仮面ライダードライブ総括


※それまでの感想は2015ニチアサをご参照ください。また、一部読者から苦情が届いたので一部修正しました。ご不快な思いをさせてしまい、失礼しました。

仮面ライダードライブをおすすめする人
・三条脚本が好きな人
・魅力的な怪人が好きな人
・松岡宏が好きな人
・カッコいいオープニングが好きな人
・熱血系作品が好きな人

仮面ライダードライブをおすすめしない人
・どんな事情があろうと悪役はみじめに死ぬべきと思ってる人
・三条脚本の作風が嫌いな人
・長谷川脚本の作風が嫌いな人
・緻密な物語を好む人
・警察を心から尊敬している人
・クウガ(というかクウガの警察描写)が好きな人
長所
・ちゃんとヒーローしてた進ノ介
ここ数年のライダーに比べると、(父親の件で暴走しがちな点と怠け者である点以外は)かなり安定していた、まっとうなヒーローモノの主人公でした。
子どもには優しい、暴走してもすぐに反省して改善する、比較的冷静に行動する、頭脳明晰。
平成ライダー全般を見渡しても、だいぶ安定した主人公だったのではないでしょうか。
そして初期名護さんみたいな正義キチガイでもなく、ある程度相手の事情を汲める人情味のある所もありました。
・詩島剛のドラマ
最初は自信過剰の調子こきマンに見えて「うわぁ・・・。大丈夫なのコイツ」と思ってましたが、終わってみれば見事に仮面ライダー、というか石ノ森ヒーローしてました。

・(石ノ森ヒーローにありがちな)同族殺し(※親)
・姉との絆
・忌まわしき秘密(蛮野が父)を仮面で覆い、戦い続ける
・闇(=蛮野)から生まれた存在
・同じく闇から生まれた存在(=チェイス)と友情を結ぶ(≒一文字と本郷の友情オマージュ?)
・スピードを活かして勝利(009オマージュ?)
・同じライダー(ゴルドドライブ)との戦い(BLACKのオマージュ?)
・友の遺した力でパワーアップ(真司ナイトのオマージュ?)

あの時の失言は土下座しておわびいたします、本当に申し訳ありませんでした。

:::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
:::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ここまで成長したのがホントに凄いです。期待を裏切らず、予想を裏切る良い流れでした。
個人的にはこの作品におけるライダーの中では、剛の話が一番良かったかなと思ってます。

・カッコよすぎるオープニング
SURPRISE-DRIVEは歴代でも上位に入るレベルでカッコいいオープニングでした。
松岡充さんを起用したのは大正解と言えるでしょう。
・優秀で誠実なブレン様
脳筋でハート様ラブで嫉妬野郎だったブレン様。
苦労人でネタキャラでヘタレでもありました。
でも、優秀で誠実で優秀で誠実な最期を遂げました。
正直、ライダーで泣いたのは久々でした。ダブルのフィリップとの別れを描いた回並に泣きましたよ・・・
・ハート様
個人的に、ハート様は仲間達の内乱を止められず、最終的に孤独に陥って倒される悲しき最期を迎えるんじゃないかなと思ってました。
しかし、きちんとメディックの同族を叱り、彼女が反省したらちゃんと許してあげる辺りでハート様の株が爆上がりしました。リーダーとしての務めを果たしたことに非常に好感が持てました。もちろん、戦士としての礼儀があったことも、この男の株を上げました。
そして、最終的に孤独になるのは予想通りでしたが、予想していたものとは全く違いました。仲間達は最期まで友情に報いようとした辺りに、ハート様の真摯さが伝わったのではないかと思います。

・綺麗に終わらせた
ヒーローの力を封印し、日常に帰る。
なにげに二期平成ライダーでは初めての展開です。
Wとフォーゼは未だ戦いが続き、オーズとウィザードは旅に出てしまう結末。
対して、本作は兵器にも成りうるドライブの力をちゃんと封印し、悪用されないようにしました。芹沢博士にも通ずる偉業でした。
(その後全く触れられなかった量産型ドライバーの件はなかったことにしておきましょうかwww)

