youtube感想覚え書き(マジレン)


マジレン31話
あらすじ

レジェンドの力を得た魁たち。身体からエレメントの力が余り放出されてしまう。
伝説の戦士たちが火の鳥と獅子、そしてマジレジェンドになるという伝説を聞いて、張り切る魁ちん達。
そこに、マジトピアから郵便屋のヤギさんが現れる。ルナジェルことリンから連絡が届いたのだ。だが彼女は、レジェンドパワーを使うなと警告する。
一方、メーミィはブクラテスみたいな名前の人にマジレンを倒すよう命ずる。彼に若さと強さを、そして「何かを」与える。その様子に気付いたウルザードは・・・。
街で暴れ出すブルラテス。警告も無視してレジェンドマジレンジャーになる五人。すさまじい力でフルボッコにする。
勝利を喜ぶマジレンジャー。だが、ブルラテスはマルデヨーナ世界に避難させられていた。冥機ゴーレムなる魔神の生贄にするためだったのだ・・・! 彼の愚かさを嘲笑うメーミィは・・・。
祝勝会を開く魁達。だが、彼等の力が暴走し、食卓が台無しになる。
小津家にやって来たルナジェル。このままだと五人は天空聖者になってしまうと警告。記憶も、家族のきずなも、兄弟の絆さえもなくなるという・・・。
ショックを受ける五人。とりあえずヒカル先生はゴーレムの復活を察知し、一人トラベリオンに乗って戦う。
家族の記憶がなくなる。もちろんそれを拒む蒔人達四人。リンもまた同じ思いだった。
だが、記憶がなくなってもまた仲良くなれると、魁はレジェンドパワーで戦い続けると言う。
そこに現れるゴーレム。とりあえずマジキングで戦うが敗北。トラベリオンも敗北する。
そして、蒔人兄ちゃん達は覚悟を決める。記憶を失っても、新たに家族となろう。
五人は誓い合い、戦場に赴く。レジェンドマジレンジャーとなって戦う。そして、身を顧みず戦った彼等に新たな魔法が。
その魔法は、マジレッドを火の鳥・マジファイヤーバードに、マジグリーン達四人を四色の獅子・マジライオンに変える。
火の鳥の放つ炎の矢が、獅子の爪が、巨人を打ち砕く。そしてマジライオンとファイヤーバードが火の輪繰りをしてマジレジェンドに合体。
そして、スクリューカリバー・ファイヤートルネードで巨人を見事倒すのだった・・・!
とりあえず、お別れだね・・・。天空聖者になったらまたよろしくと言い出すが、魔法界からご褒美が届く。
レジェンドパワーを調整する魔法をが特別に贈られたのだ。夕日の中、喜ぶ五人だった・・・。
感想
すげぇ・・・。かっこいいよ小津兄弟・・・(泣)
でも、あんまりマジライオンかっこよくないですよ・・・orz
まぁマジドラゴンが完成度高すぎたから仕方ないんですけどね。正直、マジキングの方が好きです。
ヤギさんの口から、ファックスみたいに手紙が出ます。ただし機嫌を損ねると手紙は出ません。
ところで天空聖者になると記憶が失われるらしいですが、ルナジェル達も同じような経緯があったんでしょうかね・・・?
そうすると、ちょっとリンやヒカル先生が悲しく見えてしまいます・・・。
ところで、今回ご褒美を与えた人ってもしかしてあの人でしょうか・・・?(※マジレンの映画参照)
マジレン32話
あらすじ

冥菌獣・モールドが復活する。ウルザード様は、全力且つ正面からマジレンジャーに向かわねばならないと決意するが・・。
その頃アニキ農場は大収穫だった。そこに不満げに帰ってくる魁ちん。試合中に交替させられたのが気に喰わなかったのだ。そんな魁に、「強くなれ」と父が言ったことを伝える蒔人兄ちゃん。
嘗て、蒔人兄ちゃんが野球チームを入っていた時、試合前日にレギュラーから外され、やけになっていた。その時、
「強くなれ」と、力強く優しい言葉を掛けられたのだ。だが魁はその言葉を曲解し、もっと練習すると誓う。
その時冥獣が出現。辺り一帯に変な菌を撒き散らす怪物だった。そして蒔人兄ちゃんも感染してしまう。マジシャインによると、殺人黴に感染したと言う。そしてモールドが目を開くときすべてが食い尽くされる・・・。しかもウルザードがモールドを奪ってしまった。
とりあえずルナジェルを呼び、四人に予防接種の魔法をかけてもらう。幸い、侵攻は抑えられているが、あと35分ですべてが食い尽くされてしまうと言う。
焦るマジレッド達。レジェンドに変身し、ウルザードに立ち向かう。だが気合が空回りしていた。フルボッコにされる四人。
時間切れもきてしまい、レジェンドも解除されてしまう。
病床で苦しむ蒔人兄ちゃんは、嘗ての父の言葉を思い出していた。
「お前にはまだ、できることがあるはずだろ・・・」
蒔人兄ちゃんは苦しみながら、弟達の元へ向かい・・・。
絶命の危機に陥ったマジレッドを、蒔人兄ちゃんが救う。
弱った体で、巨大な旗で、応援を始めるアニキ。
大事なのは、心の強さなんだ。 父の真意を伝える蒔人兄ちゃん。
まだできることがあるはずだ。必死の力で応援を始める長兄。
その応援が勇気を与える。そして、その勇気が再び伝説の力を呼び覚ました・・・!!
そして、四人は見事モールドを撃破!!
巨大戦はマジレジェンドとウルカイザーの決戦。優位に立つマジレジェンド。
しかも蒔人兄ちゃんの勇気が新たな力に。火の玉を吐き出しまくり、スクリューカリバー・ファイヤースマッシュでフルボッコ。だが、突然彼等を蝕むカビ。なんと、メーミィがカビを打ち込んでいたのだ・・・。
しかし、ウルカイザーは騎士の戦いに水を差す卑怯な行ないを嫌い、全てのカビを消し去ってしまった。
そして、父と同じ言葉「強くなれ」といい残し、去って行く・・・。
その後、ウルザードは記憶を思い出し・・・!
感想
ちょくちょくルナジェルが危機に駆けつけてくれるのが良いですね。
蒔人兄ちゃんは、一貫して兄弟を支える良きアニキを保っているのが素晴らしいです。
個人的には、戦隊の兄キャラで一番好きです。
メーミィはすばらしく卑怯ですねぇ・・・。ドラクエファイブのゲマを思い出します。そう言えばなんか顔も似てますし。
蒔人兄ちゃんの応援は一見変なんですが、スポーツができない子へのフォローが感じられる脚本なのは評価したいところです。
大事なのは心の強さと諭す面も、ヒーローのあるべき本質を描いています。

