかったケニアは良いとして、心臓病持ちの少年を体育の授業に参加させる学校の先生って一体・・・!?
BFJ46話
あらすじ

呪いのわら人形エゴスが出現。こいつは自分の胸に杭を打たせると、対象の人物にのろいを与える能力を持っていた。
ある日、バトルフィーバーの通信員が無言電話でノイローゼに。犯人はとある少年・井川君だった。四郎が彼を捕まえるが、彼も呪うと井川君は宣言。四郎は気にしないと言うが、ガチで彼に呪いが掛かり、苦痛で倒れてしまう。
それを呪いだ呪いだと囃し立てる井川君。その噂を聞きつけ、井川君に呪いを依頼する人々が急増。
彼を止めに入るバトルフィーバーだが、呪いが彼らを苦しめる。そして、三日後に死ぬと宣言。
井川君を責め立てる子供達だが、バトルフィーバーはそんな呪いには負けないと力強く言う。
彼を庇い友達になってやってくれと頼むが、流石に子供達も呆れて帰ってしまう。
だが、えーと通信員の妹の子・ユキちゃんが友達になってくれた。
バトルフィーバーは呪いにも負けず、邪を振りまく忌まわしき人形を消し去るのだった。
感想
怖いよ、実物大の怪人(けっこう人間っぽい)の胸に杭を打つなんて・・・!!!
・・・地味にトラウマになる回です。
人間の憎悪や嫉妬、他人を呪う醜さを揶揄したお話です。井上敏樹も虚淵玄も、目じゃないぜ!(え
友達が欲しいなら、如月弦太朗辺りを呼ぶと良いと思います・・・! まぁ彼は32年後まで登場しませんが。
呪いをかけられたにも関わらず子供達を励まし、呪いをかけた張本人にさえも優しく接するバトルフィーバーマジカッコいいです。メガレンジャーも同一の状況に陥りましたが、やはりこういうところで年齢の差と言うか、経験の差が出るのでしょうね。
あと、ユキちゃんマジ聖女。

youtube感想覚え書き(BFJ)


BFJ43話
あらすじ

四郎さんは旧友・剛と再会。
だが、剛はエゴスに雇われた暗殺者・ジャッカルに身を落としていた。
衝撃を受ける四郎。三日三晩弱ったライオンを抱いて助けたと嘆く。
だが、浚われた少女を見て、嘗ての友を自ら討つ決意を固める。
嘗ての思い出を語り、何とか説得しようとするが、無情の弾丸が四郎に放たれる。
その後、剛は爆風に巻き込まれて命を落としてしまう。
バトルケニアは爆風の中、エゴスを倒すのだった・・・。
四郎は、友を失った痛みを、その肩に感じていた。彼の心にはまだ良心が残っていた。そう信じたかったのだ・・・。
感想
なんか旧友が敵になるパターンって、こないだも見たような・・・?
大場健二氏の感情が入ってた演技の分、こっちの方がより共感を呼びますが。
BFJ44話
あらすじ

追放されし月影一族の忍び、お蝶。彼女は自ら幻想怪人となってしまう。
エゴスは同じく月影一族の女・月影麗子を暗殺。その罪をバトルフィーバーに着せる。
月影一族達に命を狙われるバトルフィーバー達。だが、彼等は難なくその罠を乗り切る。
ジャパンは月影一族達に助けられた経験があった。その経験から、彼らを説得する。
一方、エゴスも月影一族の元にやって来た。真実を知り、一族もBFJに協力。
幻想怪人を打ち砕き、月影一族の平和を取り戻すのだった・・・
そして、握手で別れるジャパンと村長だった・・・
感想
バトルジャパンの、謎の経験・・・!
変な回でしたが、面白かったです。幻想怪人の素体となった女が、なぜルラギッタのか気になりましたが・・・
日本の集落ですが、噂によると山村の小さな村とかは、こういう人々が住んでいるという噂もあります。
実際、紀伊半島の山奥には、こんな人達がいてもおかしくないっ・・・!