短所
・仁良課長
悪役としては憎まれまくリングで、良いキャラクターとして生きていたと言えるでしょう。
しかし、全体のストーリーから見た場合、やっぱり仁良編は要らなかったなと思います。全体を通して見ると、仁良編を引き伸ばしたせいでチェイスのドラマ部分は大幅に削られた印象があり、結果としてチェイスのキャラクター性を損なったように思われます。
また、結局仁良は単に逮捕されただけで終わり、因果応報を受ける場面がなかったことが、視聴者のフラストレーションを溜めたのも事実でしょう(※死ぬべきだったと言ってるわけではない)
・泊進ノ介のキャラクターが薄い
ほかが濃すぎて、彼独特のドラマが足りなかったです。
父親の件は確かに序盤で僅かに触れていたのですが、掘り下げが薄過ぎて3クールでいきなりピックアップされたときには「???」で感情移入しづらかったです。
少なくとも早瀬との交流の方が、視聴者には印象に残っていたと思います。さらに序盤で彼をピックアップする回があった以上、仁良編(3クール)は父親より早瀬を取り上げて構成した方が自然だったのではないかと思います。
あるいは、序盤で父親の存在についてもっと触れるべきだったかと。
また、彼は確かにまっとうなヒーローモノの主人公で、それは否定できません。しかし、それ故に最初から完成しきっていて成長の余地が少ないんですよね。
怠け者という欠点は最後まで改善されませんでしたし、唯一成長話に生かせそうだった早瀬のトラウマもあまり触れられず、最終回でようやく触れられたという。
故に、進ノ介の成長描写が少なかったのは、本作のテーマであろう『進化もしくは成長』にそぐわないのではないかと思われます。
それでもちゃんと、最終回でちゃんと成長を描いて〆たのは評価できます。
・悪役(ロイミュード)に肩入れしすぎ
本作、というか三条脚本の欠点として、悪役に力を注ぎすぎてしまう、または肩入れし過ぎてしまうというのが挙げられるかと思われます。他作品で言えばアイガロンやドゴルドとか。
確かにチェイスは元プロトドライブだから霧子達が周りに批判されても信用するのは理解できます。
ですが、悪に染まった理由こそあれども、かなりの悪事(少なくともクリムという人間を殺してる)を働いたハート様一同にまで同情的な態度を取るのはちょっとやりすぎかなと。
最終回にハート様にかけた言葉は、「所詮ロイミュードは人間の模倣品に過ぎない」と侮辱してるのと変わりない面もありましたし。
また、072とかメディック改心回が顕著ですが、どうも制作陣そのものが、ロイミュードにやたらと甘いなぁと思うところはありました。ゴルドドライブは言ってみれば、罪をかぶせるために出した悪役とも言えますし。
・警察が無能すぎる
これはストーリーの都合上、警察を有能にしては話を進めづらいので仕方ない部分もあるのですが、クウガの警察と協力する作風がお好きな方にとっては不愉快に見えたかもしれませんね。

・チェイスが中途半端
残念ながらチェイスの成長物語としては、アンクや相川始に比べるとやや中途半端でした。
そもそも、チェイスは「人間を守るようプログラムされている」ため、人間の味方をするのは当たり前なんですよね。
先の人々で言えば、ずうっと終盤の優しい始が最初からそのまんま続いてるような状態です。
もちろん、免許を取るなどの成長を描いたエピソードは確かにありました。しかし、始と了(または一之瀬仁。薄情ギター野郎ね)のような、多くの人と触れ合って成長する話は殆どなかったのが残念な点だと思われます。ゆかりちゃんとか、せっかく仲良くなったんですからもうちょっと交流しとけばよかったのに。
とは言え、剛との友情に関しては上手く描けていました。これは、各話ごとに積み重ねがありましたからね。
・幹部以外の怪人に魅力が少し薄い
予算の都合上、仕方のない面もあったかと思いますが、怪人の少なさは正直鎧武を笑えないレベルでした。
確かに設定上同じ怪人が大量に出るのは理解できますし、その分ストーリーで魅せる努力は評価されますが、使い回しが多かったのは少し残念でした。
072はストーリーの工夫からかなり印象的に残りましたが、それ以外の怪人はちょっと・・・
・戦闘BGMがおざなり
これはウィザードからずっと続いている問題なのですが、戦闘BGMが大事にされていないように思われました。
フォーゼまでは、いずれも戦闘BGMが目立ち、記憶に残るものばかりでした。それが戦闘シーンを盛り上げ、ひいては作品そのものを盛り上げました。
ですが、本作やウィザード、鎧武はいかがでしょう。確かにチェイサーマッハの回や1~9話までは良かったのですが、それ以外は戦闘BGMが印象には残りませんでした。
この点は次作以降、きちんと直していただきたいように思われます。
・巨大メカの活躍が少ない
トライドロンはそこそこ出番がありましたが、仮にも車ライダーを標榜するならば、もっと戦闘面で出番を作っても良かったのではないかと思います。勿論、あんまりにも強くしすぎたらトライドロンだけでいいと言われてしまうので難しいところではありましたが・・・
特にライドブースターは、あれだけりんなさんが推してたのに出番が少なすぎたと思います。
ライドクロッサーも、できればもう少し出番があればよかったのに・・・
総括
一言で言えば、「成長物語」。もっと言えば、「人間と機械生命体の成長物語」。
結構大ざっぱだけど、ちゃんとやるべきことはやった良作でした。