youtube感想覚え書き(マジレンジャー)


27話と28話はそのうちレンタルして感想書きます。
ごめんなさい・・・。
どっちも神回らしいですので、特撮神回特集記事の一環として書かせていただきます。
マジレン29話
あらすじ


夜中、芳香が何かを知らせようとひとり急ぐ。そこに冥獣人コボルトのブルラテスが現れた。幸いにもマジシャインと小津兄妹が駆けつけ、ブルラテスは姿を消す。
が、芳香はヒカル先生のことを忘れてしまっていた・・・! おまけに魔法のことも、マンドラ坊やのことも、スモーキーのことさえも・・!
ブルラテスは、ここ最近の記憶を奪っていったのだ・・・!
とりあえず変身のことなどを教えたのだが、暫く経つとまた記憶を失ってしまう。
ブルラテスの勝手な真似に驚くが放置するメーミィ。最強の者を差し向けたとウルザードに自慢するが・・・。
思い出し薬も記憶復活の呪文も通じない。芳香姉ちゃんは一時間ごとに記憶をリセットされる魔法を掛けられてしまったのだ・・!
そして現れる、以前の結婚寸前まで行ったカメラ男・テツヤ。彼のことも、彼と別れたことも忘れていた。
しかもウラタロスっぽい声の冥獣神最強の男・イエティのズィまで現れる。大苦戦するマジレンジャー一同。
一方、芳香姉ちゃんはまた記憶がリセットされてしまい、わけもわからぬままさまよい出す。ブルラテスはズィに力を授け、強化。たまたま居合わせた芳香姉ちゃんを庇い、ヒカル先生水落。
そしてNGワード「母さん」を発言してしまい、兄弟たちが気まずい空気に。そして、魁ちんから母の死を知らされ、ショックを受ける。
それでも母の言葉、「勇気」を口にした芳香。母と同じことを言った芳香姉ちゃんに驚く魁ちん。魔法使いとしての記憶はなくとも、一年の間に得た勇気・人に希望を与える力は失われていなかったのだ。
マジキングに合体し、ブルラテスと戦闘。ダイヤモンドの100倍の硬さを持つ杖や10倍の硬さを持つ岩に苦戦するが、新魔法が答える。切れ味抜群の剣でブルラテスを撃退。
その後、呪いが解けた芳香姉ちゃんは記憶を復活させる。
彼女が追いかけた先。そこには、地下でアークオルフェノクじゃなかった変なダイヤモンドっぽい怪物に人間の精気を与えるブルラテスたちがいた。さらに、ソイツが誕生すると地上がボロボロになると言うことで・・・!
急いで現場へ急行する5人。だが、時すでにお寿司。
悪魔の氷山・イーブルアイスが蘇ろうとしていた・・・!


感想
「金色の羽は、後ろを殴れ」って知ってますか?

蒔人兄ちゃんが指で2005年を示すのが面白いです。
芳香姉ちゃんの新鮮な態度がかわいいです。
それにしても、25~29話のマジレンジャーは、兄弟が何かしら奪われるんですね。
魁ちん⇒勇気
ちぃ姉⇒スモーキー?
芳香姉ちゃん⇒記憶
ちぃ兄⇒愛する人
アニキ⇒家族の絆

テツヤが出てきてアニキが壊れるのが面白いです。


マジレン30話
あらすじ


悪魔の氷山イーブルアイスを育て、地上を凍りつかせんとするずィーの企みを知ったマジレンジャー。ズィーと戦うが、やはり歯が立たない。飽きたと撤退するズィー。
どんどん気温が下がってゆく地上世界。母のエレメントなら何とかできるかもしれないと、ヒカル先生に相談する五人。
苦渋の表情を浮かべ先生は教える。マジトピアの最長老にして深雪に力を与えたスノウジェルならば・・・と言う。
だが、スノウジェルは魔法を与えてくれないと言う。嘆きの海にいるという彼女に会いに行く魁ちん達。
その頃、メーミィは勝利が来たと浮かれまわる。マジレンジャーを倒していいかと問われたウルザードは「力なきものは滅ぶのみ」と冷たく返す。
嘆きの海で魚を発見する芳香姉ちゃん。釣具に変身して海に潜む魚を発見し、釣り上げる。だがあまりにも大きすぎる魚に逆に呑み込まれてしまったのだった。その中には溶かされた人々や牛の頭やらが・・・! そして、マジレンジャー達は魚の体内で嘆く天空聖者の赤ん坊を発見。その赤ん坊に「強くなりたい」と語るが・・・。
だが赤ん坊は「強くなっても自分の身を滅ぼすだけ」と言う。噛み付く魁にスモーキーはその赤ん坊こそスノウジェルだと教える。
スノウジェルは、真実を見ようとしない者が力を得ても更なる力に滅ぼされるだけと冷たく返す。もうそんなものは見たくないと言うが、「俺たちは絶対大丈夫だ」と言う魁。
彼は無限の勇気があるからと指輪を差し出す。その指輪が光る。無限の勇気の証を認めたスノウジェルは彼等の内なる力を解放する。あとは其方達自身の勇気次第だと、若き戦士たちを励ますのだった・・・。
その頃ヒカル先生は、怪我を押してイーブルアイスを倒しに向かっていた。だがフルボッコにされ絶体絶命。そこに駆けつけるマジレンジャー達。超魔法変身し、レジェンドマジレンジャーに!!
その姿は、伝説の魔法使いそのものだった。
圧倒的な力でズィとブルラテスをフルボッコ。イーブルアイスもろともズィを粉々にするのだった・・・!
成長した彼らを迎えるヒカル先生。彼らこそが新たな伝説を築く者だと確信するのだった・・・。


