喧嘩と記憶とどら焼き(ドライブ感想)


今週のドライブ
第32話 進化の果てに待つものはなにか
あらすじ

フリーズに敗北する進兄さんだが、フリーズはまだその瞬間ではないと去って行く。
そして進兄さんを心配するあまり慎重すぎるベルトさんは進兄さんと喧嘩。それを見た本願寺課長は彼を外に連れてゆき、今こそ心を合わせる時だと諭す。
その後、対策会議を行う特状課。進兄さんはベルトさんに対して001の針を取り出してくれと頼む。だが、それには変身しない状態でマッドドクターを使わないといけない。
激痛に叫びながらも決死の根性で耐え抜く進兄さん。なんとか解毒剤抽出に成功。みんなに心配かけすぎだと怒る霧子だが、必ずみんなのもとに戻ってくるという進兄さん。
解毒剤のおかげでゲンさんはちゃんとロイミュードと言えるようになりました。
一方、仁良課長は真影に用済みを宣告されてしまう。激怒した彼は改心し、特状課に謝罪して情報提供する。
チェイスはハートさんと桜を背景に戦い、超進化態について教えてもらう。
相変わらず001を恐れ続けるベルトさん。だがチェイスは「人間を守るのが仮面ライダーの使命。お前が俺に教えてくれたことだ」と返す。
その言葉に心動かされ、進兄さんのもとに連れて行ってくれるよう頼むベルトさん。

進兄さんは例の青年・徹くんのもとに向かい、記憶を取り戻させる。どら焼きの味に涙し、彼は父を思い出す。
さらに真影の実験所を発見し、被害者達を発見。全ては彼の能力が通じない特異体質を究明するためだった。

「お前らにとってはちっぽけでも、俺にとっては世界一の親父なんだよ!」

徹の父も目を覚まし、親子も無事和解。
そして仲間達が進むのを見て、ベルトさんは進兄さんに謝罪。心を合わせ、共に戦う事を誓う。
001と戦うドライブ。だが、あまりの強さに苦戦。
一方、マッハとチェイサーは交戦開始。ブレンも交わり、乱戦。
ドライブはフォーミュラになり、フルボッコ。
「その薄汚い口で、二度と人間の価値を語るな!」

撃破したかに思えたが、001は再び復活。超進化態となってしまう。そして、進兄さんはその攻撃をまともに受けて心臓が停止し・・・!

泊進ノ介 殉職

感想
実質的にはベルトさん成長回でした。
本願寺課長とチェイスによって成長するベルトさんがいいですね。
どうやらこの作品の裏テーマの一つは、「進化する機械(機械生命体)」なのかもしれませんね。

「その薄汚い口で、二度と人間の価値を語るな!」

すげぇ誰かさんに対して言ってあげたいセリフですね。まぁ誰とは言いませんけど。
決して前作の脚本家ではありませんのでお間違えのないよう。

しかし、進兄さん死亡はフォーゼそのまんまやないですか・・・。このパターンはさすがにうんざりです。
つーか、001の死亡フラグ乱立が凄すぎる・・・w
これ来週には死ぬパターンですね。

チェイス「誰も・・・聞かなかったからだ」
なにキュゥべえみたいなこと言ってんだおみゃーはwww 最近天然アンドロイドキャラが板についてきましたが可愛らしさに繋がってるのは褒められる点です。

桜を見て切ない気持ちになるハート様。ってうか桜www

それにしても久々に本願寺課長がいいおやっさんしてますねぇ・・・こういういい中年キャラが書けるのは一流作家の証だと思います。
仁良も地味に改心してましたね。

さて、次回の最終フォーム回に期待・・・

広告

どら焼きと記憶とグローバルフリーズ(ドライブ感想)


仮面ライダー剣Blu-ray発売来たぜ ウェ―\(0w0)/―イ!!!