まず、『仮面ライダーマッハ』として見れば神作でした。
父親の悪意に人生を翻弄された青年が仲間と出会い、敵だった者とも奇妙な友情を結び、そして苦悩を乗り越え、成長してゆきました。
ドライブのテーマは、剛の成長物語だったのでもあるのでしょう。
彼だけではなく、メディックやハート様、ブレン様も、形は違えど十分に成長を魅せてくれました。チェイスは機械生命体の枠を出るような成長はなかったものの、友情を結ぶことができました。
しかし、『仮面ライダードライブ』の物語として見た場合どうか。
確かに主人公の進ノ介はまっとうなヒーローモノの主人公で、それは否定できません。しかし、それ故に最初から完成しきっていて成長の余地があまりなかったんですよね。
怠け者という欠点は改善されませんでしたし、唯一成長話に生かせそうだった早瀬のトラウマも最終回でようやく触れられただけに過ぎないという。故に、進ノ介の成長が描かれなかったのは本作のテーマにそぐわないのではないかと思われます。

大雑把だったのは、悪事を働いた人物のその後を描かなかったりとか、
三条陸脚本って、『殺人をしなければ悪人もやり直すチャンスはある』って思想のもと書かれているようなんですよね。
わかりやすいのはアイガロン・ドゴルドが死に、ラッキューロとキャンデリラが生残したキョウリュウジャー。

あと、Wや本作の進ノ介の「ロイミュード被害者発言」やダイの大冒険(バランの辺りとか)を見るに、三条さんは人間という存在が嫌いなのかなぁとも思ってしまったりもします。(逆に井上敏樹御大や會川昇御大は、人間の良いところ悪いところ、全部ひっくるめて愛しているように思えます)
「ロイミュードは人間の悪意をなぞっただけで被害者にすぎない」とか、仮にもロイミュードの悪事を裁くヒーローに言わせてしまう辺りに、その片鱗が見える気がします。
存外、大道克己の「人は皆・・・、悪魔だ」というセリフの方が、三条さんの本音なのかもしれませんね。

個人的には、三条さんは暫く休んで戴きたいと考えています。
彼もまた、小林靖子の如く多用されすぎて、作風を研磨する余裕がなくなっているように思われます(それでも小林氏同様、一定以上の面白さを保ち、未だファンも多いのはさすがプロといったところですが)
文句は散々言いましたが、なんだかんだ言っても前作よりは不快な要素が少なく、一年間安定して楽しむことができました。

スタッフの皆様、乙カーレ様でした!

 

ストーリー:上の下。序盤あ中盤がややダレ気味でしたが、終盤の盛り上がりが素晴らしいです。
キャラクター:上の上。敵も味方も魅力的な存在ばかりでした。
主人公:中の中。ヒーローとしてはまっとうでしたが、その分やや没個性的でした。
デザイン:中の中。ライダーは普通にかっこいいと思いますが、怪人の使い回しが多すぎます。
戦闘アクション:上の下。チェイサーマッハが一番印象的でした。
総評・上の中ですね。終盤の盛り上げを評価します。

ベスト5
1.44話(ブレン様の死に様に泣きました・・・!)
2.46話(チェイサーマッハが燃える・・・!)
3.9話(タイプテクニック回。子どもを助ける王道ヒーローの話だったのが良かったです)
4.40話(過去を振り切り立ち上がった剛がカッコいい・・・!)
5.24話(剛と霧子の絆、ヒーローのあるべき強さを描いた名回)

ワースト5
1.33話(盛り上がりに欠ける強化フォーム回)
2.1話(最初にしては盛り上がりに欠ける回)
3.27話(変身をためらう進ノ介がなぁ・・・)
4.10話(心臓ぶっこ抜きはやりすぎでは?)
5.特になし

その他おすすめ回
20話(072の悲しい話)
25話(早瀬を守るため戦う進ノ介がかっこいい!)
26話(チェイサーもかっこいいですが、チェイスを叱咤するハート様が漢!)
30話(進ノ介を叱るチェイスがGood!)