感想
ファンタジー戦隊恒例の試練回+強化回です。まぁスノウジェルさんは過去戦隊の神様や偉い人と比べると、異様に物分りが良かったですがwww
ただ、試練回なら、もうちょっと試練らしい過程が欲しかったですが・・・(汗) サンダースリンガー手に入れる回とかみたいに。
どうやら、次回強化フォームのリスクが描かれるみたいですが。
スモーキー曰く今回は98点らしいです。個人的には今日の話は69点って言ったところでしょうか(名護産風に)
スノウジェルが赤ん坊の姿をしているのは、ヨーダのオマージュでしょうね。一見ひ弱そうな奴が、実はすごい大賢者だったというネタはよく使われるものです。
そういえばSWEP3の脚本には、ヨーダが赤ん坊に化けて敵のアジトに忍び込むエピソードがあったそうな(映画ではカットされましたが)
レジェンドマジレンジャーは金ピカ装飾とともに、それぞれの顔に魔神の特徴が付加されていますね。マジグリーンなら牛の角が生えるとか。こういう個性を付加するのは他戦隊だとあんまりないので、この点は評価したいです。

youtube感想覚え書き(マジレン)


マジレン25話
あらすじ


街には、あらゆる品物やペットを盗み去る・冥獣人シ­ーフのガストンが暴れる。魁も彼に「勇気」を盗み取られ、ヘタレになってしまう。
山崎さんが代わりに注意するが、その際にマジレッドのぬいぐるみを奪われてしまう。魁は怖くて途中で逃げ出す。
インフェルシアとの戦いにおいても、マトモな変身さえできなくなってしまった。
マジシャインもマジチケットを奪われてしまう。ヒカル先生は魁が「勇気」を取られてしまったのだと推測。
怯えた魁は、小津家の家具にさえ怯える始末。自分が情けなくなってしまい、泣きだす魁。
そこでヒカル先生は思いつく。指輪の話を出し、それはマジトピアを作った魔法つかい達が作ったのだと話す。「キミの勇気は必ず取り返す!」と魁を励ます。
一方ガストンは「大事なもの」を大砲にぶち込み、地上を滅茶苦茶にしようと企む。が、ウルザードが勇気玉を横取りし、メーミィと険悪な雰囲気に。「我の命令はンマ様の命令だ」と彼に勇気玉を強制的に大砲に入れさせる。
そしてマジチケットでトラベリオンを呼び出したバンキュリアとガストンは、トラベリオンで暴れ回る。
魁以外の五人は魔神となってトラベリオンに立ち向かい、久々にマジドラゴンに変身して戦うが苦戦。マジシャインはメーミィとウルザードと交戦。
ヘタレる魁ちんはブチ切れたマンドラ坊やにぺちぺちされ、仕方なく戦場へ向かう。その後、先ほどのマジレッド人形をパクッた女子高生二人に出会う。だが、取り返そうにも勇気が出ない。その時、彼はヒカル先生の言葉を思い出す。
そして、勇気を振り絞ってマジレッド人形を取り返すのだった。
勇気を取り戻した魁。ガストンを発見しメーミィにぶん投げて、ピンチのマジシャインを救う。
「勇気は盗まれてもなくならない。なぜって、勇気はいつだって、心の一番奥から、無限に湧いてくるもんだからさ!」
マジレッドに変身した魁。マジシャインと共にメーミィに斬撃食らわせ、彼を撃退。ウルザードは彼を助けず去って行く。メーミィは退散し、ガストンは巨大化。
五人揃ったマジレンジャーはマジキングに合体。ガストンを撃破!
新たに勇気を生み出した魁に魔法が答える。闇の魔法を解呪する新魔法だった。彼の勇気も、取り戻されたのだった。
そんな魁を見て、彼の可能性に期待するヒカル先生だった。
その後、こないだのことを詫び、マジレッド人形を渡す魁ちん。魁ちんは山崎さんに自分の人形をもらい、大喜びするのだった・・・。


感想
魁ちんが珍しくまともなヒーローらしさを序盤に見せたと思ったら・・・、この回です。
まぁ意図的にこのシーンを序盤に挿入したのは分かりますけど。ただ、そのヘタレっぷりが妙に役者さんに合ってて笑えますw ヘタレキャラの方が似合いません? 魁ちんの中の人。
とは言え、なんだかんだで勇気というものがどういうものか示した良回でした。
ちゃんとダメな大人を描いた辺りも、教育的で良いですね。
あと、楽しそうにトラベリオンを操るナイとメア萌え。マジドラゴンも久々に登場したのがうれしかったです。デザインが異様にカッコいいですからね、マジドラゴン。
戦闘面でも、ドラマ面も、教育的な面でも、良い回でした。
魁ちんの勇気が球状になってるのは、ジュウレンの「勇気玉」のオマージュ? いや違うかw