youtube感想覚え書き(BFJ)


第41話
あらすじ

マサルが強盗に捕まってしまった。
しかし、カラクリ人形みたいな宇宙人・金太郎がマサルを救出した。
金太郎を友だちと呼び、信頼するマサル。だが、金太郎の正体はエゴスのカラクリ怪人だった。
カラクリ怪人は、バトルフィーバー基地へ潜入し自爆を試みるが、マサルに友だちと呼ばれ、心が揺れ動く。
だが、バトルジャパン達は金太郎を疑い始めていた。
正体がバレたカラクリ怪人は自爆を中止する。だが、、バトルフィーバーと戦い、散ってしまう。
残されたマサルは、彼を忘れないことを誓うのだった・・・
感想
イイハナシダッタナー( ;∀;)
ラジコンを使ったいたずらを嗜め、且つ金太郎を庇うマサルくんはいい子です。
42話
あらすじ

(一部Youtubeあらすじより引用・改変)
人間を「電気人間」に変えるデンキ怪人。
電気人間への差別や偏見を拡大させ、人間同士の心に溝を作ることだった。
バトルフランスこと京介もまた電気人間にされ、兄を電気人間によって失った関根洋子の弟・弘を感電させて怪我をさせるわ、洋子に罵られるわ、人々に偏見の目で見られ、人々に石を投げられるわ、と散々だった。
その頃、弘は病院から移されようとした時、デンキ怪人が襲撃。洋子までもがデンキ怪人にされてしまい、弟に触れることのできない体にされてしまう。
その時、思わずバトルフランスを庇った洋子。二人が触れ合った瞬間、彼等の電気は放出されてしまう弱点があった。
雷の呪縛から解放されたバトルフィーバー達は、電気に苦戦するも、剣に電気を吸収させ、敵を電光剣の錆にするのであった・・・
姉弟と和解し、フェンシングの剣と優勝トロフィーを彼に手渡すのだった・・・。
ナレーション曰く、電気人間同士には小さな愛が芽生えたものもいるらしい。
感想
おのれエゴスめ・・・!
なんてえげつない作戦なんだ!!
バンドーラ様だってもっとマイルドな作戦だったのに・・・
でも、ゴム手袋持ってればなんとかなりそうな気がしなくもないような気も・・・?
電気がなくなる理屈はよく分かんないですが、まぁ欠陥があったということでw
っていうか、体から電気発してるのに、彼の乗るバイクは壊れないんでしょうか?
洋子さんが美人でした。

youtube感想覚え書き(BFj)


BFJ39話
あらすじ

死の恐怖に怯える神誠の友人・関根直人は、余命3ヵ月を宣告され、死への恐怖からエゴスニ仲間入りしてしまう。、関根はエゴス会員となり、ハイド怪人として生まれ変わる。
吸血鬼となった関根は、人々を襲い、次々と殺害する。
だが彼は、想いを寄せる看護婦・典子だけは殺さなかった・・・。
誠は関根に疑惑を持ち、彼を糾弾。
悪の手に堕ちた友を、悲しみを堪えて討つ誠だった・・・
感想
哀しい回でしたね・・・。
ライブマンの原型とも言えます回ですね。
バトルフィーバー40話
あらすじ

勉強以外のことに興味がないベンキョウ怪人は、学友として天才少年を欲しがっていた。
標的はマサルの同級生の大学生並みの天才児・北条達也だった。
マリアは達也の家庭教師としてガードにつくが、達也はやたら生意気でメンドくさいガキで、イタズラもする子だった。
だが、マリアと達也は、共にエゴスに連れ去られてしまう。
ベンキョウ怪人に優遇される達也だが、実は暗記上手なだけの、普通の少年だということが発覚する。マリアはダンスと称して、ベンキョウ怪人を騙す。
その後閉じ込められたマリアと少年たちは、折鶴を牢獄から飛ばす。幸い、バトルジャパン達が折り鶴を拾い、駆けつけるのだった。
ペンタフォースでベンキョウ怪人を撃破!!
バトルフィーバーは、無事子供達を救い出したのだった・・・
達也は、時々は遊ぶようにするらしい・・・
そして、フランスに勉強しろと言われ、彼といちゃつく四郎さんだった。