広告

眼魂と刑事とゴースト(ドライブ感想)


今度こそ本当に最終回ですね!
ドライブスタッフの皆様、お疲れ様でした!

今週のドライブ
第48話(最終回) ゴーストの事件(特別編)
あらすじ
ロイミュード事件が終了してから数日後。
反政府組織ネオシェードについて一所懸命調査していた進ノ介。一年前彼と早瀬が追っていた組織だったのだ。
眼魂と呼ばれる証拠品も盗まれたという。
これは彼が特状課で行う最後の事件だという。そして、止まった彼の時間を前へ進めるために必要なことでもあった。だが、進ノ介はベルトさんの幻聴を聞いていた。
話はちょっと昔に遡る。ロイミュードと組んでいたネオシェードのアジトに突入した進ノ介達。ドライブに変身して立ち向かい、男が見えない謎の存在にフルボッコにされるのを発見。その時、科学では説明がつかないことが起き、謎のライダーが現れ・・・
その後、ゲンさんやりんなさん達の助力でリーダーらしき男(※藤宮ではない)の居場所を掴んだ進ノ介。その時、ゲンさんにベルトさんがいない不安を見抜かれる。
だが今は特状課の仲間達が、霧子達がいる。ゲンさんにお前らしくあるよう励まされるのだった。
彼と共に突入し、岡村(※手塚海之ではない)なる男を確保。だが、既にリーダーは逃げたという。そして、眼魂を手に取った瞬間、彼には謎の見えない怪物が見えるようになった。銃も効かないが、進ノ介は必死で立ち向かう。
「こんなところでしっぽを巻いて逃げ出したんじゃ、ベルトさんに合わせる顔がない!」
その時、眼魂が輝き、謎の橙色の仮面ライダーが現れた。彼は大剣を振るい、怪人を撃退。
彼は名乗る、仮面ライダーゴースト。さらに眼魂の持ち主なる謎の妖怪が現れ、眼魂を返すように迫ってきた。
進ノ介は礼を述べて返却しようとするが、ゴーストはあっさり貸してくれるという。この眼魂があれば、一回だけ奇跡が起きるらしい。

その後、ゲンさんがやらかして岡村(※仮面ライダー二号ではない)に霧子が捕まってしまう。岡村は世界に混乱をもたらすべく、力を欲していたのだ。
眼魂を構えようとする進ノ介。だが、その手は止まってしまう。

「俺はもうあの時の・・・、一年前の俺とは違う!」

進ノ介は眼魂の力を使うことはなかった。

「ロイミュード達と戦って分かったんだ、ベルトさん。ロイミュードがいなくなっても世界は平和にはならない。本当に悪いのは人間の悪意だった・・・。だからコイツみたいにひどい人間はぜったいにいなくならない・・・」

「でも俺は絶望しない。そう决めた・・・。俺は走る、走り続ける! みんなのしあわせを守り続けるために・・・。だから俺は・・・!」

「たとえ変身できなくても・・・、ベルトさんがいなくても・・・! 俺は刑事で仮面ライダーだ!」

CP38WmfVEAEGiQH

そして、進ノ介は幽霊みたいなのに眼魂を返却。

敢えて仮面ライダーには変身せずに見事な射撃センスで岡村(※仮面ライダーライアでもない)の銃を弾き飛ばし、無事確保したのだった。
ゴーストは彼に近いうちに会いそうな予感を胸に秘め、去って行った。(まぁ冬映画で会えるでしょうからね)

彼の仕事ぶりを褒める課長。そしてベルトさんに託された言葉があったという。
その後、本願寺課長から捜査一課への転属を命じられる進ノ介。仲間達に祝福され、笑顔を見せるのだった。
ベルトさんは、こう言い残していた。捜査一課に戻っても、そこが彼のスタートだと。

「さっ、ひとっ走り行くか!」

CP38WsOUEAEYO1n

そして、泊進ノ介は再び走り出すのだった・・・
仮面ライダードライブ、完。

感想

いい最終回でした。まさか、ここまでいい最終回になるとは思わなかったです。

ゴースト宣伝回ではあるものの、ちゃんとドライブのもう一つの最終回としても機能してました。寧ろかなりドライブメインで、もっとゴーストを宣伝しなくていいの? と思ったくらい。

しっかし、毛利さんやるじゃん! 

ちゃんとゴースト宣伝しつつ、進ノ介の問題点をきちんと掘り下げて成長させ、その上ヒーローが日常に帰る様を30分の間にきっちり詰め込みました!