マジレン26話
あらすじ


出だしからメーミィと喧嘩するウルザード。忠誠を誓わない自分に魔法力を差し出せと言いだす。ウルザードは了承し、彼に魔法力を手渡す。彼はナイとメアにその魔法力を手渡し、ナイトメアのピーウィを呼び出す。
その頃、モデルの仕事で大儲けした芳香姉ちゃんはみんなをお寿司に誘う。だが、麗姉は毛虫を大量に乗っけていじめたスモーキーに激怒。ヒカル先生も彼を擁護せず、置き去りにしてしまう。その後、回転寿司が砂になる。それを見つめるナイとメアは・・・。
直後、町中の食べ物が砂になる事件が発生。スモーキーの仕業と考えた彼等はネコを呼び出す。彼等以外には悪さしてないと弁解するスモーキーだが、ウソは良くないというヒカル先生。スモーキーはいじけて出て行ってしまう。
嘗て、スモーキーはマジトピアの火山出身のグレ魔法猫だったと語る。マジシャインは宝を盗んだスモーキーが消滅の箱の呪いをかけられてしまい、彼を救うためにマジランプにツッコんだのだという。しかも3時間で消えてしまう。最後には帰ってくると安心しきっていたヒカル先生だが、麗はネコを心配し・・・。
河原でいじけるスモーキーを発見した麗。どーせ俺なんかと、矢車さんみたいなことを言い出すスモーキーだが、家族だから信じられると返す麗。
旦那に信じられなかったといじけるスモーキーだが、人に信じてもらいたければ信じてもらえるようなことをするよう諭す麗。一緒にヒカル先生に謝ろう、と彼を説得する麗。
その頃また街の食べ物が砂になってしまう。マジレンジャー達は追いかけるが、なんとスモーキーはウーザフォンで魔法を発動。その正体はナイとメアだった。ピーウィは空腹感を腹の虫に変え、寄生虫となって飛び出すと言う。
その時、ハーピィを発見するスモーキー達。大変だと言うスモーキーは、同時に信じてもらえるチャンスと、タイムリミットが近づいているにも関わらず、ハーピィと戦う。
マジブルーを助けるため、採集究極奥義ねこまっしぐらで大打撃を与えるスモーキー。クチバシを部位破壊するが、その身体は薄れてゆき・・・。
麗を母のようだったと言いながら、消えゆくスモーキー。そして煙となってその身体は消滅し、嘆き悲しむ麗だった・・・。
のように見えたのだが!!
ギリギリでマジシャインが助けに来てくれました。生還を喜ぶ麗。
そして麗の海より広い心がキュアマリンになる新魔法を与える。スモーキーとの連携攻撃魔法で、なんと単体で敵を撃破してしまうのだった。
巨大戦は、トラベリオンとマジキングの連携で粉砕。
その後、スモーキーは改心したかに見えたが、麗にセクハラをしてしまい、鉄拳制裁を浴びるのだった・・・。
人知れずマンドラ坊やも、恨みを口にするのだった・・・


感想
回転寿司を見て感激するヒカル先生萌え♪
ネコは自業自得なんで疑われてもしかたないね。まぁ今回で懲りて反省したようですが。
地味に先生と麗にフラグが立っています。麗が母親、先生が父親、スモーキーがバカ息子に見えますw
夏休みの宿題をやらせようとする魁ちん・・・w
そして、寄生虫の飛び出るイメージ映像が地味に怖い件。エイリアンのオマージュでしょうか・・・?
余談。
ハピプリ前半を見て思ったこと。
とりあえず、ハピプリスタッフ(特に田中仁とか)は、今回の話を百万回見返し、お勉強なされた方が宜しいかと思われます。

youtube感想覚え書き(マジレン)


マジレン23話
あらすじ


ある夜、とある少年が悪夢にうなされていた。
その頃、ヒカル先生は、魔法でピアノを弾く修行をしていた。魔法力を上げるべく練習に励んでいた小津兄弟。魁はサッカーボールでやろうとしていたが上手くいかない。蒔人兄ちゃんはピアノに野菜を生やし、麗は占いしてしまい、芳香姉ちゃんは自分で弾くという問題外な行為を。そんなダメ兄弟をしり目に、翼は華麗にピアノを弾く。匠の技を託す秘薬の仕業だった。そんな翼の応用力を褒めるヒカル先生。
その時時を戻すリバースの魔法について言及するネコ。ヒカル先生はその魔法に危惧し、彼等にもそれを使わぬよう警告。
練習後、翼は可愛がっているボクシングジムの少年、幸太にプレゼントを渡しに行く。だが、幸太は魂の抜けた抜け­殻と化していた。インフェルシアか­ら送り込まれた冥獣人・インキュバスのベルビレジの暗躍故だった。彼は、大勢の人々を廃人化し、あと5時間もすれば犠牲者が死んでしまうと挑発。
インキュバスはバンキュリアさえも挑発するのだった。その頃、ウルザードさんが帰還。だが、彼もメーミィに従わされる。メーミィはマジシャインを倒すよう命令する。
700人以上の犠牲者達はあと五時間の命。彼等の魂の行方を探さねばならないと言う。
焦る翼。禁呪を使おうとするが、ヒカル先生は反発。だが、翼はブチ切れてヒカル先生と掴み合いに。その時、ウルザードさんから通信が。彼の元へ向かうヒカル先生。ウルザードと交戦するマジシャイン。闇の力が強いと嘯き、彼を動揺させる。
翼はひとり苦悩する。彼の流星パンチに憧れていた幸太との記憶を思い出し、禁呪に手をつけようと薬を手にかける。時を戻す魔法を発動する翼。そして、甘い匂いのする冥獣スパイダーが魂を持ち去ったと知る。
麗はリバースの魔法を使ったことを咎めるが、翼は知らん顔。スパイダーと戦う。マジレッドの錬成魔法で魂を固めるが、インキュバスに奪われてしまう。追いかけるマジレンジャー達だが、苦戦。
何とか魂を取り戻したマジイエロー。だが、彼に異変が。マジキングでトドメを刺そうとした瞬間、彼の手に稲妻が走る。
マジキングは敗北し、魂は奪われてしまう・・・。翼は苦痛にうめき、倒れる。彼の胸にはブラックホールが・・・!