今週のドライブ
第31話 大切な記憶はどうして消されたのか
あらすじ
進ノ介はブレンを呼び出す。
真影は001であることに気付いたのだ。だが、何故か変身しようとしない。情報を聞き出すため無茶をしたのだ。
その後ピンチにベルトさんが駆けつけ変身。だが、操られた剛が現れブレンは逃げ出してしまう。とりあえず進兄さん水落ちで難を逃れた。

真影への対応で対立し、喧嘩する進ノ介とベルトさん。ベルトさんはシフトカーを足にして出て行ってしまう。
その直後、特状課に藤木透なる若者が現れる。だが、透くんがどら焼きを買いに行ったら、工場の人達は父が突然10年前に消えてしまったということに記憶改竄されていた。001の仕業であった。
一方、001は死神部隊を貸してくれるようメディックに依頼。ロイミュードが超進化態となるには、特別な人間の感情が鍵となるらしい。
001の目的は泊進ノ介を利用して超進化態になること。そして第二のグローバルフリーズだったのだ・・・!

その後、霧子はベルトさんの変異に気付く。彼は最近同じ夢ばかり見ると言う。プロトドライブが倒されたときの悪夢が彼を苦しめていた。進ノ介を失うかもしれない恐怖が。
一方、進ノ介はミスターXなる人物から10年前に新型ウイルスのリストが送られる。その責任者は真影壮一。ウイルス騒動も彼によるものだと推察した進ノ介。
だが、再び透を尋ねたとき、彼までその記憶が改竄されてしまっていた。親子の絆さえも弄ぶ001に怒りを燃やす進ノ介。

仁良に真影と会わせてくれるよう頼む進ノ介。だが、仁良は取り合おうとしない。
その後仁良をシフトカーでスパイし、真影の元に赴く進ノ介。記憶操作の傷を打ち込まれてしまうが彼はなんともなかった。
過去に彼の能力が通用しない男がいた。それこそ、進ノ介の父親であった。それこそ彼を001が殺害した理由だったのだ。
その時001に浮かんだ感情、それこそが『屈辱』だった。
ベルトさんに一緒に戦ってくれるよう懇願する進ノ介。フォーミュラでフルスロットルで戦うが・・・!?

092と028と生身で交戦する進ノ介だがすぐにピンチに。チェイスが駆けつけ2体とも撃破。だが彼を操られた剛が襲撃し・・・!

次回、進ノ介死す・・・?!

感想
どっちかというと今後の展開についての説明回でした。

そろそろ最終フォームも出そうですね。
それにしても001は来週にでも倒されそうな勢いです・・・。まぁ次回予告を見る限りそれはなさそうですが。

ブレンさんが最近真面目に悪役やっています。見方を変えれば剛に頼りっきりの情けない男とも言えますがw

ところで、001が記憶操作の吹雪みたいなものを出してきました。
が、進ノ介は耐性があると説明されたから良いんですけど、霧子はなぜどうもなかったんでしょうか・・・? 単なる演出ミスか、それとも何かの伏線でしょうか・・・?

さて、次回が楽しみです。

傷跡と父親と過去のきおく(ドライブ感想)


※副管理人pon様へ
更新が遅い件に関して私は何一つ問題視していません。
お気になさらず、ご自身のペースで自由に行なってください。

今週のドライブ
(今回は簡潔版です)
第30話「真犯人を語るのはだれか」
あらすじ

進兄さんはそれまでの暴走を反省。チェイスに家族というものについて教える。
その後、チェイスはマッハと交戦、マッハで勝利して耳の裏に雪の紋章を見る。このことから剛が操られていると知る。
一方、霧子は真実究明に焦り、12年前の事件について情報を知っている少女に詰め寄ってしまい、進兄さんに窘められ反省。
その後、少女の母から進兄さんの父について教えられる。父と同じ生き方を知らずのうちに辿っていたことを知る進兄さん。
とりあえず今回はロイミュード倒してチェイスが目からプロジェクターを出して真影が001と判明しておしまい。

次回、急展開!!

感想
久々に初期シフトカー達が活躍しましたね。香村さんキチンと販促もできるし、そろそろメインに据えた方がいいんじゃないんですかね?