今回は特状課回でもありましたね。特にゲンさんが「今は俺達がいる」と励ます場面は、珍しく先輩らしい一面を魅せてくれました。最後の最後で株を上げてくれましたね。その後良くも悪くもやらかすあたりがゲンさんらしいですがw
反面、霧子はあんだけ強かったのに、今回は妙に弱かったのが気になりました・・・。もしかして、まだ病み上がりだったから動けなかったんですかね? ここだけはちょっとどうかと思われました・・・
ゲンさんが進ノ介を諭すシーンはなかなか良かったです。
進ノ介、最後の最後で成長を魅せましたね。仮面ライダーとしてではなく、泊進ノ介として成長したのが非常に良かったです。人間相手だから当然っちゃ当然なんですが、敢えて眼魂の力を使わなかったのも好感が持てます。
ドライブ、最終回が凄い良い〆だったのを加味し、上の下から上の中に繰り上げします。
それくらい、今回は良かったです。

そういえば、霧子と進ノ介の結婚も確定しましたね。ライダー主人公にしては珍しく家庭を持てたわけですか。
他にヒロインと無事に結ばれた仮面ライダーの主人公は、なでしこが生きてた(ただし遠距離恋愛)弦太朗と、将来的に結婚が確定している渡と良太郎など・・・。意外と多いですね。
城茂はユリ子と結ばれてほしかったな・・・(しみじみ
これで今度こそ本当にドライブともお別れです。
ドライブスタッフの皆様、お疲れ様でした! 一年間楽しい作品をありがとうございました!

また、残念ながら多忙につきゴースト感想は打ち切らせていただきます。

これ以降はひと月に一度の頻度で、総括系感想の更新が中心になるかと思われます。あらかじめご了承くださいませ。

ゴーストと赤い車と白バイ(ドライブ感想)


ドライブ、乙カーレ!(まだ続くけどw)
今週のドライブ
第47話「友よ、君はだれに未来を託すのか」
あらすじ
共に力を合わせ、シグマサーキュラーに立ち向かうドライブとハート様。そして、タイプトライドロンはすべてのタイヤの力を結集させ、シグマサーキュラーを撃破! グローバルフリーズも人類のデータ化も無事阻止されたのだった・・・
そして、満足げに気を失い、ビルから落下する進ノ介。ハート様は彼を救いに走り・・・

進ノ介はとある森の中で目覚め、謎の黒い空間を目撃。だが、そっちに行っちゃダメだと警告する声が。それは仮面ライダーゴーストだった。ゴーストは幽霊怪人を切り捨て、彼を救う。

進ノ介は雨の中目覚めた。ハート様が彼を救ったのだった。もうとっくに人間を超えたと敬意を示し手を差し伸べる進ノ介。
だが、ハート様は残るロイミュードは一人だと、その手を拒む。
雨の中、ハート様と進ノ介の戦いが始まった。

854x480xcdc679bebbe282e170ab6fe0

戦いを止めるよう叫ぶ進ノ介。

「本当の悪魔は、人間の中にしかない・・・! 最悪の天才は蛮野博士だ。ロイミュードは人間の悪意をなぞっただけだ・・・! 犠牲者みたいなもんだ。ベルトさんだってそれはわかってる・・・!」
「だからなんだと言うんだ!」
「俺たち人間が・・・それを理解した今なら、きっとお前たちともやっていけるはずだ・・・。チェイスに続いて、お前まで失いたくないんだよ!」

真の悪は蛮野を始めとした人の邪心であり、ロイミュードはそれをなぞっただけにすぎないと言う。
だが、それを甘いと断ずるハート様。

「甘い・・・。そこが嫌いではなかったが・・・、お前は甘い!」
「決着の時だ人間・・・、泊進ノ介!」

止めの一撃を放とうとするハート様。だが、霧子にベルトを渡されても進ノ介は変身しなかった。
「最後の一撃まで、もたなかったか・・・」
ハート様のコアは既に致命傷を受けており、最早まともに戦える状態ではなかったのだ。
そして崩れ落ちるハート様。

「泊進ノ介・・・。せめて・・・お前だけでも覚えていてくれないか? ロイミュードという、この星の、新たな生物になろうとしていた奴らが・・・いたことを・・・」
「当たり前だ・・・。忘れるもんか・・・!」
頷く進ノ介。