感想
戦隊メンバーが少年と交流すると、すごく印象が良くなる不思議。
そう言えば、ブライ兄さんが助けようとしてた少年も「こうた」でしたね。うぅ・・・(泣)
流星パンチは、帰ってきたウルトラマンの2ndOPに出てくるワードです。
さすが荒川さん! 帰ってきたウルトラマン大好きです。
律儀にクモの巣渡る魁ちんたち萌え。


マジレン24話
あらすじ


倒れてしまった翼。ヒカル先生はもっとしっかり説明すべきだったと悔やむ。
呪われし者の死を持ってでしか呪いは消せないと言う。胸に風穴をあけながらも、戦おうとする翼。そんな彼に「責任を取る」とヒカル先生は言いだし、「君たちの力を信じている、ずっとずっと、永遠に」と言い残し、指輪を与えて去る。
メーミィは人々の魂を花火に変えようと企む。ウルザードに、マジシャインをわざと見逃したと指摘。
インキュバスは記念すべき1000人目を襲う。マジレンジャー4人が交戦して対抗。インキュバスの悪夢に惑わされて同士討ちさせられてしまい、大苦戦。
クロノジェルの封印されしマルデヨーナ世界に行くヒカル先生。試練の杖を抜くことで、呪いを解けるという。翼も彼の後を追っていた。じゅうたんに乗り、付いていく翼。ヒカル先生は風雨に苦しみ、険しい崖を登り、岩に押しつぶされ、ボロボロになりながらも杖を抜きに向かう。翼は彼を止めようとするが、絨毯が制する。何とか杖の元までたどり着くが、電撃が彼を襲う。そしてウルザードまで現れる。彼は杖を抜けば死ぬと警告するが、ヒカル先生は躊躇わない。
翼はヒカル先生にやめてくれと懇願するが、ヒカル先生はやめない。彼は自らの死をもって、魔法世界の禁を破る恐ろしさを教えようとしていたのだ。教師の、最期の務めとして。
「正々堂々戦って、勝てる男になれ」と。
苦痛にうめきながら、杖を抜くヒカル先生。ウルザードはクロノジェル山に攻撃を加え、反則で杖を抜く。欲しければ奪い取ってみろとウルカイザーに合体。マジシャインもトラベリオンを呼び合体。だが、トラベリオンは苦戦。
それでもあきらめないマジシャインは新魔法をゲット。デストラクションファイヤー逆噴射を浴びせてウルザードを撃退、杖を無事取り戻すのだった。杖を使って翼の呪いを解くのだった。
その頃マジレンジャー達はボロボロに。インキュバスはノリノリでバンキュリアを口説くなど余裕を見せていた。しかし、ヒカル先生がくれた指輪を見て、彼の教えを思い出す。彼も必死で戦っている。再び立ち上がり変身する魁達。しかし苦戦する四人。そこに復活したマジイエローが駆けつけた!!
復活した五人の力を合わせ、スパイダーとインキュバスを撃破! 1000人の魂も無事帰るのだった。
巨大戦はマジキング。怒りの魔法王の拳が悪魔を叩きのめし、翼の羽が逃げる悪魔を追い詰める。そして天空魔法切りでみごと勝利するのだった・・・!
夕日の中、翼はヒカル先生の教えを幸太に伝える。「正々堂々戦って、勝てる男になれ」と。
ヒカル先生も教えることのむずかしさを学んだ。「これからも、お互い学び合いながら成長していこう」と生徒達と誓い合うのだった・・・。


感想
マジレンジャーのシリアス回はどれもこれも燃えますね・・!!

ヒカル先生の成長も描いた辺り、しっかりしてます。師匠も成長するもんですよね。
あれ? 
ヒカル先生を助けてくれてるじゃないですかウルザードさん?
なんだ、ウルザードっていいやつじゃん!

youtube感想覚え書き(マジレン)


※今週のニチアサ感想は明日書きます。ご了承ください。
マジレン21話
あらすじ


マジシャインに特訓を施されるマジレンジャー達。だが、マジグリーンはジンガなる魔法が上手くいかなかった。ヒカル先生が弟妹たちに慕われているのを見た蒔人兄ちゃんは落ち込み・・・。マンドラ坊やはそのうち上手くなると励ますが・・・。そんな彼の様子に気付いたヒカル先生は、課外授業を行うと宣言。トラベリオンエクスプレスを召喚し、五人を遠い場所へと誘う。威厳台無しなんだろと魁に図星を付かれ、蒔人兄ちゃんますます落ち込む。
彼等が着いたのは原始時代のようなマルデヨーナ世界。そこで自分力を鍛えてくるよう指示し、帰ってしまう。
その後魁が偶然石を投げた時、やたらリアルなマンモスが出現。五人を追いかける。
五日間も彷徨った挙句、魁と翼ちんは喧嘩し、芳香姉ちゃんは駄々をこねる。蒔人兄ちゃんは落ち込むが、マンドラ坊やに叱咤され・・・。
その時、麗が疲労と空腹でぶっ倒れ、パニックに。蒔人兄ちゃんは遂に立ち上がり、弟妹たちを指導。不器用ながらも物凄い勢いで火を付け、木を破壊し、特製アニキスープで麗を元気づける。
その時マンモスが出現し、ピンチになる。だが、蒔人兄ちゃんの雄叫びにマンモスは歩みを止め、去って行く。マンモスですら、蒔人兄ちゃんを認めたのだ・・・! そしてマンモスの耳にくっついていたチケットを入手し、帰還。
その頃、冥獣人ベヒモス ベルダンが復活。メイミーに呼ばれ、地上のツボを着くべく、街を破壊に。マジシャインが駆けつけるが、ウルザードと交戦になる。
あちらの五日間は、こちらの五時間だった。ヒカル先生は、兄弟の要たる蒔人の自分力を思い出さすべく、敢えて課外授業を行なったのだ。真意を知った蒔人兄ちゃんは奮起。
そして新魔法が。蒔人兄ちゃんを筋肉モリモリのマッチョマンにする魔法だった。
巨大戦はマジシャインが。トラベリオンエクスプレスがトラベリオンに変形し、初陣。
蒔人兄ちゃんはヒカル先生に感謝するが、江梨子さんのナンパに付いて行ってしまったヒカル先生に激怒するのだった・・・。