チェイスに叱られたとはいえ、ちゃんと反省・改善ができる進兄さんは平成ライダーでも屈指の良識人だと思います・・・。
チェイスはかなり株を上げてきていますね。
難を挙げるならば霧子に事実を伝えなかったのはどうかと思いますが、あれはあれでチェイスなりの思いやり、もしくは人間の感情を完全に理解できてない点を考慮すれば、まぁ許容範囲でしょう。

で、進兄さんの父親関係の話に共感できない問題点。これは、ぶっちゃけ積み重ねが足りないからなんですよね。
少なくともテレビ版で父関連の話が出たことは2クールまでは殆どなく、寧ろ早瀬さんの方が積み重ねがありますし・・・。
この辺何とかしてくれれば、これまでの暴走もまだ擁護できるんですけどね・・・orz

プロジェクターチェイスは笑ったというよりびっくりしましたw

とりあえず、現状のドライブの評価点と不満点について。
ドライブ批判が見たくない方はこの先注意。
続きを読む

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン感想(5話)


バイオマン、GOプリのほうも書きたいですが今日はこちらで
感想ガンバルゾー!

あらすじ
トーフ工場に勤めていた男シガキは仕事先で右腕を失い失意の中にいた
そんな中彼はソウカイ・シックスゲイツの1人ニンジャビホルダーの陰謀によりトーフ工場襲撃に参加することになった
一方ニンジャスレイヤーもソウカイヤの企みを阻止すべく走る、だがソウカイヤからもダークニンジャが動き始めた

感想
ドーモ、シャドームーン=サン、クロキシ=サン(中の人ネタ)
超久しぶりに見たと思う邪眼(目が3になってるあれ)の持ち主w 
今回女性陣がいないせいか作画が色んな意味でやばいですw
無駄にGUN道めいております
そのせいかその後のトーフ工場突撃がカオス過ぎてクソワロタw
なんというか良いか悪いかはともかく腹筋を破壊する方面に力を注いでるように思います
ストーリーではなく演出面や作画とか作画とかでw

(副管理人pon=サン)

バイオマン感想(5話)


長らく更新せずに大変申し訳ありませんでした

あらすじ
新帝国ギアはミイラカンスの小判を降らす能力を使い人々を堕落させる作戦を行っていた
これを阻止するべく高杉はチンピラに扮し敵の懐へと潜入しようとするのだが
その姿を見た誠少年が高杉の真似をしてしまう。

感想
アクシデント防止なども兼ねてるとは思うんですがミイラカンスの姿が見えるようになるグラサンまで作っちゃうドクターマン様w
まあ多分この頃はバイオマンなぞ取るに足らないと認識してたんでしょう 正直余裕がありそうな感じでしたし
さて今回高杉がチンピラに扮し(まさかこの頃から井上テイストがあったとは・・・)
それをゲストの誠が真似して高杉が誠の姉に叱られた後高杉に小判を奪われたチンピラたちが報復しようと高杉をぼこります
それがネタにされてるんですが、あくまで誠を改心させるためにあえてやられたんですよね
しっかりやるときゃやるそれが高杉の魅力だと思います
ただ割りとガチなチンピラ行為はアレな気はしますがw
それとロボ戦でのグラサン掛けるグリーンの姿がシュールですw

(副管理人pon)

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン感想(2~4話)


※注意
本記事は副管理人の悪乗りのため忍殺語が使われます いいね?

あらすじ

2話
ソウカイヤニンジャアーソンの明らかにバレバレ過ぎる車の運転手に変装したニンジャスレイヤー
アーソン撃破ののちクラウドバスターが差し向けられるもこれを撃破する
3話
「シ・ニンジャ」の力を宿す少女ヤモト・コキ。
彼女の通う高校にニンジャソウル憑依者ショーゴー・マグチが転校する
その後ショーゴーの前にソニックブームが現れソウカイヤに引きいれる
ソニックブームはショーゴーにスーサイドのニンジャネームを与えた。
4話
ヤモトの確保をスーサイドに命令するソニックブーム
だがスーサイドはそれに反発、だがソニックブームはスーサイドとヤモトを圧倒
そこへ食事を邪魔されて激おこなニンジャスレイヤーが登場
ニンジャスレイヤーとヤモトによってソニックブーム倒された

感想
今回の感想の三つの出来事
一つ、紙芝居めいた動き(大体ヤロウ限定)
二つ、ザッケンナコラー!
三つ、キュアピース「アイエエエ!」
以上

えいや大体こんなノリです多分ww
2話から見たんですがまあはまるはまるw
意図的といっていい紙芝居アクションが腹筋にダメージ行くんですよ(色んな意味で)
あと女の子キャラとの(作画とかデザインとかの)ギャップで草w
いやなんかこれからが楽しみです色々とw

(副管理人pon=サン)