CPTVF-yUEAA5QA4

CPTVWzDUAAAmuxG

「ありがとう・・・。最後の最後に、友達が一人増えた・・・。初めての・・・人間の・・・」

最後に微笑み、ハート様は逝った。
同時に、001のナンバーが消滅。
午後3時32分。ここに、108体のロイミュードは、全て撲滅完了したのだった・・・

全ては終わった。その後、ベルトさんはピットにその身を携えていた。
お別れを告げる進ノ介。全ては人類の手に余る存在であるドライブの力を封じるためだった。
最後にクリム・スタインベルトの姿を見せ、ベルトさんは地の底で眠りに就くのだった・・・
数日後、特状課が解散された。ゲンさんは捜査一課に戻ることに。
剛はチェイスの形見を手に旅に出ていた。

「悪いなクリム・・・。これだけはどうしても渡せない。いつかアイツのコアを蘇らせてやることができる、その日まで・・・」

66efe9d1gw1ew8k9fkm8aj20zk0k0juh-560x315

CPTXGLnUwAAOOz0 CPTXGaGUcAAxJHC
彼はハーレー博士に再会し、共に旅に出ることに・・・

wpid-1442704854329
進ノ介は特状課が離れがたく、久々に怠けグセを見せ、霧子に確保されつつも、仲良く赤い車でデートドライブしていた。
その時、彼を止める白バイが。そのバイクに乗っていたのは、チェイスそっくりのクソ真面目な友達のいない警察官だった。

wpid-1442705038164
進ノ介は微笑み、今度会いに行くと言い出す。
そして、やっとギアを入れることを決意し、特状課の片付けに向かうことに。

赤い車は未来へと進む―――

感想
綺麗に終わりましたね。
ハート様・・・(´;ω;`)
ベルトさん・・・(´;ω;`)
なるほど、ゴーストの出番は進ノ介を死から救うという登場ですか・・・。一度死んだヒーロー(らしい)が最初にやったことが人を死から救うというのは、なかなか良いスタートなのではないでしょうか。
なにげに超進化したフリーズさんをボコってるというw
剛にもハート様にも、最後にそれなりの救いがあって良かったです。

で、ドライブについてですが。総括は後ほど執筆いたしますが、私の評は『上の下』と言ったところです。
綺麗にまとめましたし、キャラも魅力的でしたし、話もそこそこマトモでした。

盛り上がる話や泣ける話もありました。
もちろん問題点も多々ありますが(というか三条長谷川脚本の悪いところが噴出しまくりんぐ)、ここでそれを語るのは野暮でしょう。

ドライブ、乙カーレ!!

チェイサーマッハとズーットチェイサーと白い女神(ドライブ感想)


神回でした!!

仮面ライダーマッハの物語、ここに完結!!

第46話 彼らはなぜ戦わなければならなかったのか
あらすじ
敵陣に無事侵入したりんなさん達。初めての共同作業でバリアを解除し、ドライブ達はシグマサーキュラーのもとへ向かう。

一方、チェイスの死を嘆く剛。

「ふざけんな・・・・、こんな死に方迷惑だバカ野郎・・・!」

だが、ゴルドドライブは無事だった。
チェイスを愚か者と嘲笑するゴルドドライブに激昂する剛。マッハに変身して立ち向かうが、力及ばず倒れる。
そしてこの時、ようやく気付いた。チェイスが友であったことに。

雨に嫌な予感を思う霧子。弱った身体で現場に向かう。

薄れる意識の中、チェイスに辛く当たった記憶、そして共に過ごした記憶を思い出す。
そして、マッハはゆっくりと立ち上がる。

「待てよ・・・」
「剛、馬鹿な・・・。もはや力の欠片すら残されていないはず?」
「寝ぼけたこと言うな・・・。俺の全身から溢れ出す燃える怒りの炎が見えねぇのか!」
「てめぇは、いくつも許せないことをした・・・。俺の心を利用し、姉ちゃんを侮辱し、クリムの発明を悪用し続けた・・・!」
「だがな・・・。今一番許せねぇのは・・・、俺の・・・、俺のダチの命を奪ったことだ!!!」
「行くぜチェイス・・・、一緒に戦ってくれ・・・!」

f9abd565-s

マッハはチェイスのシグナルバイクを装填し、チェイサーとマッハが融合した形態、仮面ライダーチェイサーマッハに変身した・・・!