感想
面白かったです。
長男にしか分からない辛さってありますよねぇ・・・。 今回、というかマジレンジャーは、その微妙な感覚を上手く描いています。
断言しますけど、この作品の戦隊メンバーでは蒔人兄ちゃんが人気高いかと。
弟妹がいる人から見れば、心優しいお兄ちゃんに見えるでしょうし、逆にリアルで兄な人(筆者みたいに)は長男ゆえの苦労や心情が共感できるからでしょう。
ちゅーか、マンモスの特撮が無駄に出来がいいのはなんで?


マジレン22話
あらすじ


ある日、通信簿をつけて兄弟達の評価をしていたヒカル先生。いきなり彼に付き合ってと言いだす芳香姉ちゃん。彼女を協調性なしと判ずるヒカル先生だが・・・。
メーミィはハリケンジャーっぽい事を言いながら、キリカゲを呼び出す。
芳香姉ちゃんはヒカル先生に京都へと連れて行ってもらう。彼にとある思い出の場所の記憶をよみがえらせてほしいのだった。先生は呆れながらも記憶復活魔法を使う。だが、彼女の記憶は数か所存在していた。だが、ヒカル先生は途中で機関車を見て嬉しそうにするが、寄り道ばかりの芳香を不真面目と怒り、帰ろうとする。
その頃芳香姉ちゃんがヒカル先生とキスしていると思い込んだ麗姉はヒカル先生がナンパしたと激怒。ブチ切れて京都へ・・・。
機関車付近で、キリカゲが出現。マジピンクは忍術に苦戦する。マジシャインは集中力を高め、後ろに潜んでいたキリカゲを吹っ飛ばし、優位に立つ。だが、麗姉が妨害し、芳香姉ちゃんがさらわれてしまう。その頃ウルザードはひとりで刀鍛冶をしていた。
お参りのことを聞いた麗達は、ちょうど一年前に京都に家族旅行へ行ったことを思い出す。その日、深雪が南禅寺に出掛け、麗と芳香のふたりが、一家が一致団結できるおまじないを教えてもらっていたのだ。父が母にプロポーズしたとき、鼻と頭をちょこんとしたことから生まれた、おまじない。それを引き継いでお祈りをするために京都へ来たがっていたのだ。そしてヒカル先生は、自分への気遣いのため、機関車を見せてくれたと気付く。
その後、ふざけた演出で忍者衣装(ヒカル先生は侍)にされたマジレンジャー達。変身はできないが忍者衣装で大暴れ。
だが、巨大ガマガエルの術で麗姉が怯え、魁と蒔人兄ちゃんがくのいち衣装で戦うナイとメアと交戦。
その頃捕まっていた芳香姉ちゃんは集中力を高めろと言う教示を思い出し、キリカゲのでんでんを奪取。直後にヒカル先生も駆けつけ芳香姉ちゃんを救出。実はでんでんが変身妨害アイテムだったのだ。
マジレンジャー達は変身し、大逆転。お城をバックに戦闘。芳香姉ちゃんのみんなのためにふるった勇気が新魔法を発動し、五重塔を模したマジカルタワーでキリカゲを成敗。今回も巨大戦はトラベリオンでした。
その後、母のためお祈りを済ませた芳香姉ちゃん。母の想いを無事守り、兄弟達は京都を歩くのだった・・・。マンドラ坊やはその様子を見て、泣きだす。


感想
ま  た  京   都  か  !  
もう塚田Pは京都に一生住んでなさい!!(※半分褒め言葉)
機関車大好きなヒカル先生萌え。誰かこの人にトーマスをプレゼントしてあげてー!!
芳香姉ちゃんって、すごく扱いが難しいキャラクターなんですよね。
一見ふざけてるけど実は誰よりも優しいというキャラクター。上手く使わないとただのウザい人になってしまう。マジレンジャーのいいところは、この扱いの難しい芳香姉ちゃんを魅力的なキャラクターに仕上げているところです。これはかなりの技量がないとできないですから。
それにしても姫衣装の芳香姉ちゃんカワイイです♪