感想

サロメとマリアの女の戦いが面白かった・。
やっぱマリアはショタコンなんですかね? 自分から進んで少年の護衛任務につきたがる辺り、ショタコンぶりが伺えます。
こんな美人で優しいおねえちゃんがほぢかったです・・・

youtube感想覚え書き(BFJ編)


BFJ第37話
あらすじ

竜神様を素材に怪人を作り出すエゴス。
苦戦するバトルフィーバーに、鉄山将軍が剣を持って駆けつけた!!
感想
鉄山将軍がカッコいいです。
子供を想って竜神様を倒せなかった四郎さんが好きです。
BFJ38話
あらすじ

ドクロキノコ怪人が人々を幻覚を使って森の中へ誘い込む。
バトルフィーバーは変装して、人々を救い出すのだった!
感想
変装するバトルフィーバーの一面が面白い回でした。

youtube感想覚え書き(BFJ編)


BFJ35話
・あらすじ

食べ物や燃料などの流通ラインを妨害し、更にエゴスのマスコミを用いた策略で、市民にパニックを引き起こし、値上げのインフレが加速。
四郎さんが3千円で秋刀魚を買わされたことがきっかけで、東西スーパーが怪しいと知ったBFJは、探りを入れる。
連絡員達とマリアがパートに変装して捜索するが、冷凍庫に詰め込まれてしまう。
その頃神さんは、なぜか釣りを始めていた。それは、東京湾に潜むエゴスを探すためだった。狙い通りエゴスが見事引っかかる。逃げられても発信機を取り付けており、バトルフィーバー全員が力を合わせ、魚を奪った悪を打ち砕くのだった。
その後四郎は、魚を食べられなかった子供達のために、給料全部をはたいて秋刀魚無料食事会を開催したのだった・・・
・感想
流通を妨害されれば弱い都市の脆弱性、ならびに流行にすぐ乗りやすい、マスコミに流されやすい日本人を皮肉った、上原さんらしい風刺の聞いた回です。
サロメが変装して作戦補助してるのが素敵です。ホントよく働く幹部です。
それにしてもバトルフィーバーは、以前の作戦といい、やたらと食に関する作戦が目立ちますね。
あと、給料使い切った四郎さんは一体・・・
BFJ36話
・あらすじ

バトルフィーバーに負け続けるエゴス。サロメはサタンエゴスの命令を受け、マリアにターゲットを絞る事を決意。
その頃、マリアの従姉妹が結婚式をあげ、マリアも参加。だが、マリアのプレゼントしたオルゴールの中に爆弾が仕掛けられていた。
マリアが気付いて事なきを得るが、疑いがかけられる。
幸い、鉄山将軍の計らいで釈放されるが、変なおまわりさんが手配状を街にばら撒き、市民に疑いが広まる。
メンタルの弱さに定評があるマリアは泣き出して落ち込むが、爆弾入りのものとすり替えたオルゴールがある事に気付き、捜索に当たる。
刑事が邪魔に入るが、神さんが助けに来て、無事本物のオルゴールを発見。
爆弾怪人も倒し、幼馴染とも(たぶん)和解し、マリアの疑いも晴れるのであった。
・感想
戦隊メンバーを社会的に抹殺するという、妙に現実的な手段を敵組織が取る回です。
と言うか、一般市民である刑事の悪意がマリアを追い詰めるという、恐ろしい回です。
とりあえず、刑事と幼馴染がマリアに謝る部分は欲しかったですね。
と言うか、大した取調べもなしに犯人扱いするヒゲ刑事って・・・。
敵さんは、いきなしヘッダーが謹慎処分を受けたそうです。中の人の都合でしょうか?
あと、サタンエゴス様が難産の結果、爆弾怪人(体重200kg)を生んでいます。
「無事生まれてよかった・・・」とか、お母さんみたいなことを仰っていました。
それにしてもバトルフィーバーは、物陰に隠れて次の瞬間現れたらいつの間にか変身してた、というパターンが多いですね。
手抜きと言うと聞こえが悪いのですが、変身シーンの簡略化としては面白い表現ですね。