CO9feKtWUAARqiI

a3e1b0e0-s
圧倒的なスピードでゴルドドライブを追い詰めるチェイサーマッハ。
動揺するゴルドドライブは武器を奪うが、バイラルコアが剛を助け、戦況を逆転。

c22e53f8-s

「返せよ・・・、それは俺達の武器だ!」

逆に武器を奪い返し、シンゴウアックスとゼンリンシューターの両方を手に戦う。

9aaf45df-s
そして、チェイサーとマッハ、二人のライダーキックがゴルドドライブを粉砕した!

ba754ecc-s
駆けつけた霧子にチェイスの死を知らせる剛。

「俺は大馬鹿野郎だ・・・。こんなことなら、アイツにダチだと言ってやればよかった・・・」

姉弟はチェイスの死に涙するのだった。
だが、蛮野はまだ生きていた。データを転送しようとするが、剛がシンゴウアックスを生身で振り下ろす。

『ヒッサツ、マッテローヨ!』

ad8451d1-s

「待て、待つのだ剛・・・偉大な私の頭脳を、この世から消してはならない!」

54e029a9-s

『イッテイーヨ!』
c1327482-s

「いっていいよ、ってさ・・・」
「待て、待ってくれ剛・・・。待ってくれ・・・。待つんだ、やめろ、落ち着け・・・。やめろ、やめろ、剛・・・!うわぁぁぁぁっ!!!」

fcbe34b7-s

死神の鎌が悪魔に振り下ろされる。

「さよなら、父さん。俺の未練・・・」

ようやく、蛮野の野望が潰えた瞬間だった。

その後、剛は霧子にとあるシフトカーを手渡し、力尽きる・・・
メディックは倒したロイミュードが治癒できず、落ち込む。残るロイミュードは2体。ハート様は終わったら決着を付けようと進ノ介に言う。戸惑う進ノ介だが、チェイスの死を知り、進ノ介とハート様、そしてメディックは悲しみに包まれるのだった。

だが間髪入れずに彼等をシグマサーキュラーの放ったグローバルフリーズの波が襲う。メディックも動けなくなった。
時間の猶予はない。急ぐハート様と進ノ介。

一方、屋上ではシグマサーキュラーが復活してしまう。
ドライブとハート様が立ち向かうが倒される。一方、メディックは必死の叫びで動き、白き乙女の姿で進ノ介を治療する。だが、その身体は限界を突破していた。
「ハート様と、あなたの勝利を信じます・・・。ごきげんよう」
メディックもまた倒れ、天に還るのだった・・・
進ノ介は叫び、再びドライブとなる。

「見せてやる・・・俺たちのオーバードライブ!」

感想
剛の物語、完結篇。もうこの番組のタイトル「仮面ライダーマッハ」でもいいくらいです。

最初は正直、剛は微妙でしたね。
「うわぁ・・・。大丈夫なのコイツ」と思ってましたが、終わってみれば見事に仮面ライダー、というか石ノ森ヒーローしてました。

・親(≒同族)殺し
・姉の存在感
・忌まわしき秘密を仮面で覆い、戦い続ける
・闇(蛮野)から生まれた存在
・同じく闇から生まれた存在(=チェイス)と友情を結ぶ(一文字と本郷の友情)
・スピードを活かして勝利(009要素)

ここまで成長したのがホントに凄い。期待を裏切らず、予想を裏切る良い流れでした。
個人的にはこの作品におけるライダーの中で剛の話が一番良かったかなと思います。

そして今回登場したチェイサーマッハ。
デザインが凄く歪なんですが、話を盛り上げた結果、スゲェカッコよく見えるという・・・
チェイサーとマッハの二人の像が重なるところなんかもう・・・(涙

たぶんDVDで一気見したら、前回と今回についての感想もまた違ってきそうですね。
個人的には、前後編にせず前回分と一話でまとめたほうが、まとまりが良かったかなと思います。

あと、蛮野も近年稀に見るゲスキャラしてました。

ここまで堕ちてると、ほんと倒された時にカタルシスがあります。本当に蛮野はいい悪役してました。

そして、メディックも死にました。
メディックはなんかついでに綺麗に死なされた感があって、何かなぁと・・・
これまでの(同族にしたこと以外の)悪事を反省したのかもちょっと曖昧ですし。
まぁ人間の味方宣言をしたわけでもないので、こういう終わり方でもいいのかもしれませんが・・・

免許とシグマサーキュラーと宝物(ドライブ感想)