youtube感想覚え書き(マジレン)※かきかけ


マジレン19話
あらすじ
15年前、魔法階を裏切ったライジェルととある魔法使いが戦っていた。
怒りに燃える魔法使いは・・・
現在。小津家兄弟は魔法部屋でマンドラ坊からマジトピアの話を聞いていた。
そして、麗姉ちゃんが水晶を見て­驚く。なんと、マジレンジャーにとても悪い予兆が。だが、同時に太陽みたいな価値ある光も見られたと言う。その時冥獣­反応も発生。それはナイとメアがギターで熱唱していた。
本人達曰く、これから素敵な事が起こると言う。魁達も追いかけに洞窟へ行くが・・・
洞窟の魁達。麗ちゃんがカエルに怯えたり、芳香姉ちゃんがミイラに怯えたりしながら進んでいると、マジトピアのお宝っぽい変なランプを発見。魁がそれに触ると、結界が解けてしまい、バンキュリアがミイラを持ち去ってしまい・・・!
マンドラ坊や曰く、魁の手に入れたランプは凄いお宝だと言う。魁がランプをこしょこしょすると、中から変なネコみたいな魔人が現れる。そしていきなりミュージカルをはじめながら自己紹介。名をスモーキーと言う。
なんでも願いを一つ叶えると言う。インフェルシアを倒すと五人は願うが、無理と即答される。そして労働には報酬が必要と言われ、刺身やまたたびでご機嫌を取る。だが、猫の魔人は無理な戦いはしないと言いだし、魁に無理やり引っ張られる。
その頃、バンキュリアによってライジェルは復活。名を魔導神官メーミィと改め、幹部の座に付くことを宣言。たてつくナイとメアをムカデに変え、五色の魔法使いを襲撃に向かう。
マジレッドはスモーキーに戦うよう頼むが、ランプごと逃げられてしまう。仕方なく立ち向かう5人。だが、圧倒的な強さに打ちのめされてしまう。巨大戦もさらに巨大化されて敵わない。
それでも勇気をもって戦うマジレンジャー達に、スモーキーの心は動かされる。ツンデレ台詞を吐きながら、彼の助力でメーミィは撤退。
気まぐれだが頼れる仲間、スモーキーが仲間に加わった。太陽みたいな光とはスモーキーなのか? 問われるスモーキーは慌てて逃げ出す。そんな彼をじっと見つめるカエルがいて・・・!
感想
ビーナスミスト → どんな男をも魅了する
ヴァッカスなんとか → 尽きないお酒
後者は欲しいっすね・・・
この回がやたらミュージカルっぽいのも、響鬼って奴の仕業なんだ。
魁ちんはおろか、マンドラ坊やですら封印の事を知らなかったから、ライジェルが奪われたのは仕方ないね。
ムカデ化したナイとメアがキモすぎる・・・!
マジレン20話
あらすじ

マジランプはマジランプバスターにも変わると言う。魁が試しに魔法力を込めて撃つが上手くいかない。
スモーキーはボロボロになってしまう。
一方、インフェル­シアでは、メーミィが冥獣人グレムリン・ガリムを蘇らせる。喜ぶナイとメアに握手するグレムリン。
彼はイタズラをして遊んでいた。動けぬ自らの代わりに、冥獣帝ン・マを完全な姿で復活させる­作戦を企てていた。
彼は街中に現れては、次々と人々に悪戯という名の犯罪を仕掛け回り、街を恐怖とパニックに陥れ、魔力を蓄積していた。マジレンジャーが駆けつけるが、そのトリッキーな攻撃に苦戦する。その時、魁がカエルを発見。芳香は命の恩人として扱い、カエルを飼うことに。
麗はパニックに陥るが、どこからか「キスしてケロ・・・」との声が。
マンドラ坊や曰く、グレムリンは冥獣神と言う。メーミィによって、インフェルシアも強くなってきたと言うが・・・。
麗はグレムリンの落書きから推理を行なうが、ヒカルくんと名のついたカエルが麗に飛びついてきて大パニックに。怒った麗はヒカルくんを池に放すが、「ウルウル・・・」といった感じの目で見つめられ・・・。
麗は魁にカエルを背中に入れられて以来、カエルが嫌いになったことをヒカルくんに語る。その時、何気なく書いた□がヒントとなり・・・! 
ガリムの落書きは巨大な魔導陣だった。その魔導陣の中の人々を消滅させ、ン・マ様のエネルギーにするつもりだったと言う。ピンチになる麗姉ちゃん。その時、ヒカルくんが麗を助けるためにガリムに飛び込む。麗は涙を流し、大嫌いなカエルにキスを。
そのとき、ふしぎなことがおこった・・・!
ヒカルくんがイケメンのお兄さんに姿を変え、ガリムをふっとばしたのだ・・・! 
彼の名は天空聖者サンジェル。ライジェルによってカエルになる魔法を掛けられていた。その魔法は青の魔法使いのキスが必要だった。その後、スモーキーを笑顔で叱るサンジェル。事情を話さなかったスモーキーをお仕置きするのだった。
サンジェルはマジレンジャー達に力み過ぎて力が出せてないと指揮。見ていたまえとマジシャインに変身。
スモーキーのシャイニングアタックでガリムを粉砕するのだった・・・! その様子を見ていたメーミィは恨みの念を燃やし・・・!
ヒカル先生は、住み込みで彼等の教師になると宣言。麗を「好きになれなきゃキスなんかできない」とからかい、彼女を困惑させる。マイペースな先生に困惑するマジレンジャーたちだった・・・!
感想
滝川空「ガリムくん! ふふっ♪ なんか気が合いそうだね!」
「小さな動物も命だから大切にしよう」 というメッセージ性のある良回でした。
でも、よいこのみんなはカエルにさわったらちゃんとてをあらおうね!!
めをこすったりしてもいけないよ!!

マジシャインが変身するときに真の姿を見せる場面が、BLACKを思い起こさせます。

youtube感想覚え書き(マジレン)


マジレン17話
あらすじ


お前たちは甘い、と断ずるルナジェル。反発する魁達だが、彼等の父ブレイジェルは戦いに甘さなど持ち込むことはなかった、完璧な天空聖者だったと言う。彼はン・マを倒すべく一人で戦い、最期に厳しい言葉を浴びせて門を封じるようルナジェルに言葉を残していたのだと言う。
だが、裏切り者のライジェルによって門の完全な封印が失敗し、記憶を失って彷徨っていたのだ・・・。
その頃、ウルザードは新たな魔法を完成させていた。決着をつけるよう、ルナジェル達に連絡する。
ルナジェルは一人戦いに赴く。一緒に戦おうと提案する魁達に、「優しさがある限り勝てない」と返し、白い扉の中の異世界に閉じ込めてしまう。そして、ウルザードをライジェルと呼び戦いを挑む・・・。
だが、あまりにも強いウルザードに苦戦。その後、本来の姿に変身し、巨大戦に持ち込む。だが、とうとう追い詰められてしまい・・・。
その頃異世界を脱出しようとしていた魁達。さっそく出口を発見して出ようとするが、扉はすぐに閉まってしまう。誰かひとりが扉を開けていないと閉まってしまう構造だったのだ。更には扉を開けるドアノブが変なレーザー光線によって囲まれてしまった。芳香姉ちゃんは待とうかと言いだすが、ウルザードがいつもと違う事を魁が指摘。だが、誰かを犠牲にしなければならない・・・。逡巡する兄弟達。
こんな時、父さんだったら・・・! 魁は炎に包まれながらも扉を開ける。
そして、ピンチのルナジェルを、四人、いや五人の魔法使いが救った・・・!
記憶をなくしたときのリンは優しかった。そんなリンが、あんな酷い事をするわけがない。
そんな優しさを信じたお前は甘いと返すルナジェルだが、ブレイジェルの厳しい言葉は優しさだったと信じる魁。その言葉に涙を流すルナジェル。
だが、隙を見てルナジェルの鈴が打ち砕かれる。そして、冥府門がとうとう地上に現れてしまう・・・!!
冥府の門番ガーゴイルがマジレンジャーを襲い、ウルザードがルナジェルを攫う。
マジキングとガーゴイルが交戦するが、物凄い力に苦戦。悪い事は続くもので、ブランケンも扉を開こうとしていた・・・!