youtube感想覚え書き(BFJ)


バトルフィーバーJ 
第33話
あらすじ

エゴスは三村教授を殺害し、ドリルミサイルの設計図を奪う。
教授­の娘・まゆみは父を殺されたショックから入院し、見舞いに来た謙作は血のにおいがすると言われ、ショックを受ける。
謙作は自分と同じ境遇だった少女を気遣い、励ます。
まゆみを気­分転換させようと謙作はダムを訪れるが、エゴスにより奇襲され、射殺されてしまう!!
彼を助けに来た神誠。マシンガン片手に彼を助けるが、手遅れだった。
最期までまゆみや仲間達を気遣い、謙作は逝ったのだった・・・
謙作の無念を晴ら­すべく強化服を手にした誠。彼は、新たなバトルコサックに変身!
マシンガン片手にエゴスをフルボッコ。新たな仲間と力を合わせ、謙作の仇を討つのだった・・・。
感想
今週配信分はゴーオンにBFJと、神回良回が続きますね。
最期まで仲間や少女を心配して逝く謙作が悲しいです・・・(泣
なお、このエピソードの出来た切欠は、謙作の中の人がプライバシーを報道されてトラブッたからだという話を聴いたことがあります。
BFJ34話
あらすじ

新たな仲間、神誠。だが、彼は未だ仲間と打ち解けることはなかった。
彼は一人「闇の将軍」の下へ向かう。それは、嘗て殺された弟の復讐のためだった。だが、失敗して仲間達に助けられる。
だが、尚も一人戦おうとする誠。彼は個人的な復讐に仲間を巻き込みたくなかったのだ。
そして、無事弟の敵討ちに成功したのだった・・・
感想
同じ「ジン」さんなのに、平成の戦隊の陣さんとはぜんぜん違いますね、誠さん。
まぁそれはともかく、ウェスタンハットを被ったゴツイ男。俺好みで実にいいです・・・
ですが、まったくロシア要素がないですね!!

youtube感想覚え書き【BFJ】


BFJ31話
あらすじ

乱暴者で我侭なアフロ頭の兄と、振り回される妹。
その兄と知り合いだったバトルコサックこと謙作。
彼を更正させるため、金塊運搬の仕事をさせてみるが失敗。
その金塊を得るためのカギを奪おうと、ゼニゲバ怪人に妹が誘拐される。
ボロボロの謙作が必死でカギを探し出し、アフロ兄貴が改心。
彼の協力もあって、妹救出に成功。
感想
兄貴めんどくせぇ奴だな・・・・
私も若い頃は少々似たような感じだったので、人のことは言えませんが(笑)
BFJ32話
あらすじ

やたらデカイミミズの黒焼きを食べる四郎さん。
バトルジャパンは故郷の村へと帰省する。
だが、その村にもエゴスが。村人が人質にされて手を出せない上、声を出せなくなったジャパン。
読唇術で仲間達に情報を伝え、バトルフィーバーの仲間が助けに入る。
人質も無事救出され、ジャパンは故郷の平和を守りぬいたのだった・・・
感想
ジャパンの故郷に対する熱い思いが見られる回です。
ミミズを食わせようとする四郎さんが、女の子に虫見せて悪戯する小学生そのものでワロタwww
小学生の女の子って、虫見せても意外に怖がらないんですよね・・・。