ロイミュードの最後の夢とは何か

あらすじ

特防センターについて疑惑を持つゲンさん達。
だが突如ピットが襲撃されてしまう。逃げるりんなさんとゲンさんをドライブ達が救う。剛がデッドヒートでみんなを吹き飛ばし、爆発から守ったのだ。だが、その時の怪我で彼は動きが鈍くなっていた。そんな彼を助けるチェイサー。だが余計なお世話と手をはじかれてしまう。とりあえずトリプルライダーキックで撃破するも、皆の表情は暗かった。
そして特防センターに爆発が。シグマサーキュラーの影響だった。そんな時、課長が密かに用意されたという緊急仮設ピットに案内。そこには、なんとかつての相棒・早瀬がいた。警察の特殊車両専門家を集めてくれていたのだ。早瀬に感謝し、思わず抱きつく進ノ介。そんな早瀬を見て、「あれが、本当のダチ・・・」と呟くチェイス。
残りロイミュードは18体。いよいよ最終決戦。決戦前に、霧子に電話する進ノ介。じっとしてるよう伝える。そんな彼をからかう剛。だが、その身体は傷ついていた。チェイスは戦いから離脱するよう勧告するが、「お前、俺と同じ状況だったら聞けんのか?」と剛は言う。

バリアで守られた特防センター。いよいよ突入作戦を開始する三人のライダー(とゲンさん・りんなさん)。地面から盛り上がる巨大な爪を弾き飛ばし、ビルへと突入。だが、ゴルドドライブが待ち構えた。そして、彼は人々をデータ化してしまう。ゴルドドライブの野望、それはすべての人類をナンバー化・データ化することだったのだ・・・
だが、剛はお前こそ本当の化物だと宣う。ゴルドドライブの攻撃から彼を庇ったのがハート様とメディック。
蛮野を倒すべく、共闘する五人。その場をチェイサーとマッハに任せ、先へ進むドライブとハート様。
傷を受け思うように動けない剛。ゴルドドライブの攻撃を受け、変身解除してしまう。チェイサーと戦うゴルドドライブ。だがフルボッコにされ、ドライバーも破壊されてしまう。
そして、シンゴウアックスを奪ったゴルドドライブが剛に刃を振り下ろすが・・・
しかし、チェイスは魔進チェイサーに変身し、立ち向かい、剛を庇って倒れてしまう。
「これでいいんだ、剛・・・。霧子が愛する者たちを守れるなら、本望だ・・・」
チェイスは静かに答え、大事な宝物を渡す。
「ダチではないが、持っていてくれ・・・」
そして、チェイスは走り出し、ゴルドドライブに抱きついて自爆・・・。000のナンバーも消え去り・・・

感想
さらば、チェイス。でも近年のパターンだと冬映画で復活するんだろうなぁ・・・

最期に渡したのが免許なのが、地味に切ない・・・。ここはグッとくるものがありました。
今回は早瀬の再登場が地味に嬉しかったりします。

仇討に燃えるハート様とメディックマジイケメン。
ちょっと今回は批判多めで行きますので注意。
考えてみると、この作品の主題は「機械生命体と人間(進ノ介・剛)の成長」ですね。恐らくは。
で、そのテーマで振り返ってみると、やっぱ仁良編は要らなかったなぁと考え直すに至りました。
というより、チェイスの掘り下げが足りなかったと言わざるを得ません。
始にせよ、アンクにせよ、『怪人が人間に近づくストーリー』は平成ライダーで何度も繰り返されてきたのですが、それと比べると、残念ながら感動も掘り下げも足りませんでした。
確かに剛との交流は良かったと思いますが、「人間を学ぶ過程」「霧子を愛するようになった過程」が掘り下げ不足だったとわざるを得ません。
例えば始ならば、
栗原晋に出会い天音ちゃんと遥香さんと出会う
⇒人間の優しさを知り戸惑う
⇒色々あって一時的に二人と別れる
⇒仁と出会い仲良くなるも拒絶されてしまい傷つく
⇒剣崎に介抱され、彼と友情が芽生え、天音達と再会
⇒徐々に穏やかになるが、ジョーカー化する運命に苦悩
⇒暴走するも剣崎に助けられる
⇒「本当に強いのは、強いのは、人の思いだ!」
⇒しかし世界は滅亡に向かい・・・

ちゃんと変遷の過程が描かれています。
しかし、チェイスの場合、人間を学ぶ過程も、霧子を愛するようになった経緯、いずれも描写不足でした。
やはり、仁良編でその辺をきちんと掘り下げなかったのが痛いですね。加えて、最初から「人間を守る存在」としてつくられていたが故に、味方化してもあまり燃えないというのも足を引っ張っていたような・・・
残念ながら、チェイスのドラマは本作の長所になりきれなかった感があります。