感想
さーて、盛り上がってまいりました・・・!
魁ちんがカッコいい件。
正直、魁ちんには山崎さんよりルナジェルの方がお似合いな気がするんですけどね・・・。
良くも悪くも優しい魁と、厳しく真面目なリンはすごくお似合いです。
今回の白い扉。アレはリンの閉ざされた心の演出でもあるんですよね。
それを開けれるのは、勿論彼女との交流があった魁だけです。しっかり演出と脚本が噛みあってる好例ですね。
勿論、しっかりヒーローの優しさを描いた魁としても評価できます。
ところで、フェニックス@ウィザードの時も思いましたが、バンキュリアって、捕食されて消化されたら、死ぬんでしょうか? それとも単に死んで復活するのが嫌なだけ?
冥府問出現の時、微妙に一部の映像が昔のものでしたね・・・。


マジレン18話
あらすじ


前回から、ガーゴイルとブランケン様に大苦戦するマジキング。必殺の天空魔法斬りも通じず、ブランケン様に倒されてしまう。
一方、ルナジェルはウルザードに捕まっていた。自身の命にも防御魔法を掛けていた。だが、狼の魔導騎士は解呪呪文を発動。苦しむ彼女だったが・・・。
門が開き、街は暗黒に染まる。街を破壊し続けるブランケン様達。その圧倒的な力に立ちすくむ翼たち。そんな彼等に対して、「バカヤロウ!!」と叱咤し、彼等を諭す蒔人兄ちゃん。
「俺達の武器は何だ!? 母さんが教えてくれた、俺達の一番の武器は何だ!?」
「俺達の武器は・・・」 「勇気!?」
「そうだ。どんなに苦しくたって、ずっと五人で、ずっと勇気で乗り越えてきたじゃないか・・・」
「お兄ちゃん・・・」
「俺達五人が信じ合えば・・・。家族が・・・、兄弟が、力を合わせれば・・・! できないことなんて何もない!」

長兄の想いが弟達を支え、立ち上がる五色の魔法使い。
翼達は魁にリンを助けに行くよう促し、魔龍となって冥府の魔神たちに立ち向かう。そして魁は一人、リンを救いに走る。
その頃、リンが苦痛に喚く。冥府の門が少しずつ開こうとしていた。天空聖者が命を亡くす寸前の光を見つけ、飛び込む魁。寸でのところで魁がウルザードからリンを救う。
「俺達は闇の魔法なんかに負けない・・・! 勝つのは、正義の魔法だ!」
炎の魔法使いと、魔導騎士との決戦が始まった。空間転移魔法により、採石場荒野で戦う二人。
だが、ウルザードも強かった。暗黒の騎士の、闇の力に苦戦するマジレッド。
その頃、マジドラゴンは変身を解除し、魔神態で戦っていた。
家族の勇気が、溢れる勇気を魔法に変えれば闇をも越えられる。
マジレッドは立ち上がり、勇気の爆発・レッドファイヤー・ミラクルフィニッシュを浴びせる。とうとう、ウルザードの剣を折り、撃退に成功したのだった! 敗北した魔導騎士は、いずれ闇に染めてやると言い残し、何処かへ去って行った。
一刻も早くマジトピアに戻らねば。その時、唐突にバリキオンが現れる。魔導馬は友を乗せてルナジェルをマジトピアへ送る。ルナジェルは魁に礼を述べ、去って行く。
マジタウロスが倒されようとしたその時、冥府門は闇に消え、光が戻る。マジフェニックスとバリキオンが駆けつけたのだ。二体はファイアーカイザーに合体し、ブランケンと戦う。
その後、マジキングに合体し。兄弟の支え合う勇気が新たな魔法を授けた。
マージ・ジルマ・ジン・ジンガ
それは氷の魔法・マジマザーのものだった。白き魔法使いの幻が彼女等に力を与える。
母と兄弟、力を合わせた一撃が、邪悪な魔神を打ち砕いたのだった・・・!!
その後、小津家に現れる彼等の母・深雪。だが、そのほほえみは幻だった。これからも力を合わせて戦おう。五人は誓うのだった。
その頃、ウルザードはブランケンの遺した牙・ヘルファングを奪う・・・


感想
神回来ました・・・! もうこれが最終回でいいよ
盛り上がりすぎでしょう今回!
アニキの熱すぎるお言葉とか、母子剣で敵を撃破とか、友情合体とか、宿敵との戦いとか・・・!
まだ2クール終わりでもないのに、こんなに盛り上がってテンション持つんですか・・・!?
蒔人兄ちゃんかっこよすぎる・・・!!
この辺の主人公達への叱咤役は、のちの美希たんに受け継がれたんでしょうね。今回は荒川脚本ですけど。
一つ残念なのは、バリキオンが脇役だったことでしょうか。
せっかく久々に魁ちんと共闘したのに、送迎役とチョイ役では、勿体ないと